バートン SLX Snowboard Boot

中上級者におすすめ

経験者がよく使用しているブーツの特徴としては主に、重量はあるが耐寒性の高いもの、アウターがハードタイプであることが挙げられます。ハードタイプは扱いが難しい反面、慣れると板に力が伝わりやすく、それによってジャンプやターンのキレが増すという経験者向けのメリットがあります。SLX Snowboard Bootは比較的重量があり、かつハードタイプという特徴があるため、経験者におすすのブーツとなっています。

丈夫なNew England Ropesのロープを採用

ブーツの側面にある取っ手を引っ張るだけで、引き締めと調節ができるので便利です。またこのタイプのブーツは、ロープが破損すると自分で修理ができないという難点があります。しかしSLX Snowboard Bootには、スタントマンや消防士、レスキュー隊が使用しているものと同一の、非常に丈夫なNew England Ropesのロープを採用しているため、破損の心配がほとんどありません。

デザインにこだわりたい人におすすめ

新たに採用されたドラゴンスキンシェル素材はクールなルックスが特徴的です。ブーツのデザインにこだわりたい人におすすめです。またこの素材はデザイン性だけでなく、摩耗や擦り切れに対する頑丈なアーマー、すなわち防護具としての役割をはたします。

ライナーはRadパッドやTuffカフを使用し、快適性を重視

インナー部分は取り外しが可能です。SLX Snowboard Bootのライナーには、足の甲部分にカーブ状のパネルを配置することで、足への負荷を軽減したRadパッド、足首のホールド感を高めたTuffカフ、ブーツ内の悪臭を防ぐAegi™抗菌コーティングなどが採用されています。またこのライナーには、DRYRIDE Heat Cycle™ Liningという透湿性に優れたテクノロジーが搭載されており、熱を奪い去る湿気を逃がしながら足を温かな状態に保つことで、1日中快適さをキープします。

スノーボードブーツにおいて、足とのフィット感は何よりも重視すべき点です。このライナーに採用されているトータルコンフォート構造は、履き始めから自分の足に合うフィット感を実現しています。これによってブーツと足のミスマッチを防ぎ、快適なライディングを保証しています。

SLX Snowboard Bootの基本情報

商品名 SLX Snowboard Boot
ブランド バートン
カテゴリ スノーギア > ブーツ
型番
発売時期
サイズ 25/ 25.5/ 26/ 26.5/ 27/ 27.5/ 28/ 28.5/ 29/ 29.5/ 30