ケガ予防&防寒に役立つ!かっこいいスノボのケツパット10選

スノボの練習には転倒がつきもの。特に初心者は何度も雪の上で転びますし、上級者であっても転倒は避けられません。

そんな転倒時の衝撃を和らげてくれるアイテムが、スノボのケツパット(ヒッププロテクター)です。スノボ初心者も上級者も身に着けておきたい、おすすめのケツパットをご紹介します。

スノボのケツパットにはどんな役割がある?

出典:pixabay

スノボの基本の転び方は、お尻から転ぶこと。体の安全を守るためには、自然とお尻から転ぶ回数が多くなります。何回も繰り返し尻もちをついていると、しだいにお尻が痛くなってしまうことがありますよね。

ケツパットを着用していると、このようなスノボの転倒の衝撃を和らげて、痛みを減らせるようになります。転倒することの多い初心者はもちろん、スピードを出して滑る上級者も身に着けておきたいアイテムといえるでしょう。

また、ケツパットには防寒の役割もあります。ゲレンデでは、冷たい場所に座って休憩する機会が多く、また10分以上リフトに乗ることもあります。お尻から体が冷えやすくなりますが、ケツパットを着用すれば冷たさから体を守れるのです。

ケツパットは必要?スノボ上級者の口コミをご紹介!

出典:pixabay

転倒したときに痛いと、コケるのを恐れてスノーボードの練習も腰が引けたりしがちです。ケツパッドがあると、極端な話、転倒した際に雪面との間に座布団があるようなものなので、痛みは多少マシになり、「まぁちょっとぐらいならコケても大丈夫」という気になるかと思います。

出典:ヤスカズ ラボ

リフトはゲレンデの麓から斜面の上部まで移動するときに乗ります。時間にしてだいたい10分から15分程度のものが多いです。10分、15分間、冷たいベンチに座って体を動かさずに待つのですから体が冷えますね。ケツパットをしていると雪からの寒さや、リフトのベンチからの寒さをシャットアウトしてくれます。

出典:スノボ経験0ウェルカム!!A級スノボインストラクターを1日レンタルしてみませんか?

ぼくが初めて、お尻のプロテクターをつけていた時、一緒に滑っていた友達に「え、オムツでもつけてるの?!」と、バカにされました(怒)。でも、プロテクター着けないでスノーボードするのは、シートベルトしないで車を運転するのと同じぐらい危ないです。「もし、なんかあった時に」の被害の大きさがかなり変わってきます。

出典:ようへいスタイル

一見すると、初心者向けのアイテムに見えるケツパットですが、どうやらスノボ上級者たちも身につけているようです。その理由は、スノボに慣れてスピードを出せる分、大ケガをするリスクが高まるからです。

スノボのことをよく知っている上級者だからこそ、プロテクターを着用しない危険性を理解しているのかもしれません。

また、ケツパットがあるからこそ、練習中の恐怖心を抑えられるという意見もありました。尻もちをつく痛みがあると「また転ぶかもしれない……」という不安が生まれます。転倒したときの痛みを和らげてくれるケツパットは、スノボの上達を目指すうえでメンタル面でも役立ってくれるようです。

スノボ初心者から上級者まで使えるケツパット10選

出典:pixabay

ここからは、スノボ初心者から上級者まで使えるおすすめのケツパットを10個ご紹介していきます。

ケツパットを選ぶときは、体をしっかりと守ってくれる機能性と、ウェアをかっこよく着こなせるデザイン性を見て、商品を比較検討してみましょう!

最大3層のプロテクション力で体をガード!

ノースピーク トリプルレイヤー ショート ヒッププロテクター NP-1150

ブルーのラインが入ったすっきりとしたデザイン。最大3層という厚みのあるプロテクターが、体を衝撃からしっかりと守ってくれます。

伸縮性と速乾性に優れた素材で、快適にスノボを楽しめます。

独自の分割構造で衝撃を効率よく分散!

