万座温泉スキー場のリフト券とシーズン券情報。周辺のホテルも紹介

万座温泉スキー場は、標高1994mという高地に位置し、国内屈指のパウダースノーを楽しめるゲレンデとして人気のあるスキー場です。そんな万座温泉スキー場についての基本的な情報はもちろん、お得なリフト券の情報や周辺の宿泊施設の情報まで、まとめて紹介します。

万座温泉スキー場の基本情報

まずは万座温泉スキー場の基本的な情報をお伝えします。

公式HP、2018-19年の営業日と時間

万座温泉スキー場の概要は以下です。

  • 住所:群馬県吾妻郡嬬恋村万座温泉
  • 電話番号:0279-97-3117
  • 公式はこちら:万座温泉スキー場

2018-19年シーズンの営業は、2018年12月8日~2019年3月31日と発表されました。

リフト、各施設の営業時間は以下です。

  • リフト
    平日8:30〜16:30、土日祝8:30〜17:00
    ※ナイター営業日(2018年12月29~2019年1月5日、12日、13日、2月9日、10日)は17:30~20:00も営業
  • レストラン アリエスカ北・南
    平日休み、土日祝9:00~17:00(ラストオーダー16:00)
  • 万座山ヒュッテ
    11:00〜14:30(ラストオーダー14:00)
  • レストラン しゃくなげ(万座プリンスホテル内)
    11:30〜14:30(ラストオーダー14:00)
  • メインダイニングルーム(万座プリンスホテル内)
    11:30〜14:00(ラストオーダー13:30)

リフト利用料金

万座温泉スキー場のリフト券は、シーズン料金と年末年始料金があります。2018年12月29日〜2019年1月3日は年末年始料金となり、それ以外はシーズン料金です。ちなみにシニア料金は55歳以上が対象で、小学生以下は無料で利用することができます。

<シーズン料金>

  • 1日券
    大人4600円、中高生4600円、シニア4100円
  • 2日券
    大人8000円、中高生8000円、シニア7000円
  • 4時間券
    大人3900円、中高生3900円、シニア3400円
  • 1回券
    一律500円
  • ナイター券
    一律1800円

<年末年始料金>

  • 1日券
    大人4800円、中高生4800円、シニア4300円
  • 2日券
    大人8000円、中高生8000円、シニア7000円
  • 4時間券
    大人4100円、中高生3900円、シニア3600円
  • 1回券
    一律500円
  • ナイター券
    一律1800円

万座温泉スキー場のリフト券割引サービス

リフト券の通常料金は上記で紹介しましたが、誰でも利用できる割引サービスも複数あります。

1日券が45%オフ。WINTER PLUS

スキー場情報サイト『WINTER PLUS』では、1日券(大人料金)が45%オフの2500円で購入することができます。他にも、プリンススノーリゾート(万座温泉スキー場が加入しているグループ)の他のスキー場も利用可能なリフト券など、種類がいくつかあります。

ぜひ下記リンクよりチェックしてみてください。

万座温泉スキー場|ウィンタースポーツのポータルサイトWINTER PLUS

スマホから1日券を入手。Pass Me

スマホ限定のレジャー情報サイト『Pass Me』でも万座温泉スキー場のお得なリフト券が販売されています。

こちらは2018年12月7日までに購入することを条件に、1日券(大人料金)が45%オフの2500円に、また4人で同日利用する場合に使える4人セットの1日券(大人料金)が48%オフの9600円で購入することができます。

万座温泉スキー場の利用はシーズン中であれば、いつでもOKなので、早めに購入しておきましょう。

万座温泉スキー場のチケット・料金|前売りチケットはPassMe!

アプリやPCから入手。Webket

『Webket』でもお得にリフト券を購入することができ、こちらはスマホアプリと、PCにも対応しています。購入できるリフト券は3種類で、早割1日リフト券と、4人セットの早割1日リフト券、12月限定の1日リフト券です。

早割1日リフト券は、2018年12月21日までの購入で、1日リフト券(大人料金)を2500円で購入することができます。

4人セットの早割1日リフト券は2018年12月7日までの購入で、大人料金のリフト券4枚を、Pass Meと同様に9600円で利用できるというものです。

12月限定の1日リフト券は、2018年12月21日までの購入で、1日リフト券(大人料金)が2000円で購入することができ、Webketのみで販売されています。ただし利用は2018年12月28日までで、年末年始料金に入る12月29日以降は利用することができないので注意しましょう。

それぞれの詳細は、下記リンクよりご確認ください。

リフト券Web販売 | 万座温泉スキー場

コンビニで購入可能。セブンチケット

『セブンチケット』でも万座温泉スキー場のリフト券を購入することができます。セブンチケットでは、2018年12月21日まで1日券(大人料金)を45%オフの2500円で購入することができます。

