素早く安くスムーズに!スタッドレスタイヤに交換して楽しい雪山へ!

ウィンタースポーツは冬の家族イベントの一つですよね。ところで皆さんは冬用タイヤへの交換はスムーズにできていますか?タイヤは高い買い物です。家計を考えて少しでも出費を抑えるために、スタッドレスタイヤも賢く手に入れる事をおすすめします!今回は、安く済ませるためのスムーズかつ安いファミリーカー用スタッドレスの入手方法をご紹介します。

雪山用タイヤの履き替えは早いほどお得!

出典:photo AC

スタッドレスタイヤを安い価格で手に入れる方法や、取り換えの予約を取るメリットをご紹介します。

北国では早めの交換を!北海道は9月から?

積雪地域にお住まいの方は、早めのスタッドレスへの交換が理想です。お店によっては「早割」を実施しているところもあり、作業もスムーズに終わるからです。交換のタイミングを逃すと予約がなかなか取れず、その間に雪で危ない目にあうかもしれません。冬のレジャーへも行けなくなる可能性もあります。北海道では9月からスタッドレスへの履き替えが始まり、10月から11月が交換のピークにあたり、予約も取りづらくなります。それでは、せっかく冬なのにウィンタースポーツへ行くこともできなくなってしまうでしょう。

工賃を安く抑えるには?タイヤショップの工賃比較

少しでもスタッドレスタイヤの交換費用を安く抑えたい人のために、タイヤショップやカー用品店、通販サイトでの交換+タイヤ処理費用を比較してみました!

  • オートバックス 6,000円
  • イエローハット 6,000円
  • Amazon 8,400円

オートバックスとイエローハットが一番安い結果になりましたが、これはあくまで「店舗でタイヤを購入した場合」の金額。タイヤの交換と処理だけを頼んだ場合は1万円以上はするでしょう。
その点Amazonは、タイヤを買わずとも上記金額でタイヤ交換を受けられます(ただしタイヤ処理はありません)。タイヤをすでに所持しているなら、Amazonに交換サービスだけを依頼すれば安く済む場合があります。

安いタイヤはネットで!ホイールセットがおすすめ

購入する際はタイヤ単品で購入するのでなく、セットで購入するのがおすすめです。その理由は以下の3点があります。

  • ホイール付きは4本単品で買うより安い価格になる
  • タイヤに合うホイールを探す手間が省ける
  • ホイールの付け替え工賃が不要

以上のように、お金・時間・手間を無駄に浪費しなくて済むのがホイールセットの良いところ。セットで購入する場合は、タイヤショップで探してもいいのですが、通販サイトで探した方が品揃えもよく、割安で手に入れることができます。

ホンダフィットのリーズナブルなスタッドレス

出典:Pixabay

ホンダフィットに合う、高性能で安いスタッドレスをご紹介します。

ホンダフィットとはどんな車?

フィットは2001年にホンダから発売された、男女ともに人気のコンパクトカーです。丸っとしたデザインは、可愛らしさと凛々しさがうまくマッチしています。燃費が非常によく、小回りが利いて街乗りにとても便利なので、ファミリーカーとしてもよく選ばれています。2017年に行われたマイナーチェンジで、車体の強度と静粛性が更にアップ!また、安全装備「ホンダセンシング」も装備されたことで安全面も上がったので、運転に自信がない人でも選びやすくなりました。新しいモデルも登場しましたね。

グリップが効く「グッドイヤー アイスナビZEA2」

氷上でのブレーキングに優れたスタッドレスです。時速30㎞でアイスバーンを走行した場合、36m前後で停止することができます(従来の商品だと40m以上でした)。タイヤの表面には、コーナリングでのグリップ力を上げる「コーナーグリップサイプ」というトレッドが組み込まれています。小回りが必要な道を走ることを想定したフィットとの相性は抜群のタイヤです。

トヨタヴィッツのお得なスタッドレス

出典:Pixabay

トヨタヴィッツにピッタリなスタッドレスをご紹介します!

ヴィッツとはどんな車?

ヴィッツはトヨタが開発したコンパクトカー。フィットやアクアなど他のコンパクトカーに比べて小柄で排気量も少ない設計になっています。おかげで燃費も良く操舵性も高いですが、小さいために揺れやすく急発進できないのが難点です。しかしヴィッツの4WDなら、滑りやすい道でもホイールスピンしにくく、進路方向がぶれにくいので、雪道でも比較的まっすぐ走ることができます。ボタン一つで前輪駆動と4WDを切り替えられるので、シーンに合わせてタイヤの動きを使い分けるといいですよ。ただし4WDは燃費も多少落ちますし、慣れていない人には不向きともいえます。
またヴィッツは後継車「ヤリス」として生まれ変わりました。今後、トヨタのコンパクトカーの期待は一層高まることでしょう。

制動力に優れた「ヨコハマ アイスガードIG50+」

ヨコハマタイヤの「アイスガード5プラス IG50+」は、発熱しにくく、低温でも硬くなりにくいのが特徴です。良好な状態を維持できるので、走行時に無駄なエネルギーを消費せずにすみます。おかげで燃費効率も長期での使用にも向いています。車重も排気量も小さいヴィッツは、元々コスパの良い車。このタイヤとの組み合わせは、まさに鬼に金棒といえます。

まとめ

出典:Pixabay

以上、スムーズかつ安くスタッドレスタイヤに履き替える方法と、人気のコンパクトカーに相性ピッタリのスタッドレスでした。雪国ではスタッドレスの交換ラッシュが、割と早い時期から訪れます。交換のために早めに動き出せば、自分の車に合ったタイヤを慎重に選ぶこともできます。そしてタイヤを購入したら、購入した店舗で交換すると安くなるので、まとめてお任せ、がおすすめ。店舗に目当てのタイヤがなければネット通販をチェックするのもいいでしょう。
より安くスタッドレスを購入するには、「ホイールセット」を選ぶのも手です。ホイールがあらかじめついていれば、余計な手間やお金をかけずに済みますね。場合によっては、取り付け作業などが加わってくるホイール無しタイヤの方が圧倒的に高くつくこともあるでしょう。早い時期からのタイヤ交換を検討し、安くて性能の良いタイヤを手に入れ、さあ、いざ家族を乗せてウィンタースポーツへ出かけましょう!