やぶはら高原スキー場のリフトやシーズン券情報。周辺宿泊施設も紹介

やぶはら高原スキー場は、長野県木曽郡に位置し、木曽エリアで最多のコース数を誇るスキー場です。そこには計13のバラエティ豊かなコースと、ボリューム満点のゲレンデ食を楽しめるレストランなどがあります。そんなやぶはら高原スキー場についての情報をまとめて紹介します。

やぶはら高原スキー場の基本情報

まずは、やぶはら高原スキー場の基本的な情報をチェックしましょう。

所在地、2018-19年の営業日と時間

やぶはら高原スキー場の概要は以下です。

  • 住所:長野県木曽郡木祖村菅2857-16
  • 電話番号:0264-36-3322
  • 公式はこちら:やぶはらスキー場

2018-19年シーズンの営業日は2018年12月14日~2019年3月31日と発表されています。リフトの営業時間は2018年12月31日までは8:30〜16:00、それ以降は8:30〜16:30です。

天気の確認やパンフレットの入手は公式HPから

スキー場に行くとなると、現地の天気予報は必見です。公式HPでは現地の天気、気温、周辺の道路情報、そして各コースのオープン情報と積雪情報が掲載されています。下記リンクの『Information』で日々更新されています。

やぶはら高原スキー場公式web

また、やぶはら高原スキー場のパンフレットも公開されています。概要はもちろんのこと、コース、レストラン、リフト券などの情報が掲載されているので、ぜひチェックしてみてください。

2019シーズンやぶはら高原スキー場パンフレット

リフト、シーズン券、レンタルの利用料金

やぶはら高原スキー場を利用するにあたって、必要な料金をチェックしておきましょう。

リフトの利用料金

子ども料金は中学生以下、シニア料金は50歳以上が対象です。

  • 1日券
    大人4300円、子ども2200円、シニア3300円
  • 1回券
    一律300円
  • 12回券
    一律3300円
  • 4時間券
    一律3300円
  • 丸山ゲレンデ専用1日券(ソリエリアの利用+丸山ゲレンデ専用リフト券)
    一律1000円

シーズン券の利用料金

やぶはら高原スキー場では、シーズン中に何度も利用する人にはお得なシーズン券があります。家族で購入する場合はファミリー料金がお得で、大人2人+高校生以下の子ども2人で利用可能です。

  • 通常シーズン券
    大人3万3000円、子ども1万7000円、シニア3万円、ファミリー5万4000円
  • 早割シーズン券(2019年1月1日発売)
    大人2万8000円、子ども1万5000円、シニア2万6000円、ファミリー4万9000円
  • 春シーズン券(2019年2月1日発売)
    大人1万6000円、子ども1万円、シニア1万6000円

やぶはら高原スキー場のシーズン券を購入すると、ほかの提携スキー場のリフトを割引価格で購入することができます。

  • きそふくしまスキー場 1日券2000円
  • 野麦峠スキー場 1日券2000円
  • 開田高原マイアスキー場 1日券2000円
  • チャオ御岳スノーリゾート 1日券2000円(〜3月15日)、3000円(3月16日〜)
  • 伊那スキーリゾート 大人ナイター券500円引

レンタル可能なアイテムと利用料金

やぶはら高原スキー場には、レンタルアイテムもあります。下記では1日レンタルの料金を紹介しますが、4時間のレンタルプランもあります。

  • スキーセット
    大人3500円、子ども2500円
  • スキー板
    大人2500円、子ども2000円
  • スキーブーツ
    大人2000円、子ども1500円
  • ポール
    500円
  • そり
    500円
  • スノーボードセット
    大人3500円、子ども2500円
  • スノーボード板
    大人2500円、子ども2000円
  • スノーボードブーツ
    大人2000円、子ども1500円
  • ウェア
    大人3500円、子ども2500円

