おすすめスノボ板レディース編。バートンやロキシーからサブリナまで

スノーボードの板には用途によって形が異なり、さまざまな種類のスノボ板が各ブランドから販売されています。プロボーダーでもない限り、スノーボードをいくつも買い揃えるのは現実的ではありません。そんな大切なスノボ板選びに役立つ情報を、女性向けにまとめました。

スノボ板の種類と選ぶときのポイント

どのような種類があるのか、そしてどう選ぶべきかを紹介します。まず滑るスタイルを決めましょう。

オーソドックスな板。フリースタイル用

スノボでもっとも基本となる滑り方が、フリースタイルです。フリースタイル用のスノボ板には、自由に、どんな滑りにも対応できるようにバランスよく作られたものを選びます。

初心者がスノボ板を選ぶ場合は、このフリースタイル用から選ぶのがおすすめです。バランスが良く、使いやすいため、購入時点でどのような滑り方を極めたいという目標を定めていない方にも適切でしょう。まずは、普通に滑れるように練習することをおすすめします。

フリースタイル用のスノボ板の特徴としては、スピードにも、豪快なターンにも耐えられるように、細すぎず、ある程度の太さのあることが挙げられます。

技を楽しみたいならジブ、グラトリ用を選択

パークでの技を極めたいという人は、それに適したスノボ板を選びましょう。

癖の強いスノボ板がたくさん出ていますが、大きな特徴として挙げられるのは、板が柔らかいことでしょう。これは着地の衝撃から足を守るためですが、ものによってはバランスを維持するのが難しいといわれています。

また、通常のスノボ板よりも長さが短いものを選びます。小回りが利き、また軽くなるので動きやすいということが理由のようです。

いずれにしても、癖のあるスノボ板なので、初心者にはおすすめできません。

初心者がスノボ板を選ぶときのポイントとは

初心者が練習する際に大切なのは、操作が簡単なスノボ板を使うことです。癖のあるスノボ板で練習すると、操作が難しく、変な癖がついてしまいます。まずは、フリースタイル用のスノボ板で、滑り方を習得し、トリックのコツを掴みましょう。ただし、普通には滑ることができたり、技を磨きたいという明確な目標がある人はパークで使うジブ用、グラトリ用のスノボ板を選んでも問題ありません。

サイズは自分の身長にあわせて適切なものを選ぶ必要があります。目安としては、以下を参考にしてみてください。

  • 身長150cm:132~143cm
  • 身長155cm:136~147cm
  • 身長160cm:141~152cm
  • 身長165cm:145~157cm
  • 身長170cm:150~162cm
  • 身長175cm:154~166cm
  • 身長180cm:158cm~

次に、スノボ板の作りとして、インチップとディレクショナルといわれる2種類があります。これは重心を置く位置で、ツインチップは真ん中、ディレクショナルは重心が後ろの状態で滑るスノボ板です。ディレクショナルの方が、重心を安定させて滑りやすいといわれており、まっすぐ滑ることを目標とする場合は、ディレクショナルがおすすめです。

最後に、スノボ板の形状です。最も基本的で安定しやすいものをキャンバー形状といい、ほかにもスノボ板と雪との接地面が両足の間にくるロッカー形状、板の両端以外の面が地面に着くフラット形状といわれるものがあります。

キャンバー形状は、両足でしっかりと踏ん張りやすいことが特徴で、初心者にはおすすめです。

スノボ板の王道人気ブランド2選

スノボ板はさまざまなブランドから販売されており、自分の滑りやすいものを見つけるのは難しいかもしれません。そんな人は、まず王道のブランドをチェックしてみましょう。

1977年設立の有名ブランド。BURTONバートン

バートンは、1977年にジェイク・バートン・カーペンターによって、アメリカのバーモント州で設立された有名ブランドです。その後、1980年代にゲレンデを滑るための道具を開発し、大量生産を行いました。それが徐々に広まり、今や世界中で愛用される老舗ブランドとなりました。

バートンが有名になるきっかけは、スノーボーダーで、世界チャンピオンのクレイグ・ケリーがバートンを利用したことでした。それまで、バートンと並ぶ人気を得ていた西海岸発のブランドであるSIMSと契約していたクレイグ・ケリーでしたが、バートンへと移籍したことで、注目を集めました。

スノボ用品だけでなく、スキー用品やウェア、アクセサリーなど今やあらゆるアイテムを販売しています。すべての商品において、高い品質とスタイリッシュなデザインが支持されているブランドです。

アウトドアスポーツに特化。SALOMONサロモン

サロモンは、ウィンタースポーツ以外でも、アパレルやバッグなどで知っている人が多いでしょう。そんなサロモンの始まりは、1947年にフランスのアヌシーで、サロモン一家がスキーエッジの製造をスタートしたことでした。

