やぶはら高原スキー場で使えるクーポン情報。お得に購入する方法とは

やぶはら高原スキー場は国道19号線から10分という立地にあり、上級者向けの面白いコースが多い老舗スキー場です。そんな、やぶはらスキー場をお得に利用できる情報をまとめて紹介します。

やぶはら高原スキー場の特徴と基本情報


[Bobby Ware]/[iStock / Getty Images Plus]/ゲッティイメージズ

まずはやぶはら高原スキー場の気になるゲレンデについて、アクセスや料金とあせてチェックしておきましょう。

大自然の地形を活かした多彩なコース設計

やぶはら高原スキー場には、それぞれ面白みのあるコース設計になっています。

  • 初心者向け
    平均傾斜が7〜14度と緩やかで、ゲレンデ幅もワイドな初級者向けは3コースあります。

    • 国設第1ゲレンデ
      最大傾斜15度、平均傾斜12度
    • さつきゲレンデ
      最大傾斜15度、平均傾斜14度
    • 丸山ゲレンデ
      最大傾斜9度、平均傾斜7度
  • 中級者向け
    少し慣れてきた人でさらに挑戦してみたい中級者向けには少し癖のある6コースがあります。

    • 1500平ゲレンデ
      最大傾斜22度、平均傾斜18度
    • 国設第2ゲレンデ
      最大傾斜26度、平均傾斜22度
    • からまつコース
      最大傾斜25度、平均傾斜22度
    • どんぐりコース
      最大傾斜23度、平均傾斜20度
    • パノラマコース
      最大傾斜20度、平均傾斜17度
    • さつきスノーパーク
  • 上級者向け
    やぶはら高原スキー場は上級者向けのチャレンジングなコースも充実しています。

    • 国設第3ゲレンデAコース
      最大傾斜28度、平均傾斜25度
    • 国設第3ゲレンデBコース
      最大傾斜30度、平均傾斜28度
    • 国設第3ゲレンデCコース
      最大傾斜32度、平均傾斜28度
    • さつきパノラマコース
      最大傾斜30度、平均傾斜28度
    • KABEコース
      最大傾斜34度、平均傾斜34度
    • 2こぶ
      最大傾斜34度、平均傾斜34度
    • チャンピオンコース
      最大傾斜25度、平均傾斜20度
    • 立ヶ峰コース
      最大傾斜24度、平均傾斜22度
    • 立ヶ峰山頂

所在地とアクセス方法

アクセス方法は車、公共交通機関いずれも可能です。

<車の場合>
東京からアクセスの場合は中央自動車道の『伊那IC』で降ります。361号線で権兵衛トンネル、19号線を経由しておよそ35分ほどで到着します。

名古屋、大阪からアクセスの場合も中央自動車道『伊那IC』または『中津川IC』で降り、19号線を80分ほど進めば到着します。

<公共交通機関の場合>
最寄りはJR『藪原』駅。藪原駅からやぶはら高原スキー場へは100円バスが運行しているので、あらかじめ時間を調べておきましょう。

またJR『伊那北』駅からは、予約制の無料シャトルバスが出ています。2018-19シーズンの情報はまだ出ていませんが、昨年度は土・休日と年末年始のみの運行で定員20名まででした。

なお所在地は『長野県木曽郡木祖村菅2857-16』です。

リフト券の利用料金

リフト券の料金は以下。なお子ども料金は中学生以下、シニア料金は50歳以上が対象です。

  • 1回券
    300円
  • 12回券
    3300円
  • 1日券
    大人4300円、子ども2200円、シニア3300円
  • 4時間券
    3400円

また場内にある丸山ゲレンデ専用の1日券は一律1000円で販売されています。

特定の日に利用できるクーポン情報


[WDnet]/[iStock / Getty Images Plus]/ゲッティイメージズ

リフト券の料金を紹介しましたが、やぶはら高原スキー場にはお得に利用できる日がいくつかあるので、こちらも要チェックです。ただし正月など一部対象外となることがありますので、注意しましょう。

水曜日はリフト券がほとんど半額に

毎週水曜日限定で、1日リフト券が大人2300円(通常4300円)、子ども1200円(通常2200円)、シニア1800円(通常3300円)です。

月曜日と金曜日はシニア、レディースデー

1日リフト券が、毎週月曜日はシニアデーで通常3300円のところ2300円に、毎週金曜日はレディースデーで、大人2300円、子ども2200円、シニア2300円。女友達と行くなら金曜日に決まりです。