VAXPOT(バックスポット) ヒッププロテクター ロングタイプ VA-3008

シルエットがスリムで目立たない、ロングタイプのヒッププロテクターです。独自の分割構造のパッドが、激しい衝撃を効率よく分散。

パッド素材には、特殊素材のNBRフォームが使用されています。

体にフィットする薄型のクールなモデル

Burton(バートン) アンダーウェア10288102002

まるで装着していることを忘れるようなフィット感が特徴です。ボクサーショーツスタイルで、ウェアをクールに着こなせます。

プロテクター部分は衝撃を受けると硬化する特殊な素材でできています。

衝撃吸収率90%!日本人の体型にマッチするサイズ感

eb’s (エビス) プロテクター SLIM PROTECT-PORON XRD

パッドの素材には衝撃吸収率90%の『PORON(R) XRD(R)』を使用。日本人の体型にマッチするサイズ感で、着心地の良さが実現されています。

かさばらず細身のウェアを着こなせます。

初心者でも安心!リーズナブルで実用性十分なアイテム

プロックス 低反発ヒップガード PX388KG

エンボス加工された低反発クッションによる、肉厚な3層構造が特徴です。パット部分がずれにくく、実用性も十分。

リーズナブルで初心者の方にもおすすめします。

初めての1着にもおすすめのシンプルなプロテクター

SLQ プロテクター インナーショートパンツ 6SL131102-01

まずはケツパットを使ってみたいという方のニーズにマッチする1着。

シンプルながら伸縮性と安定性があり、保温や速乾の機能も優れているため、ゲレンデで快適に過ごせます。

メッシュ加工でムレにくい!低価格で高機能を実現

ウミネコ ヒッププロテクター

衝撃を吸収する特殊素材のEVAが、転倒の衝撃をすみやかに分散。全体はメッシュ加工でムレにくく、フィット感にも優れています。

低価格で高い機能性が実現された1着です。

ゲレンデの低温に対応した特殊素材で快適に着用可能

A.R.K(エーアールケー) ヒッププロテクター AR2504

パッド素材には、低温のゲレンデでも硬くならないPF-04 FOAMを使用。さらには透湿性が高くムレを防ぐ3D AIR MESHが、快適な着用をサポートします。

上級者にもおすすめのモデルです。

機能性とデザインにこだわった上級者向けデザイン

雪板YOROI ヨロイ POWER SHORT PANTS YR811

独自のYOROIパーフェクトガードシステム・エアリーパッドが、体をしっかりとガードしながらも通気性と超軽量化を叶えます。

まるで武士の鎧のようなデザインで、おしゃれにこだわる上級者も満足できる仕様です。

プロテクター専門ブランド発!高機能で動きやすい逸品

鎧武者(ヨロイムシャ) ヒッププロテクター ショートタイプ YM-1741

衝撃を受けたときに硬化する特殊素材を使用。伸縮性や通気性に優れて、アクティブに動けるのに、体をしっかりとガードしてくれます。

プロテクター専門ブランドによる、上級者にもおすすめの商品です。

2019年のケツパットのトレンドは?

出典:pixabay

ウェアの中に身につけるケツパットは、例年トレンドに目立った変化はなく、2019年モデルも全体的にシンプルなデザインが多くなります。ただし、細身のウェアをかっこよく着こなすために、薄型のプロテクターに人気が集まっているようです。

ケツパットに厚みがあると、見た目や動きやすさに影響が出てきます。各メーカーが特殊素材を使用し、薄手でもしっかりと衝撃を吸収してくれる商品を展開しているため、クールな着こなしを意識して選んでみてください。

上級者向けのアイテムの中には、デザインにこだわりを感じられる商品もあります。あくまでインナーであるため人から見られることはありませんが、見えないところまでこだわりたい方は、あえて上級者向けをチョイスしてみてはいかがでしょうか?

まとめ

スノボで転倒したときの衝撃を和らげ、ゲレンデでの防寒にも役立つケツパットについてご紹介しました。

機能性も大切ですが、ウェアをかっこよく着こなせるかどうかもポイントです。スノボの上達を目指すためにも、練習時にはケツパットを忘れずに用意しておきましょう。