その後、スキービンディング、アルペンスキー板を発売しましたが、スキー板が発売されたのは1997年になってからです。シンプルな単色のデザインに、スキーで培ったサロモンの技術力が惜しみなく注ぎ込まれたギアでした。その実力ゆえに、長野オリンピックハーフパイプ銀メダリストのダニエル・フランクをはじめ、多くのプロ選手に愛用されるブランドとなりました。

スノボ板のレディース専門ブランド2選

とくに女性はゲレンデでのファッションも大切にしたいですよね。そんな人にぴったりな、女性らしいデザインで人気なブランドを紹介します。

日本人女性向けに製造。SABRINAサブリナ

2003年に、日本人女性のために作られたブランドです。日本人女性の脚力や、体格を基準に、また日本のフィールドにあったギア作りがなされています。

海外女性に比べると、日本人女性は小柄です。そのため、全体的にスノボ板のフレックスが柔らかめに作られており、またデザインも日本人好みのものが多いことが特徴です。機能性も妥協はなく、総合的に滑走性能が高く、軽いことで定評があります。

キュートなデザインが多い。ROXYロキシー

ロキシーは1990年に、カリフォルニアで生まれたブランドです。もともとはサーフィン、ビーチウェアブランドとして始まりましたが、その後、ウィンタースポーツのウェアやギアの販売も始めています。

1998年の長野オリンピックでは銀メダルを獲得したスティン・バーン・カルダスなど、有名選手が利用したことをきっかけに広がり、ビーチブランドとしてのロキシーだけでなく、ウィンタースポーツの世界でもその名を轟かせています。可愛らしいポップなデザインが魅力的です。

レディースのおすすめスノボ板 フリースタイル用

実際におすすめのスノボ板を紹介します。まずはフリースタイル用のスノボ板を4つ紹介します。

自由度が高い。Women’s Burton Hideaway Snowboard

自由度と安定性を兼ね備えたフラットトップのスノボ板です。ゲレンデの地形もコンディションも問わず、どんな状況でも対応してくれる優れものです。

名門ブランドのバートンのスノボ板で、ゲレンデに出かけたら気持ちも高まりそうです。どんどん練習して、上達を目指しましょう。

安定感抜群。SALOMON LOTUS

ソフトフレックスで初心者にもおすすめのサロモンのロータスです。形状は、脚の力を伝えやすいように脚の真下部分のみをキャンバーにしたフラット構造で、無駄な力は必要ありません。

デザインも綺麗なブルーやピンク系の色味を使い、おしゃれな仕上がりです。

エントリーモデル。SABRINA CRIMINAL

サブリナのエントリーモデルであるクリミナルはどんなライディングにも対応できる軽量のキャンバー形状で、初心者におすすめです。

ハイスピードの滑走もしっかりサポートしてくれ、操作性も抜群のスノボ板といえます。

初心者に最適。ROXY SUGAR

ロキシーのシュガーは、両足の間にロッカー、外側にツインキャンバーという構造で、操作の簡単なスノボ板といえます。ソフトフレックスで、初心者におすすめのスノボ板です。

レディースのおすすめスノボ板 ジブ、グラトリ用

続いて、パークでの技を極めたいというアクティブな女性にぴったりなスノボ板を3つ紹介します。

2017-18年モデル、型落ち。SALOMON GYPSY

長く続くロングターンにも対応し、もちろんパーク、グラトリなどの技にも使いやすいというジプシーです。ミディアムフレックスなので、あらゆる地形に対応しています。ちなみに、ジプシーの前年モデルからパワーアップし、細かな動きやハイスピードな滑走にも耐えられるように進化しています。

昨シーズンモデルなので、高品質のサロモンのジプシーを、リーズナブルな価格で購入することができるのが嬉しいです。

軽量モデル。BURTON DEJA VU

バートンのデジャブは、軽量化されたウッド素材を使用しながら、耐久性にも優れています。また、板の厚い部分と薄い部分のバランスにこだわって作られており、安定性もばっちりです。

ジブ、グラトリをこれから極めたいという初級者はもちろん、上級者にもおすすめできる、癖のないモデルです。

3点セットでお得。SABRINA FLUX SUNNYSIDE

サブリナのスノボ板と、フラックスのバインディング、パープルカウのボードケースのとてもお買い得な3点セットです。

スノボ板は、サブリナのサニーサイドで、これはサブリナの中でも少ない脚力でもコントロールしやすい構造になっているモデルです。そのため初心者でも比較的使いやすいでしょう。ソフトフレックスでダブルキャンバーというキャンバー構造とロッカー構造の良いとこどりをした構造で、グラトリに向いています。

まとめ

女性ボーダー向けにスノボ板の選び方や、オススメのブランド、また具体的におすすめのスノボ板をまとめて紹介しました。自分の滑りのスタイルや、身長などにあわせて、適切なスノボ板を選ぶことが上達への近道です。ぜひ紹介した情報を参考にとっておきのスノボ板を見つけてください。