やぶはら高原スキー場のお得なサービスデー

やぶはら高原スキー場のリフト券料金を紹介しましたが、さらにお得な料金で使用できるサービスデーがあります。これは必見ですね。

毎週月、水、金曜日はリフト券が割引に

平日が休みの人には嬉しい、毎週月、水、金曜日はそれぞれ下記のようなサービスデーがあります。特に水曜日はとてもお得です。

  • 月曜日 シニア対象サービスデー
    シニアの1日リフト券が2300円(通常3300円)です。ただし、2018年12月31日と2019年2月11日は休日扱いのため、対象外です。
  • 水曜日 全員対象サービスデー
    1日リフト券を大人2300円(通常4300円)、子ども1200円(通常2200円)、シニア1800円(通常3300円)で利用することができます。
  • 金曜日 女性対象サービスデー
    女性のみ、1日リフト券を2300円(通常4300円)、シニア2300円(通常3300円)で購入することができます。ただし女の子は、通常の子供料金である2200円のままです。

第3日曜日は子ども、3月からは学生がお得

まだお得に利用できる日はあります。

  • 第3日曜日 スキー子どもの日
    中学生以下の子どもの1日リフト券がなんと700円です。またファミリーで遊びに行く際は、ぜひ第3日曜日を利用したいですね。
  • 3月1日〜 高校生・大学生対象サービスデー
    学生証を提示すれば、高校生と大学生は1日リフト券を2300円で購入できます。春休みは存分にスキーを楽しみましょう。

やぶはら高原スキー場の特徴

やぶはら高原スキー場はどのようなスキー場なのでしょうか。特徴を見てみましょう。

本格的なパウダースノーと極上バーンが魅力

やぶはら高原スキー場は、計13本と、木曽エリアで最多のコース数を誇ります。コース全体が北向き斜面に広がっている設計で、雪が引き締まっており、雪質が良いことが特徴です。

国道19号線からも約10分とアクセスが良いにもかかわらず、本格的なパウダースノーを楽しむことができます。またゲレンデは広大なエリアに広がっているので、大自然も魅力的です。

コース数は多いものの、すべてのコースにきちんと手をかけて整備されていることから、美しいスキー場として人気が高いです。

カレーやカツ丼などゲレンデ食が豊富

スキー場といえばゲレンデ食も楽しみの1つですが、やぶはら高原スキー場はレストランも充実しています。スキー場内に8軒ものレストランがあり、バラエティ豊かなメニューが揃っています。

  • 喫茶ほのぼの(センターハウス3階)
  • やぶはら高原山の家(丸山ゲレンデの目の前)
  • やぶはら山荘(丸山ゲレンデの目の前)
  • 高原荘(さつきクワッド乗り場の前)
  • やまびこ食堂(さつきクワッド乗り場の前)
  • さつき食堂(さつきゲレンデの正面)
  • ALPEN(やぶはら中央ペアリフトの正面)
  • 鉱泉ヒュッテ(やぶはら中央ペアリフトの正面)

やぶはら高原スキー場のコース紹介

続いて、計13本のコースと、あわせて各ゲレンデについてもチェックしてみましょう。

初心者や子ども向け。こく1、さつき、丸山

まずは初心者におすすめの3コースを紹介します。

  • 国設第2ゲレンデ(こく1)
    平均斜度12度、最大斜度15度
    基礎的な滑りの練習、カービングターンに最適なコースです。
  • さつきゲレンデ
    平均斜度14度、最大斜度15度
    全長1000mのワイドバーンで、子どもや初心者でも安心して滑ることができます。
  • 丸山ゲレンデ
    平均斜度7度、最大斜度9度
    センターハウス近くにあるファミリーゲレンデで、子どもが大好きなそりエリアもあります。

中級者はこく2、どんぐり、パノラマで練習

ある程度滑れるようになったら、少し面白みのあるコースに挑戦しましょう。

  • 1500平ゲレンデ
    平均斜度18度、最大斜度22度
    藪原高原スキー場の代表コースです。全長1200mの広々としたコースなので、滑りやすいです。
  • 国設第2ゲレンデ(こく2)
    平均斜度22度、最大斜度26度
    斜面変化に富んでおり、技の練習に最適なコースです。
  • からまつコース
    平均斜度22度、最大斜度25度
    谷の中にある非圧雪コースで、パウダースノーを楽しむことができます。
  • どんぐりコース
    平均斜度20度、最大斜度23度
    慣れてきたら、ぜひ挑戦したい少し斜度のあるコースです。
  • パノラマコース
    平均斜度17度、最大斜度20度
    山頂の立ヶ峰からスタートするので、大パノラマも楽しめるという一石二鳥のコースです。

