ルスツリゾートの口コミを紹介。ゲレンデや雪質からレストランまで

ルスツリゾートは北海道虻田郡に位置する、年間を通して利用できるスノーリゾートです。ゴルフ場、遊園地、宿泊施設などが隣接していますが、これからシーズンを迎えるスキー場に関する情報を紹介します。

ルスツリゾートの特徴と基本情報

[guruXOOX]/[iStock / Getty Images Plus]/ゲッティイメージズ

まずはルスツリゾートの特徴とアクセス方法、料金をチェックしておきましょう。

楽しみ方は無限大。世界に誇る巨大スキー場

ルスツリゾートの巨大なゲレンデは大きく2エリアに別れており、サイドカントリーパークとフリーダムパークがあります。

サイドカントリーパークは自然を生かしたコースが多く、上級者向けといえるでしょう。自然を利用したジャンプ台状や未圧雪ゾーンでは存分にパウダースノーを楽しむこともできる魅力に溢れています。

フリーダムパークは初心者がステップアップして、チャレンジできるボックスやレーンなどのアイテムが多くあります。

上部はジャンプゾーン、下部はジブゾーンがあり、上級者向けのエキスパートレーンと中級者向けのイージーレーンに分かれているので自分のレベルにあわせて練習しやすい環境が整っています。

所在地とアクセス方法

ルスツリゾートの所在地は『〒048-1711 北海道虻田郡留寿都村字泉川13番地』です。

アクセスは北海道各地から車、電車、バスを利用する方法がありますが、北海道は広いので主要地(千歳空港、札幌、小樽、苫小牧)からのアクセスを紹介します。

<千歳空港からのアクセス>
千歳空港からは直通バスが便利で、所要時間は約120分です。直通バスは2つあり、ビッグランズ号は基本的にルスツリゾートの宿泊者専用で、リゾートライナーはウインターシーズンのみ運行されるバスです。どちらも事前予約が必要なので注意してください。

  • ビッグランズ号
    • 予約期限:7日前の18:00まで
    • 利用料金:宿泊者3000円、その他3500円
      ※ルスツリゾートへ宿泊者対象。ただし運行が確定し、空席がある場合は誰でも利用可能で、利用日の5日前以降に問い合わせすれば対応してくれます。
    • 公式HP
  • リゾートライナー
    • 運行期間:2018/12/1~2019/4/5
    • 利用料金:大人3500円、子ども (3〜11歳)2500円
    • 公式HP

<札幌駅からのアクセス>
札幌駅からもバスが出ており、所要時間は約120分です。ルスツリゾート利用者向けのルスツ号(予約制)、冬季限定のリゾートライナー(予約制)、または道南バスを利用することができます。ルスツ号は無料なので、札幌からの場合はルスツ号がオススメです。

  • ルスツ号
    • 予約期限:前日の17:00まで
    • 利用料金:無料
    • 公式HP
  • リゾートライナー
    • 運行期間:2018/12/2~2019/4/7
    • 利用料金:大人3500円、子ども (3〜11歳)2500円
    • 公式HP
  • 道南バス
    • 利用料金:大人2100円、子ども1050円
    • 公式HP

<小樽からのアクセス>
小樽からは札幌駅まで電車またはバスで移動し、札幌駅からバスで移動します。小樽から札幌駅へのバスは約1時間なのに対し、電車は快速エアポートで30分ほどで移動することができるので、電車移動がおすすめです。

どうしてもバスで移動したいという場合は、北海道中央バスが運行しています。

<苫小牧からのアクセス>
苫小牧からアクセスの場合は、ルスツリゾートへ直通の苫小牧ルスツ号または札幌まで移動し、札幌からバスを利用しましょう。ちなみに札幌へのアクセスは北海道中央バスを利用します。

苫小牧ルスツ号は無料で便利ですが、期間限定での運行です。2018-19シーズンの情報はまだありませんが、ウィンターシーズンに運行されるかはまだ未発表です。シーズンが近づいたら、ホームページをご確認ください。以下の情報はグリーンシーズンのものです。

  • 苫小牧ルスツ号
    • 利用料金:無料
    • 定員:40名(先着順)
    • 公式HP

リフト1日券の料金

リフト券は期間によって料金が異なります。期間は2018-19シーズンの予定です。降雪量などによって変更になることがあるので、公式ホームページを随時ご確認ください。子ども料金は4歳〜小学校6年生、シニアは60歳以上が対象です。

  • 初すべり1日券1(11/23~12/7)
    大人3500円、子ども1800円、中学生・シニア2900円
  • 初すべり1日券2(12/8〜12/14)
    大人4600円、子ども2400円、中学生・シニア3500円
  • 1日券(12/15〜3/17)
    大人5900円、子ども3000円、中学生・シニア4900円
  • 春スキー1日券(3/18〜4/7)
    大人4600円、子ども2400円、中学生・シニア3900円

