スキーケースのジュニア用のおすすめとは?サイズ別にご紹介

スキー用品をゲレンデまで運ぶためのアイテムが、スキーケースです。スキーケースは、手持ちのスキー板に合わせたサイズ選びが大事です。ここでは子どものスキー板の選び方からスキーケースの選び方、おすすめ商品までをまとめました。

子どもにぴったりのスキーケースの見つけ方

スキー板などのスキー用品は、ゲレンデまで運ぶのに苦労を要することがあります。そこで活躍するのが、スキーケースです。

運搬するために用いられるスキーケースは、スキー板のサイズに合わせたものを選ぶ必要があります。これは、ジュニア用のスキー板でも同様です。

スキーケースを選ぶ前に、まずは子どもが使うためのジュニア用スキー板の選び方について解説します。

スキー板を先に選ぶ

スキーケースはスキー板などを運ぶためのものなので、スキー板を最初に選ぶことになります。手持ちのスキー板のサイズ次第で、スキーケースの選択肢も変わってきます。

スキー板の正しい選び方

正しいスキー板の選び方をご存知でしょうか?子どものためのスキー板を選ぶときのコツは、大人用と同じように身長・体重を目安にします。

身長からスキー板を選ぶときは、一般的に、身長から5~10cmを引いた数値を長さの目安として考えます。体重で選ぶ場合は、軽めの人は短め、重めの人は長めの板が適しています。

子どもは成長が速く、大人よりもサイズの変動が激しくなります。そのため、上記の目安より多く数字を見積もる必要が出てきます。

身長が110cm以上の子どもは身長と同じ長さまたはマイナス10cm、身長110cm未満の子どもなら身長から10~15cmを引いた数を目安にしてみましょう。

ただし、あまり多く数字を見積もらないように、サイズの上限を身長と同サイズまでに設定しておくのがおすすめです。

120cmまでのおすすめジュニアスキーケース

ジュニア向けスキー板にピッタリのジュニア用スキーケースのおすすめ製品を、紹介します。こちらでは、120cmまでのサイズに対応したスキーケースを取り上げます。

スノーカービングスキーケース110cm

160cmまでのスキー板に対応した、ジュニア用のスキーケースです。全開式のファスナーで板の出し入れがしやすく、持ち運び便利なショルダーベルトも付いています。

マルシンスキーケース110cm

視認性が高い蛍光色が特徴の、110cmまでのスキー板に対応したサイズのスキーケースです。こちらもファスナーがフルオープンでき、スキー板の出し入れが容易な作りになっています。

  • 商品名:マルシンスキーケース110cm
  • ヴィクトリア:商品ページ

防水ナイロン仕様スキーケース120cm

120cmのスキー板を持つ人におすすめのスキーケースは、こちらの製品です。スキー板とストックのみを収納できる巾着型のケースですが、小物を入れられるポケットと宅配便の伝票などを収納できるクリアポケットが付いています。

丈夫で軽量な210デニールの防水ナイロンを両面に使用しており、防水性に優れたケースです。

カラーバリエーションは表地がチェックのスコットブルーとスコットピンク、チェッカー柄のブラックチェックの3色があります。いずれも裏地にビビットカラーの生地を使用し、楽しくスキー板を収納できます。

140cmまでのおすすめジュニアスキーケース

続いて、140cmまでのスキー板を持つ子どものためのおすすめスキーケースを紹介します。

ショートスキー用スキーケース130cm

こちらのスキーケースは、130cm以下のショートスキー板の収納を考えて作られた製品です。しっかりとした大きめのダブルファスナー付きで、内側には汚れ防止加工が施されています。

ショルダーベルトは取り外しが可能、ハンドルが別に付いており、運びやすさも備えています。フルカバータイプのスキーケースなので、スキー板の運搬時の思わぬケガ予防にも効果的です。

クロスタースキーケース140cm

こちらは140cmのスキー板を使うジュニアに適した、おすすめスキーケースです。対応サイズのスキー板とほぼ同じ長さで開けるサイドファスナーが付いているので、スキー板だけではなくスノーボードも収納可能です。

軽量で子どもでも比較的扱いやすく、バックル留めのベルトで肩から下げて運搬ができます。

カラーはブラックとピンクをベースとした個性的なデザインの4色が揃っており、好みによってカラーとデザインを選べるのも魅力です。

150cmのおすすめジュニアスキーケース

最後に、大人用のスキーにはまだちょっと早い、という150cmまでのスキー板を使用するジュニアのための、おすすめスキーケースをピックアップしています。

ニーズのスキーケース

余裕の幅を持ちストックも収納可能な、ジュニアスキーからミッドスキーまで対応する150cmまで対応のスキーケースです。

軽くて丈夫な素材を使っており、ネーム入れも付いています。カラーバリエーションはブルーとピンクの2色あり、男女共に使用できるアイテムです。

デサントのスキーケース

日本のスポーツ用品メーカー『デサント』のスキーケースは、ジュニア用だけではなく大人用のスキー板も収納できる180cmまで対応しています。

サイドファスナーは、途中まで開閉できるタイプです。サイズアジャスターを搭載した上部折り返し型のケースなので、ジュニア用のスキー板の運搬にも便利です。

生地には、防水性と耐久性に優れたターポリンを部分使いしています。ビンディングの部分に入れたクッションは、背負って運ぶときの衝撃を和らげてくれます。

トランスミッションのスキーケース

140cmまでのスキー板に対応したモデルのこちらのスキーケースは、シンプルでビビットなレッドカラーが特徴です。大きく開くファスナーを搭載しており、スキー板の出し入れも簡単です。

まとめ

ジュニア用のスキーケースは、スキー板のサイズにピッタリなスキーケースを選ぶことになります。

ただし、子ども用のスキー板は身長によってサイズが異なるため、スキーケースによっては対応できないこともあります。スキーケース購入の際は、板のサイズを把握した上で、最適なサイズ選びを行いましょう。