おすすめのスキーの帽子を男女別に紹介。かぶり方や子供用の帽子も

スキーをする時の必須アイテムの1つに、帽子があります。帽子なしでのスキーは、寒さが倍増するだけではなく、安全面においても不安があります。今回は、スキー場でぜひかぶっておきたい帽子の種類やかぶり方、おすすめ商品を紹介します。

まずはスキーの帽子の種類を知ろう

スキーをする時にかぶる帽子には、いくつかの種類があります。まずは、スキーの帽子の種類についてまとめました。

シングルや折り返しありなど通常のニット帽

冬のファッションとしてもよく用いられるニット帽は、ウィンタースポーツでも定番アイテムです。

ニット帽には、裾部分が折り返されていないシングルニット帽、折り返しが付いているダブルニット帽があります。

ウィンタースポーツをするときに使うニット帽は、保温性が高いものも多く市販されています。防寒を考えてニット帽を選ぶなら、ウールやアクリルといった防寒性の高い素材を使用しているものがおすすめです。

耳当てやツバ付きタイプのニット帽

ニット帽の中には、先ほど紹介したシングルやダブルの他に、耳当てが付いているものもあります。通常のニット帽は耳をカバーできないものが多いですが、耳当てが付いていれば、耳をすべてカバーでき、保温性も向上します。

その他にも、ツバ付きタイプのニット帽もあります。『キャスケットタイプ』とも呼ばれるツバ付きニット帽は、カジュアルで小顔効果も期待できます。

しかし、ツバはスキーをするときにゴーグルを装着する際に邪魔になりやすく、不向きともいえます。

新定番。ベースボールキャップ

ニット帽以外のスキーの帽子として、ベースボールキャップが新しい定番アイテムになりつつあります。

一見スキーには不向きと思えるかもしれませんが、裏ボアが付いているタイプなら防寒性にすぐれ、柔軟性があるツバならスキー中に受ける風圧にも対処可能です。

風圧対策に。ワークキャップ

ベースボールキャップと似たタイプのワークキャップも、スキー場で見かけることが多い帽子です。こちらも裏ボア付きの商品があり、さらに耳付きタイプなら防寒性も期待できます。

ベースボールキャップよりもツバが短めで、こちらも風圧に対処しやすいモデルといえます。

帽子なしは危険?スキーの帽子のメリット

スキー場へ行くと、大多数のスキーヤーが帽子をかぶっているでしょう。帽子をかぶらずにスキーをしている人の方が少数派ではないか、と感じるほどです。

当然のことながら、スキーは気温の低い雪山で行うスポーツです。そのため、帽子を使用することも少なくありません。帽子を着用するのは防寒のためだけど思われがちですが、実はスキーで帽子を使用する目的は、防寒のためだけではありません。

転倒した際の衝撃を和らげる

スキーでは、転倒がつきものです。

自分が転倒しなくても、周囲にいる人が衝突してきて、事故に巻き込まれることも考えられます。スキー場で起こり得る事故では、思わぬ強い衝撃を受けることもありますし、転倒時にスキー板のエッジで切り傷を追う可能性もあります。

そんな予期せぬ事故の時に頭を守ってくれるのが、帽子です。

できるだけ厚手の帽子をかぶっていれば、その分クッション性が高くなるため、頭に受ける衝撃を和らげることができます。衝突時に頭がエッジに触れたとしても、切り傷を最小限に抑えられるでしょう。

寒さ対策や雪避けになる

スキーの帽子の役割として、寒さ対策がまず第1に挙げられます。スキーは風を受けながら滑走するスポーツですから、スキー中に感じる体感温度は、実際の気温よりも必然的に低いものです。

しかし帽子をかぶっていれば、身体に当たる風をある程度防いでくれます。

スキーの帽子の中には、保温性を高めたり吸汗速乾性のある素材を使用していたりする製品もあるので、寒さが苦手という人は、機能性の高い帽子を使用するのも1つの手段です。

スキー場では、降雪もつきものです。スキー中に雪が降ってきたとしても、帽子をかぶっていれば雪避けになります。吹雪となった場合でも、帽子をかぶっていれば、帽子をかぶっていない状態よりも温かさを保てます。

顔の形別。スキーの帽子の選び方とかぶり方

スキーの帽子は、転倒時の衝撃を抑えて寒さ対策ができるアイテムです。スキー場で帽子をかぶるなら、このような機能性とファッション性を兼ね備えた帽子を選びたいと思う人も多いのではないでしょうか。