上級者向け。こく3A、3B、KABE

やぶはら高原スキー場は、上級者向けのコースが非常に充実しています。

  • 国設第3ゲレンデAコース(こく3A)
    平均斜度25度、最大斜度28度
    ゲレンデ最上部に位置するワイドバーンです。標高が高いので雪質の良さはもちろん、絶景です。
  • 国設第3ゲレンデBコース(こく3B)
    平均斜度28度、最大斜度30度
    こちらも最上部に位置し、非圧雪コースとコブ斜面を楽しめるコースです。
  • 国設第3ゲレンデCコース(こく3C)
    平均斜度28度、最大斜度32度
    こちらも非圧雪バーンで、傾斜もきついコースです。
  • さつきパノラマコース
    平均斜度28度、最大斜度30度
    全長2.2キロの尾根コースで、急斜面が続く非圧雪コースです。
  • KABEコース
    平均斜度34度、最大斜度34度
    最難関非圧雪コースといわれ、断崖絶壁です。
  • 2こぶ
    平均斜度34度、最大斜度34度
    名物の2こぶは、名前の通りこぶを存分に楽しめるコースです。
  • チャンピオンコース
    平均斜度20度、最大斜度25度
    KABEコースとから松コースへと繋がる非圧雪コースです。
  • 立ヶ峰コース
    平均斜度22度、最大斜度24度
    山頂の立ヶ峰からスタートする非圧雪のショートコースです。

やぶはら高原スキー場へのアクセス方法

やぶはら高原スキー場へのアクセスについて、車、電車それぞれでの方法を紹介します。

車でのアクセス方法と駐車場について

やぶはら高原スキー場は、各地から車でアクセスしやすいスキー場です。

  • 名古屋方面からの場合(所要時間は約2時間30分)
    • 中央自動車道『小牧』JCT→『中津川』IC→国道19号線を経由→やぶはら高原スキー場
    • 中央自動車道『小牧』JCT→『伊那』IC→国道361号線→権兵衛トンネル→国道19号線を経由→やぶはら高原スキー場
  • 東京方面からの場合(所要時間は約3時間30分)
    • 中央自動車道『八王子』IC→『伊那』IC→国道361号線→権兵衛トンネル→国道19号線を経由→やぶはら高原スキー場
  • 大阪方面からの場合(所要時間は約5時間)
    • 名神高速道路『吹田』IC→『小牧』JCTを経由→中央自動車道『中津川』IC→国道19号線を経由→やぶはら高原スキー場

やぶはら高原スキー場の駐車場は、1500台を収容することができ、全日無料で利用することができます。駐車場は複数に分かれているので、どこに行きたいかで便利な場所を選びましょう。下記リンク先のPDFで確認することができます。

YABUHARA駐車場MAP

電車でのアクセス方法

電車の最寄駅はJR『藪原』駅です。『藪原』駅からは100円バスを利用し、約23分でアクセスすることができます。時刻表は下記リンクより、『電車でのアクセス 【100円バス】時刻表』でご確認ください。

アクセスガイド – やぶはら高原スキー場公式web

無料シャトルバスでのアクセス方法

伊那地区からは無料のシャトルバスを利用することができます。ただし運航日は限定的で、2018年12月15から毎週土日祝日と、2019年1月2日、3日です。2018年12月31日、2019年1月1日は運休です。また定員は20人で、全日16:00までに事前に予約する必要があります。

