チャオ御岳スノーリゾートで北アルプスの大パノラマと春スキーを楽しもう

岐阜県高山市のチャオ御岳スノーリゾートは東海・信越・北陸以外の広域からもお客さんが来る人気のスキー場・アウトドアスポットです。リフト券やレンタル、宿泊施設、夏季のアクティビティや天気にいたるまで、チャオ御岳スノーリゾートの情報を盛りだくさんでお届けします。

チャオ御岳スノーリゾートの基本情報

住所 〒509-3403 岐阜県高山市高根町日和田1739−1
電話番号 0577-59-3620
営業期間 12月中旬~5月中旬
営業時間 8:30~16:00
コース 初級:3コース
中級:3コース
上級:1コース
リフト料金 4,000円
公式サイトURL チャオ御岳スノーリゾート

営業期間詳細
[冬季]

・冬チャオ(12/1~3/15)8:30~16:00、
・春チャオ(3/16~5/6)8:30~16:00(平日) / 7:30~16:00(土・日・祝)
[夏季] ・デイゴンドラ10:30〜14:30
・ナイトゴンドラ①18:00~②19:00~③20:00~④21:00~
アクセス:
[車] 中津川ICから約2時間20分、伊那ICから約1時間40分
[電車] 木曽福島駅から、バスに乗って約65分

夏季(7/14~8/31)には各種のアトラクションの実施やイベントを開催!

「CIAO CAMP」
チャオ御岳マウントリゾート第2駐車場がオートキャンプ場に。標高1,800mの大自然でキャンプできます。

「CIAO MTB」
ゴンドラで標高2,200mの山頂からマウンテンバイクで下る4キロのダウンヒルは爽快です。
センターハウスから濁河温泉まで乗鞍岳、白山連峰を見ながら、1,800mの高地をロードバイクで走る往復15キロのサイクリングコースもあります。マウンテンバイクやヘルメット、プロテクター、グローブのレンタルもあるから気軽に走れます。

「SKY CRUISE」「STAR CRUISE」
8人乗りゴンドラ「フライングチャオ」で御岳山や乗鞍岳、白山連峰を望む大パノラマの絶景が楽しめます。夜は見渡す限りの満点の星空を満喫できます。

「SKY LOUNGE 2200」
乗鞍岳の絶景ビューの夏季限定レストランがオープン。チャオ御岳音楽祭ではクラシック、ジャズ、オペラなどの各種コンサートが開催されます。

2,000m超の3つのロングコースに圧巻のパノラマビュー!

チャオ御岳スノーリゾートでは滑走距離2,000m超えのコースが3本あり、2本の常設コースと降雪時に滑走可能な「エキストラコース」が1本あります。練習に最適の距離の短いコースも2本あり、中上級者向けのトレーニング用コースや初心者も滑走可能なお手軽コースでウォーミングアップしてから、ロングコースのパノラマビューを堪能しに行きましょう。

モーグルに最適なコブゾーンもお手軽コース内に設置されています。キッズパークではソリやチューブでゆるやかな斜面を滑ることができ、自由に雪遊びを楽しめます。

難易度 コース名 距離 平均斜度 スノーボード可能か その他(特徴)
初級者 イーストコース 2,120m 12度 安定勾配が続き初級者でも楽しめる快適クルージングコース
初・中級 センターコース 2,170m 11度 途中の急斜面が楽しい、変化に富んだロングコース
初・中級 パッセージコース 600m 13度 誰もが楽しめるお手軽コース
中・上級 ショートコース 610m 12度 中、上級者のトレーニングに最適
ウエストコース 2,250m 12度 レースやイベントエリアにも利用されるチャオ御岳スノーリゾート最長のコース
パーク キッズパーク センターハウス目の前の子ども専用スペース

このほか、チャオ御岳スノーリゾートでは極寒の環境を生かし、全国的に珍しいアイスクライミング用のアイスパレーテを設置しています。使用料は2,000円で、利用者制限は特に設けられていません。12月下旬から3月上旬くらいまで楽しめます。

各コースともスノーボードの滑走は可能です。キッズパークは子ども専用です。

リフト券には割安なWEB会員割引やお得なパック料金もある!