とはいえ、どんな帽子でも万人に合うとは限りません。顔の形によって、最適な帽子とかぶり方があります。自分の顔の形から、ベストな帽子を選びましょう。

丸顔タイプはツバ付きニット帽を浅くかぶる

丸顔タイプの人に最適な帽子は、ツバ付きニット帽やボンボンが付いたタイプのニット帽です。特にツバ付きニット帽は、比較的多くの人に似合いやすいといわれています。

丸顔タイプの人が帽子をかぶるなら、ボンボン付き、またはツバ付きニット帽を浅くかぶり、できるだけ額を出すのがポイントです。こうすることにより、顔が縦長に見え、卵型に近づけられます。

面長タイプはワークキャップを深めにかぶる

面長タイプの人には、できるだけ高さがない浅めの帽子や平たいワークキャップがおすすめです。横にボリュームを出すことで、余計に顔が縦長に見えることを防いでくれます。

面長タイプの人がニット帽をかぶるときは、丸顔タイプとは逆に、深めにかぶりましょう。顔の縦の長さをカバーできます。

ワークキャップのようなツバ付き帽子は、ボリュームをつぶしながらツバが床と平行になるようにかぶると、バランス良くなります。

四角、三角タイプは耳当て付きニット帽を浅くかぶる

四角、または三角タイプの顔の人には、耳あて付きのニット帽がおすすめです。耳あては、四角タイプの人のエラを隠してくれる上、三角タイプの人の張っているこめかみ付近の『ハチ』をカバーしてくれます。

四角、三角タイプの人のニット帽のかぶり方のポイントは、すこし浅めにかぶるということです。眉が少し隠れ、耳を出すようにかぶると、顔から頭までの全体のバランスが良くなります。

おすすめのスキーの帽子 メンズ、ニット帽

スキーをする時にかぶる帽子として、スポーツウェアブランドやアウトドアブランドなどからさまざまな商品が販売されています。こちらでは、メンズ用のおすすめニット帽を紹介します。

リブ編みがオシャレ。OAKLEY BACKBONE BEANIE

スポーツ用サングラスやアパレルブランドとして知られる『OAKLEY』のニット帽は、シンプルカジュアルながらリブ編みがオシャレな、かぶりやすい帽子です。

ファッションにも取り入れやすい、カラーと小さめのロゴラベルもポイントで、タウンユースにも使えるモデルです。

普段使いにも。NIKE SB FISHERMAN BEANIE

スポーツブランドとして知名度が高い『NIKE』からも、ニット帽が出ています。

『NIKE SB FISHERMAN BEANIE』は、ゲレンデはもちろん街でも着用できるオールマイティーなクラシックデザインが特徴です。折り返し部分には、NIKEのロゴが刺繍されています。

柔らかなアクリルニットなので、折り返しやすく、頭にフィットしやすいニット帽です。

カジュアルスタイルに。耳当て付きニット帽

定番のノルディック柄が特徴の、男女兼用で使えるボンボン付きのカジュアルな耳当て付きニット帽です。締めつけ感のないフィット感で、長時間の着用にも対応します。

おさげの部分は細かな三つ編みとなっており、耳をしっかりカバーします。トップのボンボンは控えめなので、男性でも違和感なく着用できます。

  • 商品名:耳当て付きニット帽
  • 価格:2160円(税込)
  • 楽天:商品ページ

かぶり心地抜群。DAKINE WAFFLE VISOR

ハワイ・マウイ島生まれのスポーツブランド『DAKINE』のニット帽は、ワッフル生地でかぶり心地抜群です。ツバ付きのキャスケットタイプで、丸顔の人に特におすすめです。

カラーはブラック、チャコール、グレーのベーシックな3色なので、どんなスキーウェアにも合わせやすいでしょう。

おすすめのスキーの帽子 メンズ、キャップ

ニット帽ではなく、ゲレンデでキャップをかぶりたい、という人におすすめの、メンズのキャップを紹介します。

保温性が高い。THE NORTH FACE BADLAND CAP

アメリカのアウトドアブランド『NORTH FACE』の耳付きキャップ『BADLAND CAP』は、とにかく防寒性・保温性が高いのが魅力です。

耳の部分には、マイクロフリースの裏地とフェイクファーを使用し、保温性を高めています。素材には防水透湿性に優れたハイベント素材を用い、寒い雪山でのアクティビティでも頭の濡れを抑え、快適に保ちます。

人気商品。Clef LAND WIRED RIB WORK CAP

帽子ブランド『Clef』の人気アイテムである、後ろがリブ使いの『リブワークキャップ』とワイヤー入りのツバが特徴の『ワイヤードブリムキャップ』がひとつになったのが、こちらのモデルです。

