手ぶらで行ってレンタル滑りを楽しむ万座温泉スキー場

万座温泉スキー場はさらさらとしたパウダースノーを楽しめるだけでなく、名前のとおり万座温泉とスキーの両方を楽しめるスキー場として人気も高いです。今回は手ぶらで楽しみたい人が利用するのにうれしいレンタルの種類や料金をはじめ、コース紹介やリフト料金などの基本情報も併せてご紹介していきます。

子どもから非圧雪を楽しみたい上級者まで!人気のコースを紹介

まずはビギナーから上級者まで楽しめる万座温泉スキー場のコースをご紹介します。

・初級コース
どうぶつの森コース:
【全長】 1,200m
【最大斜度】 13度
【特徴】 スキー場最長のコースは傾斜も緩やかで、子どもも楽しめる動物の看板が見どころのイベントコースです。

パノラマゲレンデ:
【全長】500m
【最大斜度】 12度
【特徴】 浅間山の美しい眺めを望めるパノラマコース。幅も広いのでゆったりと滑れます。

プリンスゲレンデ:
【全長】 330m
【最大斜度】 21度
【特徴】 プリンスホテルの前に広がるメインゲレンデで、ナイターでも滑ることができるコースです。

・中級者コース
万座山ゲレンデ:
【全長】 800m
【最大斜度】 32度
【特徴】 一部非圧雪ゾーンアリ、急斜面アリと中級者向けですがさまざまな楽しみ方ができます。

万座山林間コース:
【全長】 500m
【最大斜度】 27度
【特徴】 万座山リフトの頂上から林の間を抜けてくるコースで、新雪後はパウダースノーを満喫できるコースです。

しゃくなげコース:
【全長】 300m
【最大斜度】 27度
【特徴】 斜面の変化の種類が多く、楽しみ方も幅広い中級コース。

・上級コース

エキスパートコース:
【全長】 400m
【最大斜度】 29度
【特徴】 上級者向けのゲレンデですが、午前と午後でコブの有無が変わることもあり楽しみ方の幅も広いコースです。

チャレンジコース:
【全長】 270m
【最大斜度】 27度
【特徴】 非圧雪ゾーンになっているので、パウダー好きな上級者にはもってこい。

黒湯コース上級:
【全長】 680m
【最大斜度】 28度
【特徴】 バリエーションに富んだ斜面が魅力の上級者向けコースです。

これ以外にも期間限定ですがキッカーやバンク、スパインなどが用意されたミニミニパークも存在しています。

1回券からナイターまで。万座温泉スキー場のリフト料金をチェック!

リフト料金は1回券や1日券、ナイター券など5種類のものがあり、それぞれ以下になります。(小学生以下は無料でリフトを利用可能です)

【大人(中学生以上)】 4,600円 / 日、3,900円 / 4時間、1,800円 / ナイター券、500円 / 1回券、8,000円 / 2日券
【シニア(55歳以上)】 4,100円 / 日、3,400円 / 4時間、1,800円 / ナイター券、500円 / 1回券、7,000円 / 2日券
・年末年始のみ別料金設定あり

万座温泉スキー場にはシーズン券は存在していないので、その都度上記のリフト料金を払う必要があります。

手ぶらもOK!万座温泉スキー場で利用できるレンタルの料金は?

万座温泉スキー場でレンタルできる主なものと料金は以下のとおりです。

スキー / ボード / ショートスキーセット 【大人】 4,000円 / 日、3,000円 / 4時間、7,000円 / 2日、2,500円 / ナイター
【子ども(小学生以下)】 1,000円 / 日、4時間、2,000円 / 2日、1,000円 / ナイター
【シニア(55歳以上)】 3,000円 / 日、2,000円 / 4時間、5,000円 / 2日、1,500円 / ナイター

ウエア上下セット   【大人】 4,000円 / 日、3,000円 / 4時間、7,000円 / 2日、2,500円 / ナイター
【子ども(小学生以下)】 3,000円 / 日、2,000円 / 4時間、5,000円 / 2日、1,500円 / ナイター
【シニア(55歳以上)】 3,000円 / 日、2,000円 / 4時間、5,000円 / 2日、1,500円 / ナイター
ヘルメット   【全年齢】 500円 / 日、300円 / 4時間、800円 / 2日、300円 / ナイター

【単品】
【大人】 3,000円 / スキーorスノーボード、2,000円 / ブーツ、600円 / ストック
【子ども(小学生以下)】 1,000円 / スキーorスノーボード、ブーツ、ストック
【シニア(55歳以上)】 2,000円 / スキーorスノーボード、1,000円 / ブーツ、500円 / ストック

万座温泉スキー場では、子どものスキーやスノーボードレンタルは「ガチャピン・ムックデザイン」のものガレンタルできます。
また、グローブやゴーグルなどはレンタル品にはないため、必要な場合はスキーセンター内のゲレスポで購入可能です。

キッズからグループ、プライベートレッスンまで。スクールを利用して上達を目指そう!