通常のリフト券は一日券に加え、半日の午前券と午後券があります。一日券が安くなるWEB会員割引もあります。割安なパック料金として、1日リフト券にギアレンタルと食事券がセットになった「Ciaoパック」、家族連れにうれしい1日リフト券つきの「ファミリーパック」もあります。

料金:
[大人(中学生以上)]
・4,000円 / 日
・2,500円 / 午前 or 午後
[子ども(小学生以下)]
・2,000円 / 日
・1,000円 / 午前 or 午後
[シニア(65歳以上)]
・3,500円 / 日
・2,000円 / 午前 or 午後

【シーズン券】
[大人(中学生以上)] 40,000円
[子ども(小学生以下)] 20,000円
[シニア(65歳以上)] 40,000円
[障害者(大人)] 2,000円

【WEB会員割引】
[大人(中学生以上)]
・4,000円 / 日、
・2,800円 / 午前 or 午後

【ファミリーパック:9,000円】
1日リフト券(大人2枚と小学生以下1枚)+食事券(1,000円分×3枚)
※オプション:小学生以下の子の1日リフト券(1,000円)

【Ciaoパック:6,000円】
1日リフト券(大人1枚)+ギア一式レンタル代(ウェア除く)+食事券(1,000円分)
※オプション:ウェアレンタル(1,000円)

日中メインの営業で、春スキーなら早朝も滑れる

チャオ御岳スノーリゾートの冬季営業期間は通年11月下旬から5月中旬まで。本格シーズンの12月から3月15日までは「冬チャオ」、3月16日以降は「春チャオ」として営業しています。「春チャオ」では早朝の滑走も可能です。

【営業期間】
12月1日〜5月中旬ころまで

【営業時間】
冬チャオ(12月1日〜3月16日) 8:30〜16:00
春チャオ(3月16日〜5月6日)
[平日] 8:30〜16:00
[土日祝] 7:30〜16:00

【早朝営業】
あり(3月16日〜5月6日の土日祝7:30~)

各種ギアもレンタル可!ウェアは少ないので持参がおすすめ

レンタル場所はセンターハウスの1階です。スキー板は200セット、ボードは300セット、ウェアは70着程度で、数や種類がそれほど多くはないため事前予約は不可、現地にて直接手続きをします。レンタル時には本人確認書類の提示が必要なので忘れずに持参しましょう。

【各種レンタル料金の一覧】
スキーセット:
[大人]
・4,000円 / 日
・2,500円 / 半日
[子ども(小学生以下)]
・3,000円 / 日
・2,000円 / 半日

スキー板:
[大人(サイズ140~175cm)]
・2,500円 / 日
・2,000円 / 半日
[子ども(サイズ90~140cm)]
・2,000円 / 日
・1,500円 / 半日

ボードセット:
[大人(サイズ131~164cm)]
・4,000円 / 日
・3,000円 / 半日
[子ども(サイズ90~131cm)]
・3,000円 / 日
・2,000円 / 半日

スノーボード:
[大人(サイズ131~158cm)]
・2,500円 / 日
・2,000円 / 半日
[子ども(サイズ90~128cm)]
・2,000円 / 日
・1,500円 / 半日

ウェア:
[大人(2S、S、M、L、2L、3L)]
・3,000円 / 日
・2,000円 / 半日
[子ども(サイズ100~150cm)]
・2,000円 / 日
・1,000円 / 半日

スノースクート:1,000円 / 2時間
ポールボード:1,000円 / 2時間

初心者を優先受付!元オリンピック代表が校長のスノースクール

チャオ御岳スノーリゾートではスキーやスノボ、ポール滑走の技術が学べるスノースクールを開講します。スクール入校者は入校当日のリフト1日券が割引に。開講は午前と午後の部の2部制となっており、常設のレッスンは当日先着順ですが、初心者向けが優先されるのでスキーが初めての方は臆せずチャレンジしてみましょう。元オリンピック日本代表の岩谷校長による「岩谷メソッド」で、中上級者や競技志向の方もテクニックを磨けます。

