スキーやスノボを楽しむためのマストアイテム「ワックス」の効果とは?

スキーやスノーボードを楽しむ人にとって、スキー板やボードは必需品ですよね。楽しく安全に滑るためにも、スキー板やボードのお手入れは大切です。今回はその中の一つ、ワックスのもたらす効果についてご紹介いたします。

スキー、スノーボードにワックスをかける理由とは

スキー板やボードにワックスがけをする理由は、いくつかあります。まずは、スキーの滑走の良さを高めること。またスキー板やボード滑走面の酸化防止のためです。ワックスを塗らなくとも、スキーやスノボをすることはできますが、ワックスがけをしていないスキー板やボードは滑りづらく、上達の妨げになってしまいます。スムーズな滑走の為にも、ワックスを塗っておくのがオススメです。

「ワックス」の具体的な効果とは

スキーやスノーボードを楽しめる山には、たくさんの雪が積もっています。その雪の結晶は、単なる丸い形ではなく、ギザギザした形状をしています。ギザギザした雪の上を板が滑ると、雪が滑走面に刺さってしまい摩擦抵抗が大きくなるのです。雪の結晶よりも硬いワックスを板やボードに塗ってあげることで、雪は滑走面に刺さらず、摩擦抵抗を小さくできます。それにより、なめらかな滑りを実現することができるのです。
また滑走面と雪の間で摩擦が起きることにより、熱が生じます。板やボード、雪の間に熱が生じると、雪は熱エネルギーによって水へと変化し、滑走面に貼り付きやすくなります。そのため滑走面に張り付く前に水分を取り払うべく、ワックスを塗る必要があります。ワックスの主な成分は、炭化水素(ハイドロカーボン)であり、水を弾く性質を持っています。

ワックスのオススメラインアップ

スキー板、ボード用のワックスは、大きく分けてホットワックスと簡易ワックスの2種類になります。ホットワックスは滑走面の中に浸透させるもので、簡易ワックスは滑走面に一時的に貼り付けるものです。ホットワックスは比較的持続性があり、簡易ワックスは持続性があまりありません。今回はその2種類のワックスのおすすめラインアップをご紹介いたします。

GALLIUM(ガリウム) スキー&スノーボード GENERAL・F・Set SW2136

Amazonで見る

いつでもどこでも使用できる簡易ワックスセット。高い撥水性を持つガリウムにより、静電気も起こりづらい商品。付属内容も充実しており、これさえあればOKな簡易ワックスです。

 

Zardoz(ザードス) ザードス・ノットワックスポケットパック PSARNW

Amazonで見る

1回の塗布で1〜3日間滑走効果が持続します。100%純粋液体フッ素の力で、素晴らしい滑走性を発揮。簡単に塗れるので初心者にもおすすめの簡易ワックスです。

 

DOMINATOR(ドミネーター) HYPER ZOOM PASTE 60ml HZP

Amazonで見る

全雪温対応の中フッ素配合のペーストワックス。トレーニングの合間、レジャースキー、スノーボードに最適です。人工雪でもよく滑れるのが嬉しい簡易ワックスです。

 

TOKO(トコ) スノーボード ワックス トコ フッ素配合滑走ワックス LF レッド 40g TOKO WAX

Amazonで見る

フッ素配合の滑走ワックス。フッ素効果が安定しているLFシリーズは、シーズン前の滑走面下地づくりワクシング用、フリー滑走・トレーニング用、レース用下地ワックスとして使用できる簡易ワックスです。

 

Zardoz(ザードス) Zardoz(ザードス) 低濃度フッ素含有タイプ テフロンブレンドLT PZW008 1046333

出典:Amazon

ノットワックスを低濃度で融合させた固形タイプのホットワックス。ドライスノーから湿気の多い雪質までカバーできます。生塗りでもOKですが、ホットワクシングすると成分がよく浸透します。

 

DOMINATOR(ドミネーター) ZOOM GRAPHITE 400g ZG400

出典:Amazon

静電気を抑えるマイクログラファイト配合のハイドロカーボンワックス。多様な場面で使用できるホットワックスです。

 

GALLIUM ガリウム スノーボード メンテナンス用品 チューンナップ ユニバーサルベースワックス BASE WAX 100 全雪質 SW2132

出典:Amazon

世界各国のナショナルチーム、スキー、スノーボード選手が品質を認めたホットワックス。ベースワックス、クリーニングワックス、滑走ワックスと、このアイテムひとつで3役をこなす優れもの。

 

TOKO(トコ) スノーボード スキー用 ワックス ホットワックス NF 純パラフィン オールインワンワックス 気温: 10度~-30度

出典:Amazon

浸透性が高いハイドロカーボンワックス。フリー滑走用の万能ホットワックスとしておすすめです。全天候、全雪質に対応しており、ホットワックス初心者にもぴったりです。

 

Burton(バートン) スノーボード ワックス ALL‑SEASON FAST WAX NO COLOR 108101 ハイドロカーボン 0~-10℃

出典:Amazon

100%分解性のハイドロカーボンワックス。様々な雪のコンディション、温度に対応しています。スピードを追求したいライダー向きのホットワックスです。

 

HOLMENKOL(ホルメンコール) ベータミックスレッド 150g 24111

Amazonで見る

雪温マイナス4℃〜マイナス14℃の湿雪〜乾雪や粒の粗い雪用。長く愛用している人が多いと言われるホットワックスです。

ワックスを上手に使いこなすには

ワックスを上手に使いこなすには、ワックスの性質や対応するコンディション、雪温などをあらかじめ把握しておくことです。一口にワックスといっても、天候や雪の状態それぞれに適したものがあります。商品の特性を把握して、もっとも自分の条件に合ったものを購入しましょう。
またワックスを使用する際には、ワックスそのものだけでなく、ブラシやペーパータオル、スクレイバー、仕上げ用クロスなど、さまざまな道具が必要になります。初心者はワックスセットを購入しておくと安心かもしれません。ワックスがけに関してより詳しく知りたい場合は、専門店などで相談してみると良いでしょう。

まとめ

スキーやスノーボード用のワックスは、グッズを揃える際に併せて買っておきたいもの。あらかじめ用意しておくことで、雪上でスムーズに滑れるのはもちろんのこと、無理せず安全に楽しむことができます。お手軽に使える簡易ワックスと、本格志向のホットワックス、あなたはどちらを選びますか?自分にあったものをぜひとも見つけてください。

 

スキーワックスの関連記事