八甲田スキー場は大自然を満喫できる本格的なコースが豊富!

八甲田スキー場は、雄大な自然を満喫しながら滑りを楽しむことができる山岳スキー場です。極寒の八甲田では、ときに自然の厳しさも感じますが、自然のままのコースを存分に堪能できます。サラサラとしたパウダースノーも特徴です。

レベルに応じたスキースクールも実施、プライベートレッスンでは、4時間みっちりと滑りを学ぶこともできます。また、「バックカントリーツアー」も開催しているので、八甲田の山々を滑り歩きながら、冬の八甲田を体験できます。

シーズンのオープン時期やレンタル情報もチェックして、この冬は八甲田スキー場を満喫してみてはいかがでしょうか。

八甲田スキー場の基本情報

出典:zefart / iStock / Getty Images Plus / ゲッティイメージズ

住所 青森県青森市荒川字寒水沢1-12
電話番号 017-738-0343
営業期間  スキー場にお問い合わせください
営業時間 9:00~15:40
アクセス  [車] 東北自動車道 青森中央ICから約40分
[電車] 青森駅からJRバス東北で約1時間
コース 初級:2コース
中級:5コース
上級:3コース
リフト料金  3,600円
公式サイトURL  八甲田スキー場

○オフシーズン
5月から11月にかけては「夏山トレッキング」を実施しています。八甲田ロープウェーから、田茂萢岳山頂や井戸岳、大岳などを歩きます。
※開催期間要確認 017-738-8591

・1日トレッキングプラン
約6時間 田茂萢岳から赤倉岳や井戸岳などを歩きます。
6,000円。2名から参加可能。

・半日トレッキングプラン
約3時間 田茂萢岳からパラダイスコースや上毛無岱などを歩きます。
4,000円。2名から参加可能。

・ハイキングプラン
約3時間 田代湿原や雪中行軍銅像などを歩きます。
4,000円。2名から参加可能。

※八甲田ロープウェーの乗車券は個人負担です(片道1,180円)

初級コースから最大5,000mの中上級コースまで楽しめる

出典:Marcin Wiklik / iStock / Getty Images Plus / ゲッティイメージズ

難易度 コース名 距離 その他(特徴)
初級・中級 寒水沢コース 1,100m 緩やかなリフト側の初心者向けコースです。平均斜度23度。
初級・中級 ふりこ坂コース 700m 急斜面もありますが、比較的幅の広いコースです。スキーに慣れてきた初心者、中級者におすすめ。平均斜度27度。
中級・上級 スラロームコース 700m 最初は緩い斜面、途中は急斜面となって、後半は緩くなる険しいコースです。平均斜度30度。
中級・上級 ダイレクトコース 3,500m 一般的なコースです。斜面は急ではありませんが、幅が狭い場所があります。平均斜度30度。
中級・上級 フォレストコース 5,000m 幅広の急斜面が1km続いた後で、緩やかな林間コースとなります。平均斜度30度。

八甲田スキー場では、スキー、スノーボードどちらでも楽しむことができます。滑走条件などはなく、ポールや指導板による表示、パトロールの巡回などにより、安心して滑走できます。

八甲田スキー場のリフト料金をチェック

出典:Khongtham / iStock / Getty Images Plus /ゲッティイメージズ

料金:
[大人(中学生以上)]

・3,600円 / 日
・3,000円 / 4時間
[子ども(小学生以下)]

・2,600円 / 日
・2,000円 / 4時間

・30日券 15,000円(大人、子供の区別なし)
・シーズン券 36,000円

種類豊富なレンタル用品で気軽にスキーが楽しめる!

出典:Kesu01 / iStock / Getty Images Plus / ゲッティイメージズ

レンタルは八甲田スキースクール内で行っています。バックカントリーツアー用品のレンタルもしていますよ。営業時間は8:30~16:00です。

大人用(スキー・スノーボード共通)
道具セット
2,700円 / 半日
3,700円 / 日
スキー&ボード単品
1,700円 / 半日
2,700円 / 日
ブーツ
1,200円 / 半日
1,700円 / 日
ポール
500円 / 半日
700円 / 日
ウェアー(上下)
2,700円 / 半日
3,700円 / 日
ウェアー(単品)
1,700円 / 半日
2,700円 / 日
小物(ゴーグル、グローブ、手袋のいずれかひとつ)
500円 / 半日
700円 / 日

子供用(スキー・スノーボード共通)
道具セット
1,700円 / 半日、
2,700円 / 日、
スキー&ボード単品
1,100円 / 半日、
1,600円 / 日、
ブーツ(スキー)
800円 / 半日、
1,100円 / 日、
・ポール
300円 / 半日、
400円 / 日、
ウェアー(上下)
1,700円 / 半日、
2,700円 / 日、
ウェアー(単品)
1,100円 / 半日、
1,600円 / 日、
小物(ゴーグル、グローブ、手袋のいずれかひとつ)
300円 / 半日、
400円 / 日、