じっくり学びたい方にはプライベートレッスン制度もあり、友達で仲良く学びたい方にはグループレッスンもあります。

【スクール料金】
[一般クラスレッスン(6名まで・中学生以上・初級 / 中級)]
・4,000円 / 半日
・6,000円 / 日
[一般初心者クラスレッスン(8名まで・中学生以上・初心者)]
・3,500円 / 半日
・5,500円 / 日
[エキスパートレッスン(6名まで・小学生以上・2級程度以上の方)]
・4,000円 / 半日
・6,000円 / 日
[ジュニアレッスン(6名まで・連続ターンができる4歳~小4年まで)] 

・4,000円 / 半日
・7,000円 / 日
[ジュニア初心者レッスン(6名まで・小学生以上・初心者)]
・3,500円 / 半日
・5,500円 / 日
[キッズレッスン(満4歳以上未就学児)]
・4,000円 / 半日
・7,000円 / 日
[プライベートレッスン(3名様まで※要予約)]
・18,000円 / 半日
・24,000円 / 日
[グループレッスン(8名様まで※要予約)]
・20,000円 / 半日
・32,000円 / 日
[ポールレッスン(小学4年生以上のレース志向の方)]
・4,000円 / 半日
・6,000円 / 日

広域から集客するから時間帯や天気により混み合いやすい

「チャオは子供のリフト券が無料であり、そのため親子連れが多い」
出典:“何して遊ぼ?”

 

「長野に近い岐阜 という土地柄もあって関東/甲信越/中京/近畿/中国/四国/九州など広い地域から大勢のスキーヤーやボーダーが集まって来ます」
出典:柴犬さくらのすけとSKIに行ってきます

 

「ゴンドラは定刻の8:30ではなく、8:20頃に乗車が始まりました。列が長くなってきた」
出典:“何して遊ぼ?”

 

「チケット売り場は(中略)、かなりの渋滞ぶりを発揮していました」
出典:のびーの食っちゃね~だらだらな日々。食っちゃ寝生活してても意外と平気だったりする。

 

「ウエストコースへ。が、こちらのコースは滑る人が少ない」
出典:のびーの食っちゃね~だらだらな日々。食っちゃ寝生活してても意外と平気だったりする。

チャオ御岳スノーリゾートは元々アットホームなスキー場で子どものリフト券が無料だったため、子ども連れがたくさん来場していました。2018年~2019年シーズンは子ども料金が設定されたので、レストランや休憩スペースなどの共有スペースの混雑は若干緩和されるかもしれません。

また、チャオ御岳スノーリゾートは春スキーが楽しめるため、関東や西日本など広域からお客さんが来ます。その多くは車で遠方から来るため、車中泊する人が多く、朝の営業開始時は非常に混み合いやすいので要注意です。

こじんまりしたスキー場のため、天気によって混雑具合が非常に左右されることが予想されます。ウェストコースは通常とは違ったエクストラコースのため、混み合いにくいようです。

チャオ御岳スノーリゾートの現在状況はここでチェック!

チャオ御岳スノーリゾートの現在状況は、トップページの下のほうにある「今日のCiao」のリンクから確認できます。すぐ確認したいなら以下のリンクから飛んでもOKです。

公式はこちら:チャオ御岳スノーリゾート

【確認できる内容】
[現在のゲレンデ状況] ・山頂・山麓の天気・積雪量・気温・雪質・ゲレンデの画像
[リフト運行状況] ゴンドラフライング・チャオ第一デュオリフト・第三デュオリフト
[各コース利用状況] 各コースの利用可否・アイテム設置状況

レアなアイスパレーテの設置や御岳山のトレッキングツアーを開催

【アイスパレーテ】
チャオ御岳スノーリゾートでは、全国的にも珍しいアイスクライミング用のアイスパレーテが設置されています。高山の極寒の気候を活かした高層の氷壁は12月下旬から3月上旬まで楽しめます。道具のレンタルもあり、氷の状態が良好であれば使用料2,000円で毎日登れます。

アイスクライミング未経験者も大歓迎!体験会の開催も予定されています。

【スノーシューツアー】
毎週土日にプロのガイドが御岳山の原生林を案内してくれる予約制のトレッキングツアーです。雪上を歩くためのスノーシューはレンタル可能。ツアーは1人8,000円で、各種の用具レンタルに軽食、温かい飲み物つきです。スノートレッキング初心者でも手ぶらで楽しめます。

大パノラマの北アルプスの絶景に感動すること間違いなし!