その他のリフト利用料金

他にも利用時間にあわせたリフト券があるので、ニーズに応じて選んでください。

  • 6時間券
    大人5200円、子ども2600円、中学生・シニア4500円
  • 4時間券
    大人4600円、子ども2400円、中学生・シニア3900円
  • ナイター券(営業日の16:00~20:00)
    大人2600円、子ども1300円、中学生・シニア2200円
  • 2日券
    大人11200円、子ども5700円、中学生・シニア9300円
    ※3日〜の券も販売されています。
  • ポイント券(15ポイント分)
    大人4800円、子ども2500円、中学生・シニア3900円
    ※各リフトによって必要なポイントが決まっています。

ゲレンデやコース、雪質に関する口コミ

[naran]/[iStock / Getty Images Plus]/ゲッティイメージズ

気になるルスツリゾートのゲレンデに関する口コミをチェックしてみましょう。

良い口コミ

毎年正月利用しています。 貸切のようなスキー場。 雪質最高パウダースノー 子供を教えるにも人にぶつかる心配はほとんどいらないし 言うことないです。
出典:最高のスキー場 – ルスツリゾートスキー場の口コミ – トリップアドバイザー

札幌市内に泊まっていましたが、ルスツリゾートへの無料のバスが運行しており、そちらを利用しました。 こういうサービスは嬉しいですね。 ゲレンデはめちゃくちゃいい天気で、最高でした。 ゲレンデサイドに少しだけパウダーが残っており、それもラッキーでしたね。 広大なスキー場なので、長期滞在したいスキー場です。 子どもたちも楽しめるようにいろいろなアトラクションも用意されているので、子供連れでも安心して楽しめます。ニセコと違ってパウダー競争率がそれほど高くないのもパウダー好きにはたまりません。
出典:日帰りだともったいない – ルスツリゾートスキー場の口コミ情報 – スノーウェイ

悪い口コミ

今回、3歳と小学一年生の子どもを連れて初めてルスツに来ました。ノース&サウスに宿泊しましたが、初心者が練習する場所がありません。
ホテルの前にあるエレベーターはレッスン専用で、一般の人は使えません。子どもを1日レッスンに入れても2日目からはリフトに乗る事になります。
初心者むけのゲレンデであるイーストやイゾラに行くだけで子どもは重労働です。なんとかだましだまし移動して、リフトに乗ろうとしても係りの方が優しくありません。
出典:子どもに優しくない – ルスツリゾートスキー場の口コミ – トリップアドバイザー

雪質と施設の充実度がとても高評価です。悪い口コミは少ないですが、冒頭で紹介したように中級者〜上級者向けコースが多いため、子どもには難しいという声がありました。

キッズパークやスクールに関する口コミ

[yuyeinjapan]/[iStock / Getty Images Plus]/ゲッティイメージズ

コースは子どもには難しくても、キッズパークやスクールは充実しているので、こちらの口コミをチェックしてみましょう。

キッズパーク

ちびっこ用キッズパークも充実。個人的には、トマムの星野リゾートの雰囲気が好きですが、リゾートの規模、サービス、施設の充実度、レストランの数を考えると、こちらの方が上です。
出典:快適 贅沢スキーリゾート – ルスツリゾートスキー場の口コミ – トリップアドバイザー

キッズスクール

キッズスクールはとても人気なので、必ず事前予約をした方がいいです。
出典:子連れファミリーにおすすめ! – ルスツリゾートスキー場の口コミ – じゃらんnet

 

キッズパークは『クレヨンしんちゃんひろば』といわれており、スノーエスカレーター、チュービング、そり、雪上ランニングバイクなどで充実しています。

子どもが滑れるように教えてあげたくても、うまく教えてあげるのは難しいものです。そんな時はスクールがおすすめです。『クレヨンしんちゃんキッズスクール』という名前でキャラクタがいるので、楽しく練習できます。

レストランに関する口コミ

[SerrNovik]/[iStock / Getty Images Plus]/ゲッティイメージズ

最後にゲレンデ食の口コミもチェックしておきましょう。

良い口コミ

味は例年通りのスキー場クオリティですが、他のスキー場よりはいいのではないかと思います。支払いも電子マネーが利用できるようになって便利
出典:『広大なルスツスキー場の一番奥、空いていて利用しやすいスティームボート』by JPM : カフェテリア スティームボード – 留寿都村その他/カフェ [食べログ]

ゲレンデレストランの人気?1メニューの「とろとろたまごのオムライス(980円)」もとてもおいしい。レストラン全体的に、リーズナブルな値段設定だと思います。
出典:『チケットはお得にGET!』by ゆんこさん|ルスツリゾートスキー場のクチコミ【フォートラベル】|ルスツ

悪い口コミ

レストランの数が思ったより少ない。朝食バイキングは出遅れると並ぶので注意。
出典:ルスツスキー場の口コミ・評判・感想・混雑|スキー・スノボ研究所

金曜日のお昼時〜空席がない?????高校のスキー学校で、奥が占拠されてるからか? それにしても混雑してるのはビックリ。
出典:『金曜日・土曜日は大にぎわい〜珍しい(^^)』by Food Spectator : カフェテリア スティームボード – 留寿都村その他/カフェ [食べログ]

特にオムライスには定評があるようです。また、休日や年末年始などはレストランが混雑するので、少し時間をずらして利用するのがおすすめです。

まとめ

北海道の人気リゾート、ルスツリゾートのスキー場についての情報と口コミを紹介しました。ぜひ参考に今年のスキー旅行先として検討してみてください。