スキー上級者も初心者も楽しめる「ルスツリゾートスキー場」

oneinchpunch /iStock / Getty Images Plus/ゲッティイメージズ

スキーに出かけようと計画をしたときに、家族や友人のスキーのレベルがバラバラで悩んでしまうことはありませんか?初心者の方も上級者の方もみんなが満足できる場所に行き、思い出に残る楽しい時間を過ごしたいものです。そのような悩みを抱えている方におすすめしたいのが「ルスツリゾートスキー場」です。豊富なコースと北海道産グルメ、また羊蹄山をはじめとする絶景のパノラマビューを鑑賞できるので記念に残る北海道旅行になります。ここでは「ルスツリゾートスキー場」の魅力を紹介していきます。

ルスツリゾートスキー場は、世界からも注目されるスノーリゾート

Jakob Helbig / Cultura/Getty Images Plus/ゲッティイメージズ

ルスツリゾートスキー場は全37種類ものコースがありますが、地形を活かしたジャンプ台やログスライドにアタックできるナチュラルパウダーを楽しめるサイドカントリーパークは世界中のスキー上級者からも人気を集めています。全37種類のコースについては、下記の表を参考にしてみてください。

難易度 コース名 距離 平均斜度 スノーボード可能か
上級 ジャイアントコース(ウエストMt.) 1,200m 13度
中級 エバーコース(ウエストMt.) 650m 14度
上級 ダイナミックコース(ウエストMt.) 650m 17度
中級 バンビコース(ウエストMt.) 650m 18度
上級 タイガーコース(ウエストMt.) 300m 22度
上級 エリートコース(ウエストMt.) 600m 16度
初級 ホワイトラバーコース(ウエストMt.) 650m 10度
初級 レインボーコース(ウエストMt.) 2,000m 8度
上級 林間コース(ウエストMt.) 750m 16度
初級 ファミリー(ウエストMt.) 650m 10度
上級 スカイコース(ウエストMt.) 500m 15度
中級 ビバルディコース(イーストMt.) 2,300m 11度
初級 イージートレイル(イーストMt.) 750m 7度
中級 ティーニュコース(イーストMt.) 2,500m 11度
初級 フーボルコース(イーストMt.) 1,200m 8度
初級 連絡コース(イーストMt.) 200m 7度
上級 アクロスAコース(イーストMt.) 300m 29度
上級 アクロスBコース(イーストMt.) 200m 22度
上級 スーパーイーストコース(イーストMt.) 500m 32度
中級 イゾラグランコース(Mt.イゾラ) 3,500m 12度
初級 イゾラグラン迂回コース(Mt.イゾラ) 690m 10度
上級 イゾラAコース(Mt.イゾラ) 1,000m 24度
上級 イゾラBコース(Mt.イゾラ) 800m 22度
中級 イゾラCコース(Mt.イゾラ) 550m 17度
中級 イゾラDコース(Mt.イゾラ) 800m 13度
初級 イゾラD迂回コース(Mt.イゾラ) 380m 12度
初級 イゾラ山頂迂回コース(Mt.イゾラ) 350m 6度
初級 フリコ沢コース(Mt.イゾラ) 2,100m 7度
中級 スティームボートAコース(Mt.イゾラ) 2,200m 12度
中級 スティームボートBコース(Mt.イゾラ) 2,100m 12度
上級 ルスツNo.1コース(Mt.イゾラ) 380m 22度
中級 ヘブンリービューコース(Mt.イゾラ) 2,700m 9度
上級 ヘブンリーキャニオンコース(Mt.イゾラ) 1,850m 13度
上級 ヘブンリースピリットコース(Mt.イゾラ) 550m 19度
上級 ヘブンリーリッジAコース(Mt.イゾラ) 1,250m 14度
中級 ヘブンリーリッジBコース(Mt.イゾラ) 1,000m 12度
中級 ヘブンリートレイル(Mt.イゾラ) 350m 15度

山頂から羊蹄山や洞爺湖を眺めることができるロケーションが自慢です。また、非圧雪コースがたくさんあり、極上のパウダースノーを思う存分楽しむことができます。スピードに乗ったときの浮遊感、無重力感はたまりません。滑りメインの方でロングランを楽しむなら「イゾラ」や「イースト」がおすすめです。初心者は「ウエスト」を利用しましょう。

