スキーウェアの人気ブランド7選。メンズやレディースからキッズまで

スキーウェアは、さまざまなブランドから多種多様なウェアが販売されています。世界的に高い人気を誇るブランドや国産ブランドなど、人気のスキーウェアブランドの情報、スキーウェアの選び方やスノボウェアとの違いについてまとめました。

まずはスキーウェアの選び方をチェック

スキーウェアは、スキーをする上で必ず必要なアイテムです。スキー場ではウェアのレンタルを行っているところが多いですが、せっかくスキーをするなら自分だけのウェアが欲しいところです。

そこで、スキー初心者でも迷わないように、まずはスキーウェアの選び方をチェックしておきましょう。

初心者にはデモタイプがおすすめ

スキー初心者におすすめのウェアは、『デモタイプ』です。でもタイプは単に斜面を滑る基礎スキーに適した、最も基本のスキーウェアです。

カラーやデザインの選択肢が多く、携帯電話やパスを収納できるポケットやリフト券ホルダーなどを搭載し、機能性にも優れたウェアが多いのも、デモタイプの特徴です。

価格はウェアによって大きく異なりますが、安価な商品を見つけることもでき、上下セットで販売しているものも多い点も、初心者向きといえます。

オシャレや技を追求するならフリースタイル

『フリーライド』は、機能性を重視した、ジャンプや回転、トリックなどの技を行うフリースタイル用のスキーウェアです。どちらかというと、スキーヤーよりもスノーボーダーが着用していることが多いタイプです。

技を繰り出す際に大きな動きを必要とするため、大きめでダボッとしたシルエットが特徴です。デザインのバリエーションが多彩でオシャレなウェアなので、タウンユースにも使えます。

安全のためはっきりとした色のウェアを選ぶ

スキーウェアの色を選ぶときは、事故を予防するため、ゲレンデでの視認性も考慮します。好みの色を選ぶのもいいですが、普段着ている服よりはっきりとした、派手目の色がおすすめです。

ゲレンデで目立ちやすい色は、赤やオレンジ、黄色などの暖色系や蛍光色です。このように一見派手に見える色のスキーウェアはゲレンデで映えて目立ちやすいので、事故防止に役立つでしょう。

スキーウェアの人気ブランド メンズ編

スキーウェアを開発・販売しているブランドは世界中に多数ありますが、その中でも高い人気を持つメンズ用スキーウェアブランドを3つピックアップしました。

ウェブ上でチェックできる各ブランドのカタログも、併せて紹介します。

機能性抜群の国産ブランド。PHENIX

1952年創業のブランド「PHENIX」は、国産人気ブランドの1つに数えられています。最先端の技術を導入したスキーウェアは、スキー日本代表チームの公式ユニフォームとして採用された実績を持ちます。

日本のみならず、世界中のスキーヤーに愛用されている、機能性に優れたスキーウェアを生み出しているブランドです。

以下のPHENIXの公式HPでは、2018−19シーズンの最新カタログを閲覧・PDFのダウンロードが可能です。

公式はこちら:SKI CATALOG | PHENIX[フェニックス] | スキーウェア・アウトドアウェア ブランド

国内、海外問わず大人気。ONYONE

「ONYONE」も、日本を代表する老舗スポーツウェアブランドです。スキーウェアをはじめとして、スノーボードやクロスカントリー、アウトドアウェアまで手がけ、国内外で高い人気を誇ります。

ONYONEには、サスペンダー付きのパンツや調節可能なマジックテープ付き袖口など、スキー初心者にも適した機能を搭載したスキーウェアが数多く揃っています。

デザイン性も高く、流行を取り入れた最先端デザインのスキーウェアを選べるのも、ONYONEの特徴です。ファッション性にこだわる人には、特におすすめのブランドでしょう。

ONYONEの公式HPには、最新カタログはもちろん、過去のカタログが掲載されており、閲覧・ダウンロードができます。最新のスキーウェアだけではなく、過去に販売されたスキーウェアの情報を確認したいときにも便利です。

カタログダウンロード | ONYONE

ヨーロッパ発の定番ブランド。SALOMON

スキーエッジ製造からスタートしたフランス・アルプス地方発の「SALOMON」は、ウィンタースポーツ用品を専門とした、ヨーロッパでは圧倒的な人気を誇るブランドです。

スキー板ブランドとして高い認知度を持っていますが、スキーウェアも機能性が高く、幅広いスキーヤーに支持されています。着る人を選ばないシンプルなデザインも特徴で、SALOMONのスキーウェアは誰にでも着られる万能なウェアといえるでしょう。

2018−19シーズンのSALOMONのカタログは、ウィンタースポーツ、アウトドア、プロスノーボーダー向けの3種類を以下の公式HPでチェックできます。

CATALOG | TIME TO PLAY BY SALOMON JAPAN |TIME TO PLAY BY SALOMON JAPAN

スキーウェアの人気ブランド レディース編

メンズのみではなく、レディーススキーウェアも手がけるブランドは多数あります。その中でも、ゲレンデで着るのが楽しくなるような、女性らしいデザインのスキーウェアを販売しているブランドをおすすめします。

