スキーハーフパイプとは何か。技の種類や練習法から五輪選手まで紹介

「スキーハーフパイプ」と聞いたことがあっても、どのような競技か説明できる人は少ないのではないでしょうか。2014年のソチオリンピックから新しくオリンピック競技になったスキーハーフパイプについて、紹介します。

スキーハーフパイプとは何か

まずは、どのような競技なのか、どのようなルールなのかをチェックしてみましょう。

専用のコース内で技を披露し得点を競う

スノーボードのハーフパイプと同じ雪面を半円状に掘り下げたコースの中で行われる競技です。名前のとおりで、「パイプ(円柱)」を半分にカットしたような形の斜面を滑りながら、ジャンプを繰り返して、技を競います。

大会によって異なりますが、国際大会ではコース幅が左右15~20m、左右の壁の高さは6~7m、コースの長さは120~160m程度です。

ジャッジによって判定され、ポイントの多い選手が上位につきます。採点は以下の5つの基準で行われ、評価されます。

  • Execution(演技の完遂度)
    主に空中での体勢で、体をコンパクトにして回すことができているかが見られます。
  • Difficulty(難易度)
    ジャンプの難易度で、回転数が多いことはもちろん、コークやロデオと呼ばれる3D系の技は高く評価されます。
  • Amplitude(高さ)
    ジャンプの高さは非常に重要視され、高さを出すにはスピードを出して、勢いをつける必要があります。
  • Variety(多様性)
    技の多様性です。同じ技ばかりを連発するよりも、さまざまな多様性を求められます。
  • Progression(発展性)
    新しい技はスキーハーフパイプの競技自体を進化させるとして、評価されます。

ジャッジは6人制など、複数で行われます。各ジャッジが100点満点で採点し、最高点と最低点を除いた4名のジャッジの平均点が得点となるのです。

2014年ソチオリンピックで正式種目に認定

スキーハーフパイプがオリンピックの正式種目となったのは、2014年のソチオリンピックでした。スキーハーフパイプという競技自体も、1990年代に入ってから確立されたといわれています。

ちなみにハーフパイプの起源は、アメリカのスノーボーダーがごみ処理場の敷地内にあった半円形の地形を利用して滑ったことです。その後、スキーハーフパイプへと発展しました。

スキーハーフパイプの有名選手 女性編

スキーハーフパイプという競技について知ったところで、日本には、どのような選手がいるのか紹介します。まずは女性選手です。

ソチオリンピック女子銅メダリスト。小野塚彩那

オリンピック競技に採用された年に、銅メダルを獲得したのが小野塚彩那選手です。

<プロフィール>

  • 名前:小野塚彩那
  • 生年月日:1988年3月23日
  • 出身地:新潟県南魚沼郡(現:南魚沼市)

お父さんがスキージャンプの国体出場経験者、お母さんがアルペンスキーヤーというスキー一家に生まれ、父親の指導の元、2歳からアルペンスキーを始めたそうです。

その才能はすぐに開花し、小学校3年生の頃には新潟県大会で優勝したという経歴の持ち主でもあります。その後も、全日本学生スキー選手権大会でも優勝し、スキー選手として活動していました。

2011年にフリースタイルスキー選手に本格的に転向し、スキーハーフパイプに専念しています。期待された平昌オリンピックでの結果は、5位に終わっています。

元美容師で平昌オリンピック代表。鈴木沙織

「オリンピックに出たい」という思いを胸に、スキーを始めたという鈴木沙織選手。それでも、自立して生きていく必要があると考え、一度はスキーを諦め、専門学校に通って資格を取得。美容師として就職したという経歴の持ち主です。

<プロフィール>

  • 名前:鈴木沙織
  • 生年月日:1990年1月9日
  • 出身地:山形県長井市

美容師として働き、20歳になった頃に、スキー愛が突如あふれ出してきたことをきっかけに、「やはりスキーをやらなくては」と現役復帰を決意したそうです。

復帰後、アルペンスキーからスキーハーフパイプへ転身しましたが、右ひざ前十字靭帯損傷、右ひざ半月板損傷というケガに見回れました。リハビリに取り組み、そのようなケガをも乗り越えて、2018年の平昌オリンピック日本代表選手となりました。

平昌オリンピックでは、24人中12人が予選を通過でしたが14位で、惜しくも予選通過には至りませんでした。

無演技のハンガリー代表。エリザベス・スウェイニー

スキーハーフパイプは、技の難易度や高さなどで競う競技です。しかし、エリザベス・スウェイニー選手は、平昌オリンピックにおいて、ハンガリー代表として出場し、ジャンプを数回と、リップ(最も高い角の部分)下で180度の回転を1回のみの演技をしたことで話題となりました。

<プロフィール>

  • 名前:エリザベス・スウェイニー
  • 生年月日:1984年7月30日
  • 出身地:アメリカ合衆国

一般的な評価軸でいうと、評価の低い演技をしたわけですが、滑り終わった後もエリザベス・スウェイニー選手は満足した表情でした。

これについての詳細は、本人のみぞ知るところです。しかしながら、これは自身の技術と競技に対する主義、思想を表現しての滑走だったのではないか、といわれています。

どういうことかというと、スキーハーフパイプの高さは6~7mというほぼ垂直の壁に、かなりのスピードで向かい、さらに技を繰り出す競技です。その恐怖は計り知れず、常にケガと隣り合わせ。下手をすれば、命をも落としかねないでしょう。

観衆はそのような危険を知らずに、選手にメダルを期待しますが、危険な種目であるということをあらためて訴えかけたかったのかもしれません。

スキーハーフパイプの有名選手 男性編

続いて、スキーハーフパイプの男性選手を2人、紹介します。

平昌オリンピック金メダリスト。デビッド・ワイズ

ソチオリンピックでスキーハーフパイプが正式種目となったときに、金メダルを獲得し、初代優勝者となりました。さらに、平昌オリンピックでも優勝し、2大会連続で金メダルを獲得しています。