オフピステ&BC用品
ファットスキー(センター幅90mm以上)
2,500円 / 半日
3,500円 / 日
フィックス
1,000円 / 半日
1,500円 / 日
シール
700円 / 半日
1,000円 / 日
スノーシュー
1,000円 / 半日
1,500円 / 日、
ポール(BC用)
700円 / 半日
1,000円 / 日
バックパック
700円 / 半日
1,000円 / 日
ビーコン
1,000円 / 半日、1日
Spパック(バックパック、ポール、ビーコン、スノーシュー)
4,000円 / 半日、1日

内容充実のスキーレッスンを実施

出典:ArtMassa / iStock / Getty Images Plus / ゲッティイメージズ

八甲田スキー場では、レベルに合わせたスキーレッスンを実施しています。コースはすべて予約制、毎週水曜日は定休日です。

フリーレッスン
5,500円 / 4時間
3,500円 / 2時間
[受付] 8:30~9:30
[午前] 10:00~12:00
[午後] 13:00~15:00

初歩レッスン(子供対応)
10,000円 / 4時間
[受付] 8:30~9:30
[午前] 10:00~12:00
[午後] 13:00~15:00

プライベートレッスン
・30,000円 / 4時間
・20,000円 / 2時間
[受付] 8:30~9:30
[午前] 10:00~12:00
[午後] 13:00~15:00

実際に利用した人の感想・口コミをチェック!

出典:oneinchpunch / iStock / Getty Images Plus / ゲッティイメージズ

・八甲田国際スキー場には、ちょこっとしたパウダースポットがチョコチョコあったので、3コースの小さい構成ながらも飽きずに楽しむことができました!
・エリア独特のボフボフのパウダーは独特で楽しかったし、途中で金平糖のような霰が降ってきたりして、八甲田感が盛り上がりました。しつこいけれど、寒さと吹雪がヤバかったです。
出典:「雪バカ日誌」

 

・コースは全て未圧雪?全面フカフカでした。
・朝一からペアリフトを使って滑っていましたが、意外とこれが滑り応えありました。
出典:「スキー場滑走ブログ」

これらのブログ感想から、八甲田スキー場は吹雪が激しい極寒のスキー場といえるでしょう。フカフカパウダーのような雪が特徴のようですね。

バックカントリーツアーも楽しめる

出典:Image Source / Photodisc / ゲッティイメージズ

・バックカントリーツアー
八甲田の山々を滑り歩く「バックカントリーツアーガイド」です。
料金:1日4時間 5,500円、半日2時間 3,500円

[午前受付] 8:00~8:30
[午後受付] 12:00まで

[午前ツアー] 9:00~11:30
[午後ツアー] 12:30~15:00
※八甲田ロープウェーの乗車券は個人負担(片道1,180円)

・マウンテンスクール
バックカントリーツアー参加のための基本知識を学びます。
約3時間 5,500円 参加人数2名から
※八甲田ロープウェーの乗車券は個人負担(片道1,180円)

・スノーシューハイキング
約3時間 8,000円 参加人数2名から
※料金はスノーシュー、ポール、ウェアなどのレンタル料込み
※八甲田ロープウェーの乗車券は個人負担(片道1,180円)

・プライベートツアー
約4時間 1日3名まで 30,000円 参加人数1名から
※八甲田ロープウェーの乗車券は個人負担(片道1,180円)

八甲田スキー場へのアクセスを確認しよう

出典:LeManna / iStock / Getty Images Plus / ゲッティイメージズ

[車] 東北自動車道 青森中央ICから約40分
[電車] 青森駅からJRバス東北で約1時間

八甲田スキー場の駐車料金を確認しておこう

出典:RomanBabakin / iStock / Getty Images Plus / ゲッティイメージズ

無料で利用できる駐車場があります。

八甲田スキー場周辺のレストランをチェック

出典:pkazmierczak / iStock / Getty Images Plus / ゲッティイメージズ

山麓レストラン レストハウス八甲田
八甲田ロープウェーの山麓駅にあります。名物「八甲田山菜そば」のほか、「焼干しラーメン」や「豚バラ定食」、「自家製ハンバーグ&カレー」など、さまざまな種類の料理を提供しています。8:30から10:30まではホットコーヒーとソフトアイスの販売もしています。

