バートン Photon Boa® Snowboard Boot Black

中上級者におすすめ

経験者がよく使用しているブーツの特徴としては主に、重量があって耐寒性の高いもの、アウターがハードタイプであることが挙げられます。ハードタイプは扱いが難しい反面、慣れると板に力が伝わりやすく、それによってジャンプやターンのキレが増すという経験者向けのメリットがあります。このブーツは比較的重量があり、かつハードタイプという特徴があるため、経験者におすすめのブーツとなっています。また、初心者はバートンが展開した、新システム「ステップオン」の利用がおすすめです。ブーツとボードとの着脱が非常に簡単でストレスを与えません。

ダイアル式による利便性の向上

ダイヤルを回すだけで、履き心地やフィット感を調節できるボアシステムが搭載されています。従来のレースがダイアルに変わったことでさらに便利なものとなりました。一方で足首の部分が緩いと感じた時に、ピンポイントで締めることができなかったり、ボアシステムが壊れてしまうと、全く使い物にならなくなってしまう、ということがあるので注意が必要です。

ライナーはRadパッドやTuffカフを使用し、快適性を重視

インナー部分は取り外しが可能です。Photon Boa® Snowboard Boot Blackのライナーには、足の甲部分にカーブ状のパネルを配置することで、足への負荷を軽減したRadパッド、足首の若干高い位置を包み込んで、足からブーツへの反応を向上させるフォーカスカフ、ブーツ内の悪臭を防ぐAegi™抗菌コーティングなどが採用されています。またこのライナーには、DRYRIDE Heat Cycle™Liningという透湿性に優れたテクノロジーが搭載されており、熱を奪い去る湿気を逃がしながら足を温かな状態に保つことで、1日中快適さをキープします。

スノーボードブーツにおいて、足とのフィット感は何よりも重視すべき点です。このライナーに採用されているトータルコンフォート構造は、履き始めから自分の足に合うフィット感を実現しています。これによってブーツと足のミスマッチを防ぎ、快適なライディングを保証しています。

ライダーが動きやすい構造

Photon Boa® Snowboard Boot Blackには、ライダーの動きやすさへの工夫がなされています。まず靴底のラバーアイススパイクは、氷にしっかり食い込むほどの固さで補強されていることにより、ボードを取り外して降りる際、氷で滑りやすくなっているところを安心して歩くことができます。また足形小型化テクノロジーでブーツのアウター部分を従来のものよりも小型化し、足のサイズに極限に近づけることによって、フィット感が向上し動きやすい快適な環境を実現しています。そのため、中上級者でグラトリのようなトリッキーな技をする方におすすめです。

Photon Boa® Snowboard Boot Blackの基本情報

 

商品名 Photon Boa® Snowboard Boot Black
ブランド バートン
カテゴリ スノーギア > ブーツ
型番
発売時期 2015年
サイズ 25/ 25.5/ 26/ 26.5/ 27/ 27.5/ 28/ 28.5/ 29/ 29.5/ 30/ 31