スノーボードもスキープレイヤーと同等のコースを滑走することができます。ルスツリゾートスキー場では毎晩欠かさず11台の圧雪車で、きめ細かな雪でできた雪面をビシッっとしたバーンへと整備しています。その上に朝一番のパウダースノーが積もると、そこは夢のような滑り心地を実現してくれるコースとなります。スキープレイヤーだけではなく、スノーボーダーの方も大満足できる最高のゲレンデコンディションが用意されています。

ルスツリゾートスキー場は「初すべり」「春スキー」がお得!

kilhan / iStock /Getty Images Plus/ゲッティイメージズ

券の種類 利用時間 大人 子供 中学生 シニア(60歳以上)
1日券(12/15(土)~3/17(日)) 9:00-20:00 5,900円 3,000円 4,900円 4,900円
初すべり1日券①(11/23(祝)~12/7(金)) 9:00-20:00 3,500円 1,800円 2,900円 2,900円
初すべり1日券②(12/8(土)~12/14(金)) 9:00-20:00 4,600円 2,400円 3,500円 3,500円
春スキー1日券(3/18(月)~4/7(日)) 9:00-20:00 4,600円 2,400円 3,900円 3,900円
障がい者割引1日券 9:00-20:00 4,600円 2,400円 3,900円 3,900円
団体割引1日券
※15名以上(12/15(土)~3/17(日))
9:00-20:00 5,700円 2,800円 4,700円 4,700円
6時間券 全日 5,200円 2,600円 4,500円 4,500円
4時間券 全日 4,600円 2,400円 3,900円 3,900円
ナイター券 16:00-20:00 2,600円 1,300円 2,200円 2,200円
2日券 9:00-20:00 11,200円 5,700円 9,300円 9,300円
3日券 9:00-20:00 16,800円 8,500円 13,900円 13,900円
4日券 9:00-20:00 22,400円 11,400円 18,600円 18,600円
5日券 9:00-20:00 28,000円 14,000円 23,200円 23,200円
6日券 9:00-20:00 33,600円 17,000円 27,900円 27,900円
7日券 9:00-20:00 39,200円 19,900円 32,500円 32,500円
ポイント券(15ポイント) 全日 4,800円 2,500円 3,900円 3,900円
ポイント券(1ポイント) 全日 400円 200円 320円 320円

ナイター営業も実施しているのでたくさんのコースを堪能できる!

cdbrphotography / iStock /Getty Images Plus/ゲッティイメージズ

ルスツリゾートスキー場は2018年11月23日(祝)から2019年4月7日がシーズン予定となっております。シーズン予定は積雪状況などにより変動することもあるのでご注意ください。ルスツリゾートスキー場の営業時間は、9時から17時となります。早朝営業は実施していませんが、ナイター営業は16時から21時まで実施しています。3月から4月のナイター営業時間は20時までとなります。平日や土曜日曜で営業時間が変動することはありません。

ウェアやアイテムを賢くレンタルする方法は「シーズン」に有り!

FS-Stock / iStock /Getty Images Plus/ゲッティイメージズ

ルスツリゾートスキー場では、ウェアやアイテムのレンタルを実施しています。スキー3点セットが1日5,500円、スキーフルセットが1日12,900円で借りることができます。また、ルスツリゾートでは、ゴンドラリフト券とセットになった「手ぶらでゲレンデパック」というお得なサービスが販売されています。札幌からの送迎バス「ルスツ号」を無料で利用することも可能で、非常にお得になっています。 また、スキーフルセットを安くレンタルしたい方は、ルスツリゾートの近くにある「アミューズレンタル ルスツ」を利用しましょう。5日前、15日前、30日前にネット予約をしておくことで、スキーフルセットが最低5,600円から借りることができます。

お客様の要望に合わせた豊富なレッスンをご用意!

photobac / iStock /Getty Images Plus/ゲッティイメージズ

ルスツリゾートスキー場では、スキーとスノーボードのレッスンが開催されています。レッスンレベルも6段階に分けられています。自分でスキー板を付けることができない全くの初心者から、上級者向けのコースを滑れるようになりたい方まで対応した豊富なレッスンプランが用意されています。一般レッスンとプライベートレッスンがあるので、個別にレッスンを受けたい方も安心して受講することができます。レッスン時間は2時間と4時間を選ぶことができます。それぞれの料金は、2時間コースが5,200円で、4時間コースが8,500円となります。また、スキー場に午後に到着してレッスンが受けられない方向けに、イブニングレッスンやナイターレッスンが開催されています。