<プロフィール>

  • 名前:デビッド・ワイズ
  • 生年月日:1990年6月30日
  • 出身地:アメリカ合衆国

3歳でスキーに出会ったことをきっかけに、2011年にフリースタイルスキーのチームへ加入しています。最初はモーグルなどをメインとしていましたが、その後ハーフパイプへ転身しました。

ソチオリンピック男子日本代表。津田健太朗

ソチオリンピックでは、スキーハーフパイプ日本代表として出場を果たしています。現在はナショナルチームのコーチです。

<プロフィール>

  • 名前:津田健太朗
  • 生年月日:1983年12月29日
  • 出身地:石川県宝達志水町

お父さんがスキーの指導員だったこともあり、津田健太朗選手は4歳で競技を始めたといいます。ダイナミックなジャンプに魅せられ、学生時代はモーグルに没頭。高校卒業後にスキーハーフパイプに転向しました。

ソチオリンピックでスキーハーフパイプが正式種目となることが決まり、お父さんに「オリンピックに出られるかもしれない!」と話していたそうです。そして日本代表に選出されましたが、その決定は、残念ながら、スキーのいろはを教わったお父さんが他界した1か月後のことでした。

スキーハーフパイプの技の種類

スキーハーフパイプの基本はジャンプです。しかし大会に出場している選手を見ていると、技に魅せられますよね。ジャンプに慣れたら、挑戦したい技を紹介します。

トリックの代表格。グラブ

最初にマスターしたい技といえば、スキーハーフパイプの代表格ともいえる『グラブ』です。グラブとは、ジャンプで空中にいる間に、手でスキー板を掴む(グラブ)ことを指します。

右手で左足、または左手で右足のつま先部分を外側から掴む「ミュートグラブ」が基礎的です。

ほかにも、右手で左足、または左手で右足の足裏部分を外側から掴む「セーフティグラブ」、スキーのテール(後ろの部分)を外側または内側から掴む「テールグラブ」、両手でスキーを掴む『ダブルグラブ』があります。

勝敗を左右する大技。ダブルコーク

「ダブルコーク」は、大会では多くの選手が挑戦しますが、きわめて難易度が高い技の1つです。フロントサイド540とバックフリップをあわせた技を「コーク」といい、それぞれを2倍したフロントサイド1080とダブルバックフリップを同時に行います。

言葉ではなかなか伝わりにくいのですが、ボトム(ハーフパイプの底)側に回転軸が傾けながら、頭が2度真下を通過するというトリック技で、着地は後ろ向きになります。

スキーハーフパイプに必要な道具と練習方法

これからスキーハーフパイプを始めようと考えている人向けに、始め方をまとめました。

ツインチップスキー板と短いストックを使用

スキー板は、板の後ろの部分も反り返っている「ツインチップスキー」と呼ばれるものを準備しましょう。前傾姿勢を取ることが多いので、ストックは少し短いものを使うことが一般的です。

その他、ブーツ、小物類は特にに変わりはありません。買い揃えるものが少なく、始めることができます。

まずはドロップインとジャンプを練習

スキーハーフパイプの最初の難関といわれているのが「ドロップイン」です。

まずはリップ(デッキの縁の部分)に平行に進んで行き、上半身が壁に対して垂直になるようにしてドロップインします。底に向かってジャンプしてしまうと危険なので、しっかりイメージしてから入りましょう。

無事コースインしたら、次は「ジャンプ」です。

ジャンプといっても勢い任せで飛ぶところまでできたとしても、着地も重要です。まずは、深い弧を描いて、上に向かって軽くジャンプするイメージを持ちましょう。間違っても最初から高く飛ぼうとしないでください。

またリップに向かって、斜めに入ることを意識する必要があります。垂直に入ると、ジャンプの難易度が高くなります。

コツがつかめたらトリックに挑戦しよう

トリックに挑戦するのは、ドロップインはもちろん、ジャンプも問題なくできてからで十分です。

選手でもない以上、基本的にはジャンプをして、安全に着地することが最初の目標になります。技の練習は先ほど『トリックの代表格。グラブ』で紹介した、4種類のグラブから始めましょう。

スキーハーフパイプが練習できるスキー場

スキーハーフパイプデビューを検討している人は、ぜひ練習場に出かけてみましょう。

室内ハーフパイプ。カムイみさかスキー場

夏でも練習できる、室内ハーフパイプがあるスキー場です。クオリティを維持するため、ハーフパイプデザイナーで整備を徹底しています。スクールもあるので、初心者も安心です。

  • 施設名:カムイみさかスキー場
  • 住所:山梨県笛吹市御坂町上黒駒5321-1
  • 電話番号:055-264-2614
  • 公式ページ

世界レベルのハーフパイプ。石打丸山スキー場

世界最大級のハーフパイプは、石打丸山スキー場内に『ガンホーモンスターパイプ』としてあります。高さ6.7m、幅22m、長さ170mというスケールで、思う存分、心ゆくまでチャレンジすることができるでしょう。

  • 施設名:ガンホーモンスターパイプ(石打丸山スキー場内)
  • 住所:新潟県南魚沼市石打1659
  • 電話番号:025-783-2523
  • 公式ページ

まとめ

スキーハーフパイプは、そのダイナミックさから、若者を中心に人気が高まっているスポーツ競技です。

オリンピック種目となって以降、難しい技もたくさん生み出されており、見ているだけでも楽しむことができます。しかし危険度の高い種目なので、実際に取り組む際は、欲張らずにハーフパイプに慣れるところから始めてみましょう。