利用はシーズン中いつでもOKです。詳細は下記リンクより確認することができます。

万座温泉スキー場【早割券】|セブン-イレブン チケット情報・購入・予約 セブンチケット

万座温泉スキー場のシーズン券の料金

万座温泉スキー場をシーズン中に何度か利用するという人におすすめなシーズン券について、紹介します。

シーズン券の通常利用料金

万座温泉スキー場が使いたい放題となるシーズン券の通常料金は、以下です。

  • 全日券
    大人4万3000円、中高生4万3000円、シニア3万7000円
  • 平日券
    大人3万7000円、中高生3万7000円、シニア2万9000円

また、シーズン券には嬉しい特典もついています。 詳細は下記リンク先のPDFをご確認ください。

1810_シーズン券A4_data

SEIBU PRINCE CLUB会員特別料金

通常料金で紹介したリンク先に記載がありますが、『SEIBU PRINCE CLUBカード』の会員はお得な料金で購入することができます。

  • 全日券
    大人4万2000円、中高生4万2000円、シニア3万6000円
  • 平日券
    大人3万6000円、中高生3万6000円、シニア2万8000円

SEIBU PRINCE CLUBカードとは、プリンスホテル・西武鉄道をはじめ西武グループ各社の魅力あるサービスが取り揃えられたカードで、ポイント専用会員カード、クレジット機能付き会員カードの両タイプがあります。

ポイント専用会員カードは年会費も無料で、ウェブサイトから簡単に入会することができます。気になる人は、下記リンクよりご検討ください。家族で複数枚のシーズン券を購入する場合なら、割引料金は嬉しいですね。

SEIBU PRINCE CLUB| カードの種類・入会

万座温泉スキー場の魅力

続いて、万座温泉スキー場の特徴を紹介します。

国内有数の極上パウダースノー

合計9コースで、最大滑走距離は2000m。標高1994mに位置する万座温泉スキー場は、まさにスノーリゾートです。さらさらと滑りやすい最高の雪質を楽しむことができるでしょう。

万座温泉スキー場のパウダースノーは、国内屈指の人気を誇ります。

夏や秋には星空観賞や紅葉リフトを体験

グリーンシーズンは、標高1800mという高地に位置する『星空ヒュッテ』で澄んだ空気と、明りの少ない万座だからこその星空を楽しめるスポットとして人気です。

少し冷える夜に体を温めてくれるホットワインや、星空をイメージしたカクテルを販売するバーが開設され、おしゃれな雰囲気の中で、自然を満喫できます。

また紅葉の季節には、プリンスリフトから四阿山や本白根山外輪の山々などの紅葉を一望することができます。万座周辺は、9月下旬より色づきはじめるようです。

コース、キッズパーク紹介

気になる万座温泉スキー場のコースもチェックしておきましょう。浅間山など、大自然の山々を望み滑走する爽快感は、初心者から上級者まで誰もが楽しむことができます。

初級者やファミリーに最適。パノラマゲレンデ

プリンスホテル前に位置し、万座温泉スキー場のメインゲレンデです。

広々としたゲレンデで、最大斜度21度、平均斜度14度と初級者の練習や、子どもでも滑りやすいでしょう。ナイターも楽しむことができます。

一部非圧雪、中級者向け。万座山ゲレンデ

万座山ゲレンデは、距離が800mで、最大斜度は32度にもおよぶ林間ゲレンデです。一部非圧雪ゾーンもあるので、ふかふかの雪質を楽しむことができます。

上級者は非圧雪のチャレンジコースで練習

チャレンジコースは完全非圧雪のエリアです。パウダー好きには最高のコースといえるでしょう。平均斜度は19度、最大斜度は25度、距離は233mのショートコースです。

子どもに大人気。スノーフィールド

万座温泉スキー場のキッズパークには、子どもが喜ぶアクティビティがたくさんあります。

定番のそり遊びは広いゲレンデで思う存分に滑ることができます。150mのロングチュービングコースをはじめ、50mのスノーエスカレーター、ふわふわ遊具などが揃っています。

営業時間は9:00~16:00で、小学生以上は1日1200円、未就学児は500円で利用することができます。

万座温泉スキー場のレンタル、スクール

万座温泉スキー場にはレンタル用品もたくさん揃っています。またスクールもあるので、これから本格的にスキーを始めたい人はもちろん、スキルアップを目指したい人にもぴったりです。

レンタル可能なアイテムと料金

レンタルアイテムとその料金を紹介します。なお、子ども用のアイテムは1日セット1000円で、単品レンタルよりもお得なので、子どもはセットレンタルがおすすめです。

<スキー・ショートスキー・スノーボードレンタル料金>

  • 1日セット
    大人4000円、子ども1000円、シニア3000円
  • 4時間セット
    大人3000円、子ども1000円、シニア2000円
  • 2日セット
    大人7000円、子ども2000円、シニア5000円
  • ナイターセット
    大人2500円、子ども1000円、シニア1500円
  • スキーorスノーボード
    大人3000円、子ども1000円、シニア2000円
  • ブーツ
    大人2000円、子ども1000円、シニア1000円
  • ストック
    大人600円、子ども1000円、シニア500円

<ウエア・ヘルメット料金>

  • 1日セット
    大人4000円、子ども3000円、シニア3000円
  • 4時間セット
    大人3000円、子ども2000円、シニア2000円
  • 2日セット
    大人7000円、子ども5000円、シニア5000円
  • ナイターセット
    大人2500円、子ども1500円、シニア1500円