誰とでも楽しめるスキー場が「ルスツリゾートスキー場」

tatyana_tomsickova / iStock /Getty Images Plus/ゲッティイメージズ

雪質はニセコと変わらなく圧雪されているので、深雪を望む場合はニセコを選択した方が良いでしょう。しかし、北海道を代表する広大なリゾートスキー場なのでコースが豊富です。そのため、スキーの腕前が異なる人達が一緒に行っても全員が楽しむことができます。また、長く滑れることだけでなく、変化に富んでいるのでスキープレイヤーは非常に満足することができます。また、長い距離を移動するリフトは全てフードが付いていて、寒さを防ぐことができます。ルスツスキー場は、利用者のことを考えて配慮されているスポットやサービスが多く見受けられます。また、スキー初心者の方であっても、イソラ山頂から見ることができる羊蹄山の景色は素晴らしく感動することができます。レストランでは北海道産の魚介類を利用した寿司やルスツポークを使用した定食を食べることができるので、北海道旅行としても満喫することができます。ルスツスキー場は、世界からも注目されているスキー場なので、外国人の方が多くいます。その中でも、アジア系の方が多く見られます。どこのスキー場にいこうかと悩んでいる人にとっても、選ぶと間違いがないスキー場が「ルスツスキー場」なのです。ひとつ気を付けたいのは、宿泊をして朝食を食べる場合は少し早めに準備していかないと大行列ができていて、長い時間待つことになります。朝食時は時間に余裕をもって行動しましょう。

子供も大人も楽しめるルスツのウィンターアクティビティ!

FS-Stock / iStock /Getty Images Plus/ゲッティイメージズ

ルスツのウィンターシーズンには、豊富なアクティビティが用意されています。スノーモービルやスノーラフティング、犬ぞりやアイスフィッシングなど白銀の世界と自然をゆったり堪能できるアクテフィビティが勢揃いしています。大人から子供まで遊べるものが用意されているので、ファミリーで楽しむことができます。ルスツスキー場は、北海道が誇る広大なスキー場です。冬の美しい洞爺湖を見にいくハイキング、トレッキング、乗馬、ツアーが人気を集めています。ルスツスキー場に魅了された人の中には、元旦にルスツに訪れてサンライズを眺めることを恒例行事にしている方もいます。

空港からスキー場へのアクセス方法!札幌から無料送迎バスも!

Kutredrig / iStock /Getty Images Plus/ゲッティイメージズ

新千歳空港から、バスが2種類出ています。「ビッグランズ」号はルスツリゾート宿泊者様専用の有料送迎バスで、「リゾートライナー」はウィンターシーズンのみ運行しているルスツ行きの有料送迎バスです。空港からスキー場までバスで行く場合は約2時間かかります。車の場合は、国道36号線に入り、支笏湖通、樽前国道、国道230号線に出るとスキー場に到着します。車の場合は、空港からスキー場まで約90分かかります。ウィンターシーズンの際は、タクシーを利用されるお客さまも多いのが特徴です。また、お得な1日滑り券を購入された方は、札幌から出ている無料送迎バス「ルスツ号」を利用することができます。

3000台収容できる駐車場があるので、車で気軽に来れる!

ViewApart / iStock /Getty Images Plus/ゲッティイメージズ

ルスツリゾートには、3000台を収容できる駐車場があります。1日の使用料金は、普通車が500円で大型車が1,000円になります。ルスツリゾートホテル&コンベンションに宿泊予定のお客様は、無料で駐車場を利用することができます。宿泊時に無料駐車券をホテルスタッフからもらうことができます。ウィンターシーズンは多くの方がルスツリゾートスキー場を訪れますが、混雑をして駐車スペースに困るという事態にはなりません。