【基本情報】
住所:青森県青森市荒川寒水沢1-12
電話:017-728-7135
料金:1,000円前後
営業期間:通年
営業時間:8:30~15:00
アクセス:
[車]東北自動車道 青森中央ICから約40分
[電車]青森駅からJRバス東北で約1時間
公式はこちら:レストハウス八甲田

山頂カフェ&レストラン ひなざくら
八甲田ロープウェーの山頂駅にあります。晴天時には赤倉岳、大岳、井戸岳の雄大な景色を楽しみながら食事ができます。「山菜そば」のほか、定食やドリップコーヒーも用意されています。

【基本情報】
住所:青森県青森市荒川字寒水沢1-12 山頂駅舎 2F
電話:017-728-7133
料金:1,000円前後
営業期間:通年
営業時間:10:30~15:30
アクセス:八甲田ロープウェーで山頂まで10分
公式はこちら:山頂カフェ&レストラン ひなざくら

八甲田スキー場近くは宿泊施設も豊富

出典:anyaberkut / iStock / Getty Images Plus / ゲッティイメージズ

八甲田リゾートホテル
ブナ林や岩木山など、八甲田の大自然に囲まれたホテルです。温泉では、泉質のやわらかい八甲田山麓寒水沢温泉を堪能できます。

【基本情報】
住所:青森県青森市荒川字寒水沢1-58
電話:017-738-2233
料金:8,100円~
営業期間:通年
チェックイン / チェックアウト:15:00 / 10:00
アクセス:
[車] 東北自動車道 黒石ICから 約35分
[電車] 新青森駅からバスで約80分
公式はこちら:八甲田リゾートホテル

八甲田山荘
大自然に囲まれた静かな部屋で、ゆっくりと過ごすことができます。

【基本情報】
住所:青森市大字荒川字寒水沢1-61
電話:017-728-1512
料金:9,000円~
営業期間:通年
チェックイン / チェックアウト:15:00 / 10:00
アクセス:
[車] ・東北自動車道 黒石ICから 約35分
・東北自動車道 青森ICから 約40分
[電車] 青森駅から車で約45分
公式はこちら:八甲田山荘

HOTEL Jogakura(ホテル 城ヶ倉)
木の温もりが溢れるヨーロッパの山荘のような客室で、贅沢な時間を過ごすことができます。また、オールシーズン入浴可能な露天風呂で、ブナ大原生林を眺めながら癒しの時間を体験できます。

【基本情報】
住所:青森県青森市荒川八甲田山中
電話:0120-38-0658
料金:13,900円~
営業期間:通年
チェックイン / チェックアウト:15:00 / 10:00
アクセス:
[車] ・新青森駅から車で約50分
・青森駅から車で約50分
[電車] 青森駅からバスで約1時間20分
※青森駅から無料送迎バスあり
公式はこちら:HOTEL Jogakura(ホテル 城ヶ倉)

八甲田スキー場近くの観光スポット

出典:ogal / iStock / Getty Images Plus / ゲッティイメージズ

十和田湖
青森県と秋田県にまたがる、日本最大水深の湖です。十和田湖からは、北東へ14キロ延びる奥入瀬渓流が続きます。遊覧船に乗れば、「二重カルデラ湖」と呼ばれている特殊な地形を満喫することができます。

【基本情報】
アクセス:碇ヶ関ICから車で約1時間
遊覧船料金:大人1,400円、子ども700円
遊覧船営業期間:冬季運休(要問合せ)
公式はこちら:十和田湖国立公園協会

道の駅 奥入瀬ろまんパーク
奥入瀬東玄関口としても機能している道の駅です。親水公園や芝生広場などもあるので、自然を満喫することができます。青森県各地の特産品が購入できる観光物産館「四季彩館」や、ステーキレストラン「味蕾館」、地ビールレストラン「奥入瀬麦酒館」などもあります。

【基本情報】
住所:青森県十和田市大字奥瀬字堰道39-1
電話:0176-72-3201
営業期間:通年
営業時間:9:00~18:00
アクセス:青森ICから車で約1時間17分
公式はこちら:道の駅 奥入瀬ろまんパーク

まとめ

出典:Digital Vision. / DigitalVision / ゲッティイメージズ

さまざまな難易度と滑走距離のコースを有する八甲田スキー場。樹氷を横目に滑りながらも、遠くには下北半島や津軽半島のほか、北海道の姿も望める雄大な景色は、八甲田スキー場ならではといえるでしょう。

スキー場の近くにはレストランや宿泊施設も点在しているので、青森の美食を堪能した後は、ゆっくりと温泉に入って、スキーの疲れを癒すことができます。北国で本格的なスキーを楽しみたいと思っている方は、八甲田スキー場で今シーズンを楽しんでみてくださいね。

この他にも八甲田スキー場についてまとめた記事があります。気になる方はチェックしてみて下さい。