第3日曜日は子ども、3月からは学生がお得

まだまだお得な日があります。

子どもが何人もいるご家庭には嬉しい、毎月第3日曜日はスキー子どもの日として、子どもの1日リフト券が通常2200円のところ700円です。日曜日なので、利用しやすいでしょう。

またシーズン終盤の3月以降は学生に嬉しい情報です。高校生、大学生は学生証を提示すれば1日リフト券が2300円です。テストが終わったら、春休みに友達とスキーを満喫しましょう。

2017-18年までのクーポン情報


[SeventyFour]/[iStock / Getty Images Plus]/ゲッティイメージズ

2018-19シーズンの情報はまだ未発表なので、昨年度のものですがクーポン情報を紹介します!同じものが出る可能性もあり、要チェックです。

楽天トラベルでリフト券が300円割引に

楽天カードをお持ちの人は楽天トラベルでもクーポンがあります。1日リフト券が以下の料金です。

  • 大人
    通常4300円→クーポン料金4000円
  • 子ども
    通常3300円→クーポン料金3000円
  • シニア
    通常2200円→クーポン料金1900円

利用方法は、やぶはら高原スキー場のチケット売り場で特別クーポン券をあらかじめ印刷して持参する必要があります。下記リンクを参考しましょう。
やぶはら高原スキー場 割引クーポン スキー&スノーボード特集 【楽天トラベル】

DALEMOでリフト券が300円割引に

スキー、スノーボードのクーポンサイトのDALEMOでも楽天トラベルと同じ料金となるクーポンを利用することができます。

DALEMOもあらかじめ割引クーポンを印刷しておく必要があります。注意しましょう。下記リンクを参考ください。
やぶはら高原|DaLeMo CLUB[ダレモ クラブ]

デイリーPlusで最大1000円割引に

デイリーPlusとは、Yahoo! JAPANが提供している会員制サービスです。やぶはらスキー場以外にも旅行、エンタメ、グルメなどさまざまなジャンルの割引券を入手することができます。

まだ会員でない人もこれから登録すれば利用することができます。

  • 大人
    通常4300円→クーポン料金3300円
  • 子ども
    通常2200円→クーポン料金1700円
  • シニア
    通常3300円→クーポン料金2800円

ただし、デイリーPlusは有料サービス(月額540円)。気になる人は下記リンクから確認しましょう。
デイリーPlus(デイリープラス)

2017-18年までのシーズン券割引


[pkazmierczak]/[iStock / Getty Images Plus]/ゲッティイメージズ

スキーヤーにはお馴染みのシーズン券ですが、やぶはらスキー場にもあります!早割を利用すればかなりお得になるので、早めに検討してみてください。

スキー場主催の早割シーズン券の概要

昨年のシーズン券の販売期間は2017年11月30日まででした。気になるシーズン券の料金は以下です。

  • 大人
    通常31000円→早割26000円
  • 子ども
    通常15000円→早割13500円
  • シニア
    通常28000円→早割24000円
  • ファミリー(家族4人、高校生以下の子どもがいる場合)
    通常51500円→早割46500円

ファミリー券は、特にお得になっています。購入するなら早割期間内がおすすめです。今シーズンの情報も早めに公式ホームページでチェックしてみてください。

早割シーズン券の販売会場について

昨年は早割シーズン券の購入方法は、郵便振替または販売会場で直接購入することができます。

販売会場での購入は、公式ホームページにある申込書を印刷し、記入したものの他に、本人確認書類(免許証、健康保険証)のコピー(ファミリーシーズン券を購入の場合は全員分)の持参が必要です。

販売会場は、昨年度の場合、岐阜県中津川市、岐阜県多治見市、愛知県春日井市、愛知県名古屋市、長野県伊那市、長野県松本市、長野県飯田市の7会場でそれぞれ1日程ずつ設置されていました。

まとめ

やぶはら高原スキー場の基本情報とお得に利用できるクーポンやシーズン券情報を紹介しました。上級者向けコースも多いので、この冬はお得に通って、さらなるレベルアップを目指しましょう。

この他にもやぶはら高原スキー場についてまとめた記事があります。気になる方はチェックしてみて下さい。
やぶはら高原スキー場のリフトやシーズン券情報。周辺宿泊施設も紹介