TAG 長野県

白馬五竜スキー場

白馬五竜スキー場は長野県の白馬・小谷に位置するスキー場・ゲレンデです。白馬五竜スキー場は林間の近くに位置しているスキー場・ゲレンデとなっているため、スキー場・ゲレンデを楽しむだけでなく、林間の地理を活かして様々な自然体験を楽しむことができます。

エコーバレースキー場

長野県に位置する「エコーバレースキー場」は、初心者専用のスローエリア等上級者から、初心者まで楽しめるバーンが10コースあります。標高が高く雪質も最高です。

最大標高1850m、ベース標高1450m。コース数は9本で、最大斜度35度、最長滑走距離は2500m。スキースノボーの利用比率は5:5となっており、スキーヤー・スノーボーダーがバランスよく利用しています。

小海リエックス・スキーバレー

長野県に位置する「小海エリック・スキーバレー」は上級者も納得の最長2.5kmのダウンヒルコースを持つ本格スキー場です。源泉かけ流し天然温泉付きの高原リゾートホテルでの滞在も魅力的。オリジナルスイーツや本格コース料理など多彩な食事メニューを楽しめるこだわりのレストランは、ちょっと贅沢なスノーライフを満喫できます。

ブランシュたかやまスキーリゾート

「ブランシュたかやまスキーリゾート」は、子ども向け設備やイベントが充実しているファミリーにおすすめの長野県のスキー場です。大規模なキッズパークや餅つきなどのイベント、キッズスクールや託児所まで完備されています。

最大標高1800m、ベース標高1350m。コース数は10本で、最大斜度30度、最長滑走距離は3700m。

白馬岩岳スノーフィールド

「白馬岩岳スノーフィールド」は、イベントや施設が充実している長野県のスキー場です。
キッズ向けの宝探しイベントや、カップル向けのバレンタインデーイベント、フォトコンテストが随時行われています。「LOVE SNOW PARK」は、16個の豊富なアイテムが揃っており、若者を中心に人気のスノーパークです。また、ゲレンデではスノーシューやクロスカントリーも楽しむことが可能です。遊んだ後は、天然温泉「岩岳の湯」で、一日の疲れを流しましょう。

最大標高1289m、ベース標高750m。コース数は19本で、最大斜度35度、最長滑走距離は3800m。スキースノボーの利用比率は3:7となっており、スノーボーダーが多く利用しています。

白樺湖ロイヤルヒル

「白樺湖ロイヤルヒル」は、晴天率80%でコンディション抜群の長野県のスキー場です。ナイターも毎日営業しており、1日中スキー・スノボーを満喫することができます。ハーフパイプやパノラマパークなど、スノーパークも充実しています。

最大標高1750m、ベース標高1450m。コース数は10本で、最大斜度26度、最長滑走距離は1800m。スキースノボーの利用比率は4:6となっており、スノーボーダーが多く利用しています。

富士見パノラマリゾート

「富士見パノラマリゾート」は、ゲレンデに恋人の聖地認定スポットがある、カップルにおすすめの長野県のスキー場です。恋人の聖地に認定されている八ヶ岳展望台から絶景を望んだり、ハートスロープを二人で仲良く滑走すると二人の中が更に深まります。また、スノーシューを履いて雪原を散歩するアクティビティが人気です。

最大標高1780m、ベース標高1050m。コース数は8本で、最大斜度27°、最長滑走距離は3000m。スキースノボーの利用比率は5:5となっており、スキーヤー・スノーボーダーがバランスよく利用しています。

志賀高原リゾート中央エリア

長野県に位置する「志賀高原リゾート中央エリア」は、壮大なスケールを誇るスキー場です。13のスキー場がひとつになっており、志賀高原のほぼ中央に位置しています。

コースは36本で、スキーヤーとスノーボーダーの比率は、50%:50%です。斜面レベルは初級40%:中級37%:上級23%。ゲレンデ斜面は、非圧雪35%:圧雪60%:コブ5%です。

佐久スキーガーデンパラダ

長野県にある佐久スキーガーデンパラダは、日本で唯一の高速道路に直結しているスキー場です。コースは全部で6本で緩斜面が多く、スキーデビューをするお子さんから、初心者、ファミリーみんなで楽しめます。スキーヤーとスノーボーダーの比率は、70%:30%とスキーヤーの割合が多いです。斜面レベルは、初級40%:中級40%:上級20%で、ゲレンデ斜面は、圧雪95%:コブ5%です。

竜王スキーパーク

「竜王スキーパーク」は長野県に位置するスキー場です。このスキー場は何と言っても、雪質がとてもいいことで知られています。標高1930mに位置し、パウダースノーエリアとして人気を博しています。天候に恵まれた際には、1770m地点の竜王ロープウェイ山頂から、長野市・中野市・飯山市・木島平を見渡すことができ、条件がそろえば雲海も見ることができます。

スキーヤーとスノーボーダーの比率は、30%:70%とスノーボーダーの割合が多いです。斜面レベルは、初級35%:中級40%:上級25%で、ゲレンデ斜面は、非圧雪10%:圧雪90%です。
ゲレンデ上部には「スカイランドエリア」があり、パウダースノー好きにもってこいのコースとなっています。