チャオ御岳スノーリゾートへは車で行くか旅行会社のツアーに参加

アクセス:
[車] 中津川ICから約140分、伊那ICから100分
[電車] 木曽福島駅からタクシーで約60分

チャオ御岳スノーリゾートへは車でのアクセスがおすすめです。高速道路のインターチェンジを降りて国道をいくつか経由しスキー場まで向かいます。

公共交通機関の利用は厳しく、旅行会社のツアーに申し込んでJR高山駅発の無料シャトルバス(要予約)で現地に向かうか、宿泊施設の送迎バス等の利用が必要となるので注意が必要です。

チャオ御岳スノーリゾートには1,800台収容の無料駐車場あり

出典:Pixabay

チャオ御岳スノーリゾートには収容台数1,800台の無料駐車場があります。駐車場は2ヶ所あり、スキー場のすぐ手前、センターハウス向かいの1,200台収容の第1駐車場か、満車の際は少し奥にある600台収容の第2駐車場を利用します。

開門時間は特に設けられておらず、24時間開放されています。トイレはセンターハウス内にあるトイレを利用できます。スキー場入口でも標高が1,800mの高地のため凍結します。チェーン等の雪道用の装備を忘れずに携行しましょう。

レストランやカフェはメイン施設の「センターハウス」にて営業

チャオ御岳スノーリゾートのメイン施設となるセンターハウスにレストランとカフェがあります。スキーやボード滑走の合間に軽食を取ったり休憩したいなら、センターハウス1Fのカフェ「カリーノ」で、コーヒーやパン、付け合わせがついたランチボックスがいただけます。

ランチタイムはセンターハウス2Fの「レストラングランデ」でどうぞ。ご当地の飛騨牛カレーや東海地区で人気の味噌カツ丼、飛騨高山特産のボリューム満点の定食メニューがあります。

【基本情報】
店名:レストラングランデ
住所:岐阜県高山市高根町日和田1739-1 チャオ御岳スノーリゾート センターハウス 2F
電話:0577-59-3620
営業期間:冬季(11月下旬〜5月中旬)
営業時間:10:00~15:00
公式はこちら:チャオ御岳スノーリゾート

【基本情報】
店名:カリーノ
住所:岐阜県高山市高根町日和田1739-1 チャオ御岳スノーリゾート センターハウス 1F
電話:0577-59-3620
営業期間:冬季(11月下旬〜5月中旬)
営業時間:8:30~16:30
公式はこちら:カリーノ

仲間で泊まれるカジュアルなロッジや近隣の温泉旅館が便利

ロッジチャオ

チャオ御岳スノーリゾート併設の唯一の宿泊施設が「ロッジチャオ」です。カジュアルなドミトリー形式のお部屋は定員4名で、家族連れや気の合う仲間と一緒に泊まれます。素泊まりが基本で料金もリーズナブル。くつろげるソファやテーブルのある談話室もあります。ゲレンデまで徒歩0分、晴れた日の朝の御岳山は非常に美しいです。

【基本情報】
住所:岐阜県高山市高根町日和田1739-1
電話:0577-59-3620
料金:4,000円〜 / 泊
営業期間:個人の宿泊はスキーシーズン(11月下旬から5月中旬)のみ、1月9日~3月17日は平日の宿泊は不可。
チェックイン / チェックアウト:15:00~17:00 / 9:00
公式はこちら:チャオ御岳マウントリゾート

旅館御岳

チャオ御岳スノーリゾートの近隣の濁河温泉の「旅館御岳」は、幅広い効能の天然温泉のかけ流しや露天風呂が自慢。スキーやスノボで疲れた体を回復させつつ、美味しい飛騨牛を堪能できます。

【基本情報】
住所:岐阜県下呂市小坂町落合唐谷2376-1
電話:0576-62-2124
料金:10,260円~ / 人 ※時期によって異なります。
営業期間:通年
チェックイン / チェックアウト:14:30 / 10:00
アクセス:[車] 高山ICから約90分、伊那ICから約120分
公式はこちら:旅館御岳

近隣の温泉や幻想的な冬の景色を楽しんでみては?