店舗ごとに異なる北海道産の食材を利用したグルメを堪能

ViewApart / iStock /Getty Images Plus/ゲッティイメージズ

ルスツ高原で育てた豚を使用した「ルスツポークの生姜焼き」が大人気の「ウレストMt.大食堂ホルン」。ルスツのスキー場の中でも非常に懐かしい雰囲気のするレトロなレストランです。

店名:ウエストMt. 大食堂ホルン
場所:虻田郡留寿都村泉川13
電話:0136-46-3111
営業時間:10:00~20:00
wifi有無:無

ゴンドラの近くにある便利なカフェテリア「イーストMt.ローンパイン」は、安さが自慢です。1000円以内とお得感たっぷりな料理が豊富です。中でも人気なのが「シュプール煮込みハンバーグ」。ゲレ食として一度は食べておきたいメニューです。

店名:イーストMt.ローンパイン
場所:虻田郡留寿都村泉川13
電話:0136-46-3111
営業時間:10:00~20:00
wifi有無:無

ルスツリゾートは国内だけではなく国外からも多くのお客様が遊びにきます。特に外国人に人気なレストランが「Mt.イゾラ イゾラ2000」です。北海道産の新鮮な魚介類を使った寿司を楽しむことができます。

記念を残したい方もスキーを手軽に楽しみたい方にも対応のホテル

Kisa_Markiza / iStock /Getty Images Plus/ゲッティイメージズ

宿泊施設に機能性や豪華性を追求するなら、おすすめしたいのが「ルスツリゾートホテル&コンベンション」です。施設内にはプールやジム、クライミングなどが入っています。また、メリーゴーランドやプロジェクションマッピングなど、館内のアクティビティが充実していて、大人から子供まで楽しむことができます。また、ウィンターシーズンに宿泊すると「スターダストアベニュー」のイルミネーションを楽しむこともできて、満足度が高い宿泊施設です。

・収容人数:4名
・部屋の種類:ジュニアスイート/デラックスファミリー/デラックスツイン/ファミリー/和室
・料金:17,900円~(1名あたり)
・予約申込先:0136-46-3111
・wifi有無:有

押さえておきたい宿泊施設として「ウェスティンルスツリゾート」があります。羊蹄山の景色を堪能できる大浴場が設けられています。大浴場の水は羊蹄山の天然水が利用されており、大自然の恩恵を感じられる至福のバスタイムを体験できます。また料金も安いのが魅力の1つです。

・収容人数:4名~7名
・部屋の種類:ウェスティン4名~7名定員タイプ/キングベッドタイプ/シングルベッドタイプ
・料金:14,300円~(1名あたり)
・予約申込先:0136-46-3111
・wifi有無:有

ルスツの創業時からある「ハイランドロッジ」「トラベルロッジ」もチェックをしておきましょう。ウィンターシーズンは多くのお客様で溢れかえってしまいます。コストを抑えながら、スキーを楽しみたいという方におすすめです。

・収容人数:4名~7名
・部屋の種類:旧館ハイランドロッジ洋室・和室/トラベルロッジ洋室・和室
・料金:6,800円~(1名あたり)
・予約申込先:0136-46-3111
・wifi有無:無

ルスツリゾートには、遊園地などのアミューズメント施設があります。夏には、夜空に満開の花火が打ち上げられます。ウィンターシーズン以外でも多くのお客様が宿泊されています。

木の温もりに癒される多目的用途を叶えてくれる「コテージ」

lindo12345 / iStock /Getty Images Plus/ゲッティイメージズ

ルスツリゾートには、平屋のシンプル「コテージ」があります。ホテルとは異なり木の温もりと暖炉の暖かさに癒される時間を楽しむことができます。アウトドア好きには堪らない世界観が広がります。夏は一面の芝生でキャンプ気分を手軽に味わうことができます。

・総頭数:5棟
・部屋の広さ:78.75㎡
・収容人数:6名
・料金:電話で問い合わせ
・営業時間:13:00-10:00
・使用の申込連絡先:0136-46-3111
・wifi有無:無

「愛するペットも同伴でスキーを楽しみたい!」という方におすすめなのが、ドッグコテージです。コテージは木影に立っているので、大自然の中で家族でのんびり過ごす時間を提供してくれます。ペット道具も常備されているのが嬉しいポイントです。

