バートン Burton Nug Snowboard 142

パークで思う存分トリックを決めたい人におすすめ

グラトリでレベルの高いパフォーマンスをしたい、今までにない操作性を味わいたいという人にオススメです。このボードは、シェイプを最適化しているので通常のボードより8〜10cm短いものを選ぶのがベストです。長いボードに引けを取らない安定性を持ちながら、今までにないクイックな操作性を実現します。この操作性が、さらなる高いレベルのボードコントロール、スピンを可能にしてくれます。

最高のパフォーマンスを実現する形状

Burton Nug Snowboardはシェイプや有効エッジ、フレックスなどを調整・最適化することで、通常のボードよりも8~10cm短いものが適正サイズになっています。短いことによりグラトリ向きの高い操作性を持ち、かつ最適化した形は安定性にも優れています。

ボトムラインはFlying Vという形になっています。ダブルキャンバーとも呼ばれ、横から見ると足の置く位置がМ状で、ノーズとテールの部分はロッカーに近い形状です。ロッカーの操作性と浮遊感、キャンバーの安定性やエッジコントロールを持つのが特徴です。軽い乗り心地でトリックを決めやすく、ターン時にはエッジがしっかりとかかり、パワフルなカービングが可能になります。

ノーズとテールの形が同じツインチップです。このボードはノーズとテールの硬さも同じに設計されているので、レギュラースタンスでもスイッチスタンスでも同じ乗り心地を提供します。バランスの取れたシェイプと動作性が、ジャンプやグラトリに適しています。

ビンディングの裏側のエッジが少し膨らんだ形状です。エッジの引っ掛かりを軽減して自由な滑りを可能にし、一方で必要な時には確かなホールド力を持つ、フリーライドを存分に楽しむ機能です。

ノーズとテールの面が長く、スプーン状になっています。これにより、エッジの引っ掛かりを気にしないライディングと浮力を生み出します。

トリックを支える強度と軽量さ

トライアックス社製のファイバーグラスを使用しており、柔軟性の高いボードに仕上がっています。それによりあらゆる地形に対して優れた適応力を持っています。コアは、硬いウッドと柔らかいウッドを交互に重ねた構造になっています。パークで遊ぶのに適したボード強度や弾力性を向上させつつ、軽量化にも成功しています。

Burton Nug Snowboard 142の基本情報

商品名 Burton Nug Snowboard 142
ブランド バートン
カテゴリ スノーギア > ボード
型番
発売時期 2015年
サイズ 142cm