キュートでカラフルなデザイン。ROXY

アメリカ・カリフォルニア生まれのサーフィン・スノーボードブランドである「QUIKSILVER」から派生したガールズブランドが、「ROXY」です。

水着やフィットネスウェア、タウンユースモデルのアウターなど幅広いジャンルのアパレルを展開しているROXYでは、スキー・スノーボード用品も多く取り扱っています。

女性をターゲットとしたブランドなので、ROXYのスキーウェアはとにかくキュートでスタイリッシュなのが魅力です。デザインだけではなく、防水性や保温性に優れた素材を採用し、機能性も高めており、機能性とデザイン性を兼ね備えたウェアが揃います。

大人女子にもピッタリ。SISTA.J

「SISTA.J」は、レディース向けウィンタースポーツウェアやアウトドアウェア、フィットネスウェアなどを手がける『新創企業株式会社』のスキーウェアブランドです。

『女性がかっこよく着こなす』をコンセプトとしており、女性らしいシルエットと可愛らしい柄、そして機能性を備えたウェアが豊富に揃っているので、大人女子のスキーウェアとしておすすめのブランドです。

以下の公式HPには、2018−19シーズンのデジタルカタログが掲載されています。

SISTA.J SNOWBOARD WARE

スキーウェアの人気ブランド ベビー、キッズ編

スキーを楽しむキッズ向けにも、おすすめスキーウェアブランドがあります。

米国生まれの高品質ブランド。Columbia

主にアウトドアスポーツウェアを手がけるアメリカのブランド「Columbia」では、大人用のスキーウェアの他にキッズ用ウェアも取り扱っています。

キッズ用でもしっかりとした防水透湿性機能があり、快適にスキーを楽しめるウェアに仕上がっています。タウンユースでも十分着られるほどのオシャレなデザインが活かされたスキーウェアは、真冬のアウターとしても活躍します。

有名アウトドアブランド。patagonia

「patagonia」は、登山用品やアウトドア用品で知られるアメリカ生まれのブランドです。綿には100%オーガニックコットン、非塩素処理のウール使用、丈夫で多機能なキャプリーン・ポリエステルの使用など、使用する素材に強いこだわりを持っています。

また、購入後に製品が破損するなど修理が必要となった場合のアフターサポートが非常に手厚いことも知られており、安心して使えるブランドとしても知名度があります。

patagoniaのキッズ向けスキーウェアは、ベビーからキッズまでサイズが豊富に揃っています。子どもでも遊びやすく動きやすい作りのウェアは、防水効果が施されているので、快適に雪遊びができます。

スキーウェアとスノボウェアに関する豆知識

スキーとスノーボードは、どちらも同じ雪山で楽しむスポーツです。しかし、スキー板とスノボ板の違いがあるのと同じように、ウェアにも違いがあります。

それぞれ特色が異なるため、兼用することはあまりありませんが、スキーウェアとスノボウェアの詳しい違いと共に、スノボウェアの有名ブランドについても紹介します。

スキーウェアとスノボウェアの違いとは

スキーウェアとスノボウェアの大きな違いといえば、シルエットではないでしょうか。

両者を見比べてみると、スキーウェアはタイトなシルエットが多い一方、スノボウェアはゆったりとしたものが多いという明らかな違いがわかるでしょう。

また、スキーウェアにはスキー板のエッジでウェアが傷つくことを防止するためのエッジガードが付いています。スノボウェアには付いていません。

ウェアの厚みも、スキーウェアとスノボウェアでは異なります。スキーウェアは比較的厚手の生地が使われていますが、スノボウェアはお尻を守るためのプロテクターを入れる都合もあり、生地が薄手です。

スノボウェアはゆったりとした作りなので、中に着込むのが前提です。

スノボウェアの人気ブランド1BURTON

スノボブランドといえばこのブランド、というほど、「BURTON」は非常に知名度が高いアメリカ生まれの総合スノーボードブランドです。

メンズやレディース、キッズまで幅広いスノーボードアイテムが揃うBURTONのスノボウェアは、カジュアルでアウターとしても使えるデザイン性の高さが魅力です。

ゴアテックスファブリクスを使用したウェアは高い機能性も備えており、実用性とファッション性を兼ね備えています。

スノボウェアの人気ブランド2VOLCOM

「VOLCOM」は、スノーボード・サーフィン用品などを取り扱う、アメリカで生まれたアパレルブランドです。シンプルでスタンダードなデザインが特徴のスノボウェアは比較的細身のシルエットなので、スッキリと着こなしやすいウェアです。

VOLCOMの最新カタログは、以下のサイトでチェックできます。

VOLCOM (ボルコム) | スノーボード・スノボメディア SBN FREERUN / フリーラン

まとめ

スキーウェアは、快適にスキーを楽しむために必要なアイテムです。スノボウェアとは機能も大きく異なるので、スキーをする時にはスキー専用のウェアを用意しましょう。

今冬、スキーウェアの新調を考えているのであれば、今回紹介した情報を参考に、スキーウェアを選んでみてください。