停車駅は、伊那北駅、ベルシャインニシザワ、伊那市役所、アピタです。利用したいという人は下記リンクより『伊那地区からのアクセス』で詳細をご確認ください。

アクセスガイド – やぶはら高原スキー場公式web

スキー場周辺で温泉が人気の宿泊施設

スキーを思う存分に楽しんだあとは、温泉でゆっくりしてみてはいかがでしょうか。やぶはら高原スキー場の周辺にある、温泉つき宿泊施設を3軒、紹介します。

日帰り入浴可の天然温泉。街道浪漫 おん宿 蔦屋

木曽路の天然温泉は、険しい山肌に降った雨や雪と、御嶽山に流れる『龍脈』と呼ばれる大地の気と混ざり合った源泉だそうです。露天風呂の湯船にゆっくり浸かると、自然の恵みを感じられるかもしれません。

内風呂には神の薬として木曽谷に受け継がれている常備薬『百草薬』を使用した湯薬があります。日帰りでの利用も可能ですが、できれば宿泊して、朝夜2回楽しんでみてください。

露天風呂で疲れを癒す。木曽駒高原ホテル

スキーは全身を使うスポーツなので、楽しくても1日をスキー場で過ごすと疲労が溜まります。木曽駒高原ホテルの温泉は炭酸水素塩水で、神経痛や関節痛、疲労回復に効果的な泉質です。木々に囲まれ、自然を感じられる露天風呂と、御嶽山の絶景を楽しめる内風呂があります。

部屋は洋室メインですが、ファミリーで使える和洋室もあるので、子ども連れにもおすすめです。

  • 住所:長野県木曽郡木曽町新開126-1
  • 電話番号:0264-23-7221
  • 公式はこちら:木曽駒高原ホテル

自家源泉の鉄鉱泉を満喫。ぬくもりの宿 駒の湯

内風呂は温かみのある木曽檜造りで、体の芯から温まることのできる自家源泉の鉄鉱泉です。

露天風呂は岩風呂で、数種類の薬草を配合した湯薬で、その香りは心もリラックスさせてくれます。疲れはもちろん、冷え性にも効果的なので、冷えた体をしっかり温めましょう。

スキー場周辺で料理が人気の宿泊施設

信州の心温まる料理を楽しみたいというグルメな人におすすめの宿泊施設を3軒、紹介します。

地元食材の洋風料理。ゲストハウス ヒルトップ

中央アルプスを望む標高1333mの高原に佇むペンションで、信州の食材を取り入れた料理が自慢です。ディナーは洋風コース料理以外にも、ボリュームを抑えたいという人にも対応できるように1プレートディナーや、洋食の定食も提供しています。もちろんお子様プレートもあります。

また、信州産のワイン、地ビールを食事とともに楽しみ、そして食後は自家焙煎珈琲でゆっくりと至福のひとときを過ごすことができます。

山菜のイタリアン。カントリーロッジ木の実

標高1400mの奈川高原に位置し、乗鞍岳を望む眺望は抜群です。客室は非常にシンプルですが、料理には力が入っています。

ダイニングは地元の唐松を使った家具で、心地よい空間となっており、そんな空間で山菜を使ったイタリアンを頂くことができます。食後は22:00までパブリックルームで過ごすことができ、コーヒー(無料)を飲みながら、話やゲームを楽しむのも良いですね。

新鮮食材のヘルシー料理。民宿 奈良尾

全18室の民宿 奈良尾は、眼前に木曽御岳山がたたずみ、大自然に囲まれて位置しています。温かい雰囲気の民宿でいただく料理は、自家製の高原野菜をふんだんに使用したワンプレート料理+スープ+ご飯というメニューです。

スキーでしっかり体を動かしたあとは、健康的な食事を頂いて、また翌日に備えましょう。

  • 住所:長野県木曽郡木曽町新開429-2
  • 電話番号:0264-23-7438
  • 公式はこちら:民宿 奈良尾

まとめ

やぶはら高原スキー場について、2018-19年シーズンの情報を中心に紹介しました。やぶはら高原スキー場は、車でのアクセスもしやすく、中級〜上級者をも唸らせるバラエティ豊かなコースが人気のスキー場です。ぜひこの冬の思い出作りに、出かけてみてください。