男女別人気のスノボ用ネックウォーマー。付け方や有名ブランドも紹介

スノボで防寒アイテムとして使われることが多いのが、ネックウォーマーです。ネックウォーマーと一口に言っても、タイプや素材、機能性はバラエティに富んでいます。そこで、ネックウォーマーの付け方から有名ブランドの製品まで、詳しく紹介します。

スノボ用ネックウォーマーの基礎知識

スノボをする上では、板やウェアなど、いろいろと必要なものがあります。その1つに、ネックウォーマーがあります。

スノボ時にネックウォーマーが必要な理由

ネックウォーマーは、首周りの防寒に使うアイテムで、首の周りに巻いて使用します。なぜスノボのときにネックウォーマーが必要かというと、防寒性を高めるためです。

いうまでもなく、ゲレンデはとても寒い場所です。そして、スノボでの滑走時はスピードが出るため、ただでさえ冷たい空気がより冷たく感じられます。ウェアだけでは首元から冷気が入り込みやすく、体を冷やしてしまうこともあります。

一般的に、首は皮膚が薄く、太い血管がある箇所です。太い血管は皮膚に近い場所にあるので、血液が冷えやすく、冷えた血液が体の中を巡ると全身の冷えにつながります。

首の冷えが原因で起こる全身の冷えを予防するためにも、ネックウォーマーが必要というわけです。

フェイスマスクとの違いとは

ネックウォーマーと同じように首周りを暖められるアイテムに、「フェイスマスク」があります。

フェイスマスクは、主に首から上の顔面をカバーして暖めるためので、一部の製品は首までカバーできるものもあります。息苦しさを感じないように、比較的薄い生地のものが多い傾向があります。

これに対してネックウォーマーは、首に巻いて使うタイプで、あごのあたりまで暖められるタイプもあります。首周りに特化しているので、厚手の生地で保温効果も高いアイテムです。

スノボ用ネックウォーマーの選び方、付け方

スノボ用のネックウォーマーを探してみると、たくさんのアイテムが見つかります。その中からベストなネックウォーマーを見つけるためのポイントを押さえておきましょう。

併せて、タイプ別にネックウォーマーの付け方も解説します。

素材や機能性で選ぼう

言うまでもなく、スノボをするゲレンデは寒い雪山なので、スノボ用のネックウォーマーは、タウンユースで使う一般的なものよりも厳しい環境で使うことを想定して選ぶべきです。そのためには、素材と機能性にこだわることをおすすめします。

ネックウォーマーで使われる素材は、それぞれに異なる機能を持っています。防寒のために使うのであれば、保温性が高いフリースやボア、シルク素材などがおすすめです。

ネックウォーマーで息がしづらくなりそうな不安がある場合は、ニット素材を選ぶといいでしょう。フリースなどの生地と比較して目が粗いので息がしやすく、かつゴーグルの曇りも予防できます。

冷気を入れないようにフィット性を高めたいときは、伸縮性の高いポリエステル素材が適しています。ネックウォーマーの臭いが気になる、清潔に保ちたいなら、抗菌・防臭効果のあるメリノウール素材がいいでしょう。

このように、ネックウォーマーに求める機能に応じて、素材を選ぶのも1つの選び方となります。

スノボ用ネックウォーマーの付け方

ネックウォーマーの基本的な付け方は、頭からすっぽり首にはめるだけです。鼻や口を寒さから守りたいときは、必要に応じて上の部分を伸ばすことができる製品もあります。

一般的なネックウォーマーは伸縮性があり、首にはめるだけでサイズ調整が必要ありません。しかし、スノボをしている間にずれることもあり、長時間の着用には向いていないこともあります。

そこでおすすめが、紐付きタイプのネックウォーマーです。紐を引っ張るだけでサイズ調整ができ、長時間着用しやすいのがポイントです。

ボタンタイプのネックウォーマーもあり、こちらはマフラーの要領で首に巻いた後、ボタンで留めて調整・固定ができます。一般的なタイプや紐付きタイプよりもフィット感が高く、寒さから首を守りやすい特徴があります。

スノボ用ネックウォーマーの有名ブランド

スノボ用ネックウォーマーを探してみると、さまざまなブランドの製品が販売されていることがわかります。そこで、スノボ用ネックウォーマーを販売する、有名ブランドについてまとめました。