かぶりやすいリブ使いと自由にアレンジができるワイヤー入りツバがある、2種類のキャップのいいとこ取りのキャップです。かぶりやすく、ゲレンデでもストレスフリーで使えます。

タウンユースとしても十分使えるデザインも、魅力です。

シンプルデザイン。Baseballcap snj148

シンプルなベースボールキャップを使いたいという人には、こちらの『Baseballcap snj148』がおすすめです。

厚手のスウェット生地を使った、流行のスタイルをスノーボード仕様にしたタイプです。目を引くロゴは立体刺繍で、高級感もアップさせています。

ツバは流行のアーチ型、スナップバックを搭載し、頭の形にフィットさせやすい構造です。

  • 商品名:Baseballcap snj148
  • 価格:2980円(税込)
  • 楽天:商品ページ

おすすめのスキーの帽子 レディース

スキーのときにかぶる帽子は、レディース向けの商品も揃っています。その中から、おすすめの帽子を3種類紹介します。

吸水速乾。フェニックス Puffy Watch Cap

スキーウェアブランド『フェニックス』のこちらのニットキャップは、吸汗速乾機能のフリースを裏地に採用しています。汗を素早く乾かし、温かさを保ちます。

カラー糸を使った、目を引くグラデーションニットも特徴で、カラーはブラウンとネイビーが揃っています。

  • 商品名:フェニックス Puffy Watch Cap
  • 価格:4212円(税込)
  • 楽天:商品ページ

可愛いポンポン付き。フェニックス Spicy Earflap Beanie

続いての帽子も、フェニックスの製品です。こちらは耳当てが付いた、より防寒性を求める人に適したタイプの帽子です。

先ほど紹介した『Puffy Watch Cap』と同じ吸汗速乾性のあるフリースを使っており、立体的な多色使いの柄編みがデザインのポイントになっています。トップにボンボンが付いた、温かさと可愛らしさを兼ね備えたニット帽です。

全3色。コンテ オブ フローレンス ニットキャップ

イタリア生まれのゴルフウェアブランド『コンテ オブ フローレンス』からも、スキー場で使うのに適したニットキャップが出ています。

メリノウールを100%使った高品質素材『エクストラファインメリノウール』を使用した、ブランドロゴのワンポイントがオシャレなニット帽です。

色はホワイトの他、レッド、ブラック、グレーの全4色が揃っています。スキーウェアや普段の洋服とコーディネートしやすい、シンプルデザインも魅力です。

おすすめのスキーの帽子 子ども

スキーを楽しむ子どもにとっても、思わぬ事故による衝撃や寒さを防ぐための帽子は大切なアイテムです。そんな子ども向けの帽子のおすすめ商品を、ピックアップしました。

ベーシック。GOLODWIN Jr. Rib Cap

日本生まれのスポーツウェアメーカー『GOLDWIN』のニット帽は、ベーシックなタイプです。シンプルな見た目ですが、ホールガーメントでシームレスに仕立てたリブキャップなので、フィット感が良いのが特徴です。

カラーはビビットなレッド、オーキッドピンク、クリアブルーの他に落ち着いたミックスグレーの4色が揃っています。

消臭機能付き。Karrimor BB folded beanie d

こちらは、イギリスのアウトドアブランド『Karrimor』のニット帽です。

ローゲージで編まれたアクリル製の帽子には、デオテープが採用されており、消臭機能を搭載しています。上部のボンボンは、デザイン性を高めるだけではなく、リフレクト糸夜間の視認性を高める役割も持っている、機能性の高いニット帽です。

カラーは全6種類から選択でき、ボンボンとベースカラーの組み合わせもオシャレな一品です。

耳まですっぽり。Columbia アイスバーグリバー

アメリカのスポーツウェアブランド『Columbia』のニット帽は、総ニット製で防寒性の高い商品です。

特徴的なのは、2色のカラー切り替えデザインです。リブとケーブルニットそれぞれ違うカラーに仕立ててあり、頭頂部にはループ状のポッチがアクセントに付けられた、遊び心のあるデザインです。

色の組み合わせは、グレー×ピンク、ブラックネイビー×ブルー、イエロー×ブラウンの3色から選べます。

まとめ

スキーの帽子は防寒だけではなく、事故でのケガ予防のためにも大事なアイテムです。帽子にはさまざまなタイプがあり、機能性も兼ね備えたタイプも揃っています。

スキーの装備を揃える時には、帽子にもこだわってみてはいかがでしょうか。