濁河温泉 朝日荘

濁河(にごりご)温泉はチャオ御岳スノーリゾートにほど近い温泉地。通年営業している温泉街としては日本有数の高所にあり、高地トレーニング施設の「御嶽パノラマグラウンド」もあります。
その中でも朝日荘は、2種類の源泉かけ流しの温泉が満喫できるおすすめの温泉宿です。

【基本情報】
住所:岐阜県下呂市小坂町落合2383
電話:0576-62-3528
料金:
季節の鍋プラン:16,000円~(税・入湯税別)
飛騨牛プラン:18,000円~(税・入湯税別)
営業期間:通年
チェックイン / チェックアウト:14:00 / 10:00
アクセス:[車] 高山ICから約1時間20分
公式はこちら:濁河温泉 朝日荘


飛騨路下呂温泉 幸乃湯

下呂温泉は平安中期に発見され、古くから名湯として知られる日本有数の温泉です。スキー帰りでも利用しやすい日帰り温泉もあり、幸乃湯旅館併設の公衆浴場、幸乃湯は夜23時までの営業しているから気軽に立ち寄れます。リーズナブルな8種類ものお風呂があり、子どもから大人まで大満足の温泉です。

【基本情報】
住所:岐阜県下呂市幸田
電話:0576-25-2157
料金:
[大人] 370円
[小学生] 150円
[幼児] 70円
営業期間:通年、火曜日定休
営業時間:10:00~23:00(受付は22:00まで)
アクセス:
[車] 中津川ICから約60分
[電車] 下呂駅から徒歩約5分
公式はこちら:飛騨路下呂温泉 幸乃湯

飛騨たかね工房

道の駅「飛騨たかね工房」は国道361号沿いにあり、観光情報を入手できます。売店では地元の農産物や特産物が販売されており、唐辛子ソースの「うま辛王」が人気です。トイレと駐車場、公衆電話は24時間利用できます。

【基本情報】
住所:岐阜県高山市高根町中洞767-4
電話:0577-59-6020
営業期間:通年、火曜日定休(祝日の場合は振替休日あり)、年末年始は休業
営業時間:
[4~11月] 9:00~18:00
[11月~3月] 9:00~17:00
アクセス:[車] 飛騨清見ICから約60分、伊那ICから約140分
公式はこちら:道の駅飛騨たかね工房

氷点下の森

「氷点下の森ライトアップ」は秋神温泉旅館のご主人による毎年恒例のライトアップイベント。昼間は青みがかった氷の森が夜になると幻想的な姿に。4ヘクタールの敷地内で何ヶ月も準備してつくりあげた作品の数々が見られます。

【基本情報】
住所:高山市朝日町胡桃島355(秋神温泉旅館内)
電話:05769-6-1716
料金:無料
営業期間:例年1月1日から3月末まで
営業時間:日没から21:30
アクセス:
[車] 木曽福島から約1時間20分、もしくは下呂から約55分、
公式はこちら:氷点下の森

白川郷

世界遺産登録の白川郷の合掌造りは大小100棟、独自の様式で作られた建築と自然との調和が非常に美しいです。当地の伝統文化を体験できる施設や資料館もあり、昔の日本の姿を偲ぶことができます。

【基本情報】
住所:岐阜県大野郡白川村荻町
電話:05769-6-1716
営業期間:通年
アクセス:
[車] 白川郷ICから約5分
公式はこちら:白川郷観光協会

春スキーも十分楽しめる

チャオ御岳スノーリゾートは中部地域には珍しい春スキーが楽しめるスキー場です。シーズンが6ヶ月間もあるため、長く楽しめ、壮大な自然の大パノラマはいつ来ても魅力的。

遠方から車中泊して滑りに来る人もいますが、周辺には店舗などもないため車中泊は避けたほうが無難です。ドライブやスキー場で遊んだ後の疲れを取るためにも、周辺の温泉地などに宿泊することをおすすめします。標高1,800mの非常に寒冷な高地なので装備をしっかり用意しましょう。

この他にもチャオ御岳スノーリゾートについてまとめた記事があります。気になる方はチェックしてみて下さい。
初心者向けのスクールもある泉ヶ岳スキー場の天気・ゲレンデ情報