万座温泉スキー場ではスクールは1校のみしかありませんが、スキーやスノボを問わずレッスンを受けることが可能です。

【インターアルペン万座スキースクール】
楽しみながら上達できるレッスンを受けられるので、ビギナーから上級者まで幅広い人におすすめです。
受付時間:8:45~9:40、12:45~13:15(バッジテストや各種検定などは8:45~9:30の間に受付)
レッスン時間:2時間 / 4時間
料金:
【キッズレッスン(小学1年生~)】 5,000円 / 2時間、7,000円 / 4時間
【キッズマンツーマンレッスン(要予約、4歳~小学生未満)】11,000円 / 2時間、19,000円 / 4時間
【グループレッスン(スキー / スノーボード)】 4,500円 / 2時間、6,500円 / 4時間
【プライベートレッスン(スキー / スノーボード、要予約、3名まで)】 16,000円 / 2時間、30,000円 / 4時間
【プライベートレッスン(スキー / スノーボード、要予約、4~5名)】 17,000円 / 2時間、32,000円 / 4時間
【時間外カスタマイズレッスン(要予約、1名)】 5,000円 / 1時間(2人以上の場合、1人増えるごとに2,000円)
【スノーボードキッズマンツーマンレッスン(要予約、4歳~小学6年生)】 11,000円 / 2時間、19,000円 / 4時間

この他SAJバッジデスト(スキー、スノボ各1~5級)、スキージュニア検定、スキークラウン・テクニカルプライズテストも実施しています。

万座温泉スキー場のレンタルに対する口コミや評価はどうなっている?

ゲレンデに行く前に口コミが気になるという人もいることでしょう。ここからは万座温泉スキー場のレンタルに関する口コミを見ていきます。

1日リフト券はCVSの早割で4,300円のところ3,300円でゲットできました。そしてレンタルもシニア料金で4,000円のが3,000円に。

出典:その蜩の塒 / gooブログ

万座温泉スキー場では55歳以上からシニア料金でレンタルできるので、お得感アリです。

万座温泉スキー場にライブカメラはある?雪質の確認方法は?

万座温泉スキー場には雪質を確認できるようなライブカメラは残念ながらありません。しかし公式ページに表示されているFacebookで動画が見られることもあり、そこで雪質も確認できます。

公式はこちら:万座スキー場

万座温泉スキー場へのアクセス方法は?駐車場の広さや料金は?

万座温泉スキー場へのアクセス方法は車かバスがあり、詳細は以下になります。

【車】 上信越自動車道碓氷軽井沢ICより鬼押ハイウェー・万座ハイウェー(共に有料道路)経由で22㎞
【電車・バス】 吾妻線万座・鹿沢口駅から万座温泉行き路線バスで約50分
【駐車場台数】 400台
【駐車場料金】 無料

バスは北陸新幹線の軽井沢駅から路線バスが出ていて、こちらを利用することも可能です。

万座温泉スキー場を訪れる前に基本情報をチェック!

【基本情報】
住所:群馬県吾妻郡嬬恋村干俣2401
電話:0279-97-3117
料金:
【大人(中学生以上)】 4,600円 / 日、3,900円 / 4時間、1,800円 / ナイター券、500円 / 1回券、8,000円 / 2日券
【シニア(55歳以上)】 4,100円 / 日、3,400円 / 4時間、1,800円 / ナイター券、500円 / 1回券、7,000円 / 2日券
営業期間:12月13日~3月31日まで(予定)
営業時間:【平日】 8:30~16:30 / 【土休日】 8:00~17:00
公式はこちら:万座温泉スキー場

パウダースノーにスクールも魅力的

今回は温泉も魅力とされる万座温泉スキー場を手ぶらでも楽しむためのレンタルに関する情報や、コースなどの基本情報を合わせてご紹介しました。
パウダースノーも楽しめるのはもちろん、スキー、スノボと問わずスクールで教わることもできますし、万座プリンスホテル、万座高原ホテルとゲレンデの付近に宿泊施設も充実しているので、泊りがけがおすすめです。

万座温泉スキー場について以下の記事で基本的な情報をまとめています。気になる方はチェックしてみてください。
万座温泉スキー場のリフト券とシーズン券情報。周辺のホテルも紹介