・総頭数:1棟
・収容人数:4名
・料金:電話で問い合わせ
・営業時間:13:00〜10:00
・使用の申込連絡先:0136-46-3111
・wifi有無:無

会社の社員旅行や修学旅行でルスツリゾートに行くときおすすめしたいのが、木のぬくもりが溢れた、広さの異なる「ログハウス」です。収容人数は6名~24名になっているので、さまざまな用途で活用することができます。

・総頭数:6棟
・部屋の広さ:66.89㎡~243.75㎡
・収容人数:6名~24名
・料金:電話で問い合わせ
・営業時間:13:00〜10:00
・使用の申込連絡先:0136-46-3111
・wifi有無:無

周辺の観光スポットも楽しむことで、生涯ココロに残る思い出に!

CAHKT / iStock /Getty Images Plus/ゲッティイメージズ

北海道を代表する「羊蹄山(ヨウテイザン)」は、北海道を訪れたときは一度鑑賞しておきましょう。四季折々に姿を変えていく姿はとても美しく、心の中に余韻を残してくれます。羊蹄山の標高は、1,898mで壮大な景色のパノラマビューが広がります。

施設名:羊蹄山
住所:虻田郡京極町町
電話:0136-42-2111
料金:無料
営業時間:24時間営業
公式サイト:北海道 道の駅

ルスツリゾートに来た際に、ぜひとも寄りたいところが道の駅「ニセコビュープラザ」です。北海道地産の食材や手土産が購入でき、牧場仕立てのミルクで作るアイスクリームも食べることができます。なによりも羊蹄山が近く、絶景を楽しむことができます。

施設名:道の駅 ニセコビュープラザ
住所:虻田郡ニセコ町字元町77-10
電話:0136-43-2051
料金:1,000円~5,000円
営業時間:9:00~18:00
公式サイト:北海道 道の駅

ルスツリゾートの近くにある「わかさいも本店ルスツ店」は、飲食店複合施設です。北海道産のルスツ豚を使用したとんかつ定食が人気を集めています。また「白い恋人」「じゃがポックル」などの北海道の人気手土産を購入することができます。スキーを楽しんだ観光客で常時賑わっています。

施設名:わかさいも本舗 ルスツ店
住所:北海道虻田郡留寿都村泉川25-1
電話:0136-46-3100
料金:1000円~5000円
営業時間:9:00~19:00
公式サイト:わかさいも本舗 ルスツ店

疲れた体をほぐすには温泉で体を温めるのが一番です。ルスツリゾートの近くには「登川温泉」という温泉があります。42度のあたたかい温泉は、神経痛やリウマチに効果があります。ルスツスキー場の多くの観光客が利用されています。

施設名:登川温泉
住所:虻田郡喜茂別町字尻別340-1
電話:0136-46-3164
料金:入浴料300円、宿泊料5,000円~
営業時間:7:00~21::00

「ふきだし公園」は、名水百選にも選ばれている湧水が有名です。自然が豊かでBBQやキャンプを楽しむことができる施設です。また売店などもあり、湧水でつくる珈琲ゼリーが人気を集めています。

施設名:ふきだし公園
住所:虻田郡京極町川西45
電話:0136-42-2111
料金:入場料無料
営業時間:24時間営業
公式サイト:ふきだし公園

一度は訪れたい「ルスツリゾートスキー場」の基本情報

Marcin Wiklik / iStock /Getty Images Plus/ゲッティイメージズ

住所 北海道虻田郡留寿都村字泉川13 番地
電話番号 0136-46-3331(代表)
営業期間 2018年11月23日(祝)~2019年4月7日(日)
営業時間 9:00-17:00(ナイター:16:00-21:00)
公式サイトURL https://rusutsu.co.jp/ski/

まとめ

extravagantni / iStock /Getty Images Plus/ゲッティイメージズ

ルスツリゾートスキー場は、初心者や上級者に関係なく楽しむことができる北海道で有名なスキー場です。地形を上手く活用したコースが全37種類あり、ジャンプ台やログスライドにアタックすることもできて世界中のスキー上級者が集まっています。スキープレイヤーには最高の環境です。また、ホテルやグルメ、アクティビティが充実しているので、スキー初心者の方でも北海道旅行として十分に楽しむことができます。みんなが満足できるスキー場を探しているなら「ルスツリゾートスキー場」も検討してみましょう。