スクールの種類と料金

レッスンを希望する人は、スキーセンター2Fのインターアルペン万座スキースクールで受付をしましょう。講習時間は10:00〜12:00、13:30〜15:30です。

  • スキーグループレッスン
    2時間4500円、4時間6500円
  • プライベートレッスン(要予約)
    〜3人:2時間1万6000円、4時間3万円
    4〜5人:2時間1万7000円、4時間3万2000円
  • キッズレッスン(小学1~4年生、開講日は土日祝、2018年12月22日~2019年1月6日、3月24日~3月31日)
    2時間5000円、4時間7000円
  • キッズマンツーマンレッスン(4歳~小学生未満、要予約)
    2時間1万1000円、4時間1万9000円
  • スノーボードグループレッスン(開講日は土日祝、2018年12月30日~2019年1月3日)
    2時間4500円、4時間6500円

万座温泉スキー場へのアクセス情報

万座温泉スキー場への車、電車でのアクセス方法をまとめました。

車でのアクセス方法と駐車場について

最寄りICは、どの方面からアクセスするかで異なります。

  • 東京方面からの場合
    『練馬』ICから関越自動車道で79km→『藤岡』JCTを経由し、上信越自動車道で53km→『碓氷軽井沢』ICで降りる→鬼押ハイウェー、万座ハイウェー経由で64km→万座温泉スキー場
  • 栃木方面からの場合
    『宇都宮』ICから東北自動車道で41km→『岩舟』JCTを経由し、北関東自動車道で43km→『高崎』JCTを経由し、関越自動車道で19km→『渋川伊香保』ICで降りる→中之条、万座ハイウェーで79km→万座温泉スキー場
  • 名古屋方面からの場合
    『名古屋』ICから『小牧』JCTを経由し、中央自動車道で162km→『岡谷』JCTを経由し、長野自動車道で76km→『更埴』JCTを経由し、上信越自動車道で22km→『上田菅平』ICで降りる→鳥居峠、万座ハイウェーで57km→万座温泉スキー場
  • 金沢方面からの場合
    『金沢東』ICから北陸自動車道で171km→『上越』JCTを経由し、上信越自動車道で58km→『信州中野』ICで降りる→国道292号線で46km→万座温泉スキー場

万座温泉スキー場には400台収容の無料駐車場があります。

電車でのアクセス方法

電車での最寄り駅は北陸新幹線『軽井沢』駅で、そこからバスで『吾妻線万座・鹿沢口』駅で下車(約1時間)し、さらに路線バスへ乗り換え『万座温泉』へ移動(約45分)します。

軽井沢駅へは、『東京』駅から約1時間とアクセスがいいのですが、そこからバス移動が長くなるので、車でのアクセスがおすすめです。

万座温泉スキー場周辺で人気のホテルや旅館

温泉地でもあるので、ゆっくり宿泊してみたいと考えている人向けに、万座温泉スキー場周辺の宿泊施設を紹介します。

目の前がゲレンデ。万座プリンスホテル

ゲレンデの目の前に位置するのが万座プリンスホテルです。メリットはなんといってもアクセスの良さでしょう。疲れたら一度ホテルに戻る、なんてこともできます。リフト券付きのお得なプランもあるので、スキーを思う存分に楽しみたいという人にはおすすめです。

8種類の露天風呂を満喫。万座高原ホテル

こちらもプリンスホテルの系列で、ゲレンデのすぐそばに位置しています。万座高原ホテルの特徴は、温泉の豊富さです。8つの浴槽からなる露天風呂は、スキーで疲れた体を癒してくれるに間違いありません。

万座温泉は、日本最高所の温泉で『星に一番近い温泉』としても有名で、そんな温泉で夜空を見上げながら、ゆっくりとリラックスした時間を過ごすことができます。

  • 住所:群馬県吾妻郡嬬恋村万座温泉
  • 電話番号:0279-97-1111
  • 公式はこちら:万座高原ホテル

白濁湯温泉でほっと一息。万座亭

温泉は、1日540万リットルもの豊かな湯量と80度の高温で癒しを与えてくれます。

どこかモダンな雰囲気を感じる自然を眺めるログ露天風呂は、朝日山を望める開放的な露天風呂なので、夜だけでなく、朝も景色とともに楽しんでみてください。また、内湯はヒバの木(ヒノキ科の樹木)を組んで造られており、温かみの溢れる空間です。

客室は、半露天風呂付きの特別室をはじめ、さまざまなタイプの和室があります。それぞれのニーズに応じて、しっかり身も心も休まる客室を選ぶことができます。

  • 住所:群馬県吾妻郡嬬恋村干俣万座温泉2401
  • 電話番号:0279-97-3133
  • 公式はこちら:白鐵の湯 万座亭

まとめ

万座温泉スキー場に関する情報をまとめて紹介しました。お得なリフト券の割引情報はもちろん、宿泊施設の情報も参考に、ぜひ冬の思い出作りに万座温泉スキー場へ足を運んでみてください。