男女兼用、シンプルデザイン。purplecow

「purplecow」は、ニュージーランドの「ワナカ」にある、バックパッカーやスノーボーダーが集まるスポットから名付けられたスノボ用品ブランドです。

こちらのブランドのネックウォーマーはシンプルなデザインのものが多く、男女兼用なので幅広い人が着用できます。

アウトドアブランド。THE NORTH FACE

アメリカ・カリフォルニア生まれのアウトドアブランドとして、高い知名度を持つ「NORTH FACE」では、スノースポーツで便利に使用できるアイテムが多数販売されています。

男女兼用のスノボ用ネックウォーマーのほか、グローブやキャップなど、ゲレンデでの防寒に役立つアイテムを同ブランドで揃えやすいもの、こちらのブランドの特徴でしょう。

オシャレな商品が多い。north peak

スノボ用のプロテクター製造からスタートしたブランド「north peak」は、スノボ用のさまざまなアクセサリーを取り扱っています。ネックウォーマーも、バラエティ豊かなラインナップが取り揃えられています。

シンプルなデザインのものから個性的でオシャレなデザインまで、好みによって選べるのが魅力です。ネックウォーマーで個性を出したい人に、おすすめのブランドです。

リーズナブルなのに暖かい。ユニクロ

発熱・保温機能を備えた機能性素材「ヒートテック」を中心に、幅広い防寒着や肌着を販売する日本のアパレルブランド「ユニクロ」では、ヒートテックを用いたネックウォーマーを販売しています。

高い機能性で評判を得ているヒートテックフリースを使用したネックウォーマーは、リーズナブルながら暖かいと評判です。

男女兼用の製品に加え、キッズ向けネックウォーマーも揃っています。

人気のスノボ用ネックウォーマー メンズ

前項目で紹介した人気ブランドのアイテムを中心に、人気のスノボ用ネックウォーマーを紹介します。

軽量フリース素材。Purplecow FLEECE NECKWARMER

Purplecowのフリース製ネックウォーマーは、軽量で伸縮性のある素材で、ゴワつくことなく暖かさをキープしてくれます。ドローコート付きでサイズ調整ができ、スノボだけではなくタウンユースとしても活躍します。

カラーはネイビーやブラックなどの定番カラーが全6色揃います。

伸縮性抜群。THE NORTH FACE MICRO STRETCH NECK GAITER

NORTH FACEのネックウォーマーは、高い保温性能を持つ「Thermolite」を採用し、薄手の生地ながら首周りをしっかり保温します。伸縮性が高いことに加え、動きを妨げないように後部を短くしたデザインで、長時間快適に着用できます。

フリース、ニット素材。north peak NP-6100

こちらのネックウォーマーは、表面にニット、裏面にフリースを採用しています。保温性の高い裏地と、印象的なノルディック柄のニットを使った、機能性と見た目を兼ね備えたアイテムです。

人気のスノボ用ネックウォーマー レディース

続いて、レディース向けのスノボ用ネックウォーマーの人気アイテムを3点、紹介します。

ツイストタイプ。ROXY CREME CARAMEL ROA

アメリカの女性向けサーフ&スノースポーツブランド「ROXY」のネックウォーマーは一見シンプルですが、フロント部分がクロスしている個性的なツイストタイプの製品です。

ロゴプレートを配したツイストで首元をスタイリッシュに見せてくれるので、ファッションにこだわる人にもおすすめのアイテムです。

可愛いデザインが豊富。ocean pacific ネックウォーマー

「ocean pacific」のネックウォーマーは、ブルー、ピンク、ホワイトの3色のフリースにいずれも柄が異なるドットやボーダーがプリントされた、レディース向けらしい可愛いデザインが揃っています。

フリースにボアを組み合わせており、保温性も十分です。

超防寒仕様。ユニクロ ヒートテックファーリーフリースネックウォーマー

ユニクロのヒートテックを使用したネックウォーマーの中でも、2種類のフリースを使用して超防寒仕様として作られているのが、こちらの製品で、5色のカラーバリエーションから好みの色を選べます。

表地に毛足の長いふわふわのファーリーフリース、裏地にヒートテックフリースを使い、さらに防風フィルムを挟み込んで寒風を通しづらくしています。

柔らかくゴワつきを抑えた、より快適な使い心地も魅力です。

購入はこちら:ヒートテックファーリーフリースネックウォーマー

まとめ

人気ブランドや有名ブランドからも多く販売されているネックウォーマーは、製品によって防寒性能や着用方法、機能性などが大きく異なります。

今回紹介した情報を元にして、用途や目的、使用する場所に最適なネックウォーマーを見つけてみましょう。