関温泉スキー場の特徴・魅力をどこよりも詳しく紹介!

温泉もスキーも両方楽しみたい人におすすめなのが、新潟の関温泉スキー場です。100年を超える歴史を持つ老舗のスキー場ですが、それほど知られていない知る人ぞ知るスキー場なのです。関温泉スキー場のコースやアクセス方法、宿泊費説や特徴、天気、アクティビティなどについて、どこよりも詳しくお伝えします!一般にはあまり知られていないレア情報を見つけられるかもしれません。関温泉スキー場に行く前にチェックしておけば、今までの何倍もスキーや温泉を楽しめるはずです。

関温泉スキー場のゲレンデ・コースをご紹介

出典:Imgorthand / iStock / Getty Images Plus / ゲッティイメージズ

難易度 コース名 距離 平均斜度 その他(特徴)
上級者 銀扇コース 650m 30度 最大傾斜45度と妙高山系最高の傾度を持つコースです。圧雪は一切行わず、最高のパウダースノーを楽しめます。春先はモーグルコースのようなバーンが形成されます。
初級者 スカイラインコース 600m 10度 毎日グルーミングしている非常に滑りやすいコースです。子ども、初心者、高齢者に最適。
中級者 レルヒコース 400m 15度 基本的に毎日圧雪しているコースで、毎日最適な状態になるように非圧雪と圧雪を調整しています。コースの中にジャンプ台があるパークもあります。
初心者~上級者 バックカントリー・パウダー・ガイドコース 600m 必ずパウダースノーで滑れるコース。しかしスキー場のコース外となるため、何かあってもスキー場では責任が持てません。そのため、必ずガイドを付けて利用して下さい。
初心者・初級者 メインゲレンデ 未記載 10度 ジブパークとジャンプ台があり、週替わりで登場するアイテムもあります。3月にはハーフパイプが用意されます。

関温泉スキー場は全面がスノーボードで滑走可能となっています。メインゲレンデには3月になるとスノーボード用にハーフパイプが設置され、レルヒコースにはジャンプ台が設置されます。さまざまな楽しみ方ができ、スノーボーダーが思う存分楽しめる魅力的なゲレンデです。スノーボーダーへの制限があったり、スノーボードは滑れなかったりするスキー場もある中、安心してスキー場全体を好きなように滑走できるのは、とても嬉しい環境だといえます。

関温泉スキー場のリフト料金をご紹介

出典:Henry Chan / iStock / Getty Images Plus / ゲッティイメージズ

関高原スキー場のリフト料金は以下のように設定されています。

[大人1日券] 3,500円
[大人1回券] 500円
[大人午後券(12:00~)] 2,800円

[小人1日券] 2,800円
[小人1回券] 200円
[小人午後券(12:00~)] 2,000円

[シーズンパス] 50,000円(先着100名)
シーズンパスはナイター利用も可。公式サイトから申込用紙をダウンロードし、顔写真(3カ月以内に撮影したもの)を添えて郵送で申し込みをする必要があります。

非常にシンプルな料金体系なので誰でも迷わず使いやすいのが魅力です。また、1回券もあるので、子どものスキー場デビューや「少しだけ滑って後は飲みたい、温泉に行きたい」という人や、無理なく適度に身体を動かしたいという高齢者にもおすすめです。

関温泉スキー場の営業時間と営業期間について

出典:narvikk / iStock / Getty Images Plus / ゲッティイメージズ

2018年の関温泉スキー場の営業期間と営業時間については、まだ公式サイトに正式な情報がアップされていませんが、2016年のシーズンの情報が残っていたので、そちらをご紹介します。
2018年は変化があるかもしれませんので、お出かけの前に公式サイトをご確認下さい。

営業期間 2016年12月中旬~2017年5月中旬
営業時間 9:00~16:30

ナイター営業については、過去の情報を調べたところ、年越し(12月31日の夜)のみ開催されています。通常はナイター営業をしていません。

関温泉スキー場でレンタルできるウェアやアイテム

出典:VisualCommunications / iStock / Getty Images Plus / ゲッティイメージズ

関温泉スキー場ではスキー用品やウェアのレンタルを行っています。レンタルできるグッズ一式と料金は以下の通りです。

・スノーボード一式  4,000円
・板  2,000円
・バインティング  1,000円
・ブーツ 2,000円
・ウェア― 2,500円
・グローブ 1,000円
・ゴーグル 1,500円
・ニット帽 500円
・ネックウォーマー 500円

テレマーク レンタル 一式
[3時間] 2,000円
[6時間] 3,000円
[2日間] 5,000円
[3日間] 6,000円

サイズや種類についての詳細は記載されていませんが、一般的なサイズであれば問題ないでしょう。

オフィシャルサイトを見るとパウダーボードの試乗レンタルも行っています。試乗中は自分のボードと免許証の提出が必要です。
レンタルできるパウダーボードの種類は豊富で、JONES SNOWBOARDSやBURTON、Volkl Snowboardsなどがあります。

関温泉スキー場のスキー&スノーボードスクール

出典:Benoist SEBIRE / iStock / Getty Images Plus / ゲッティイメージズ

関温泉スキー場では、多彩なレッスンメニューを用意しています。

スキーレッスン
一般レッスン 
[半日(2時間)] 4,000円 
[1日(4時間)] 6,000円

団体レッスン 
[半日(2時間)] 20,000円 
[1日(4時間)] 30,000円

プライベートレッスン 3名まで(1.5時間) 18,000円
[午前] 10:00~12:00
[午後] 13:30~15:30

お子様特別コース
小学生低学年以下、自分でリフト乗車ができない子どもが対象のマンツーマンレッスン
[90分] 7,000円
[180分] 12,000円
受付時間 8:45~9:45 / 12:30~13:15

テレマークスクール
[半日(2時間)] 8,000円
[午前] 10:00~12:00
[午後] 13:30~15:30

関温泉スキー場の混雑度合いや口コミを紹介

出典:Max Lowe / iStock / Getty Images Plus / ゲッティイメージズ

関温泉スキー場の雪質の状況も気になりますよね。そこで、関温泉スキー場を利用した人達が投稿した口コミをチェックしたところ、以下のような感想を見つけました。

現地は激パウでした!(^^)!
スキー場のHPでは新雪50cmとありましたが、多いところは60~70cmくらいあったんじゃないでしょうか?
出典:もしたかのページ

深雪のパウダースノーが特徴のようですね。
また、現地までのアクセスについて以下のような口コミがありました。

国道18号から関燕方面に 両脇の雪の壁が4mを超えてきました
FF車が立ち往生 これ以上はスタットレスだけでは登れませんね〜
出典:TSサニー B110 B310

時期によっては、車が立ち往生していまうほどに雪が積もるようです。
事前に天気やライブカメラをしっかりチェックして、準備万端で行くようにしましょう。

関温泉スキー場の天気や積雪量、ライブカメラ

出典:cdbrphotography / iStock / Getty Images Plus / ゲッティイメージズ

関温泉スキー場がある新潟県妙高市は世界的にも積雪量が多い豪雪地帯として知られています。過去の積雪量を詳しく記してある公式の情報は見つけられなかったのですが、個人ブログから2012年1月24日の積雪量が510cmという記載を発見しました。また、関温泉スキー場を訪れた人の口コミを見ていても「雪質が非常に良い」「パウダースノー」「雪の量が多い」という記載が非常に多いため、雪質についての心配はしなくても大丈夫でしょう。

5月初旬になるとさすがに滑るのが難しくなるようですが、フワフワのパウダースノーを堪能できるスキー場です。
関温泉スキー場ではライブカメラは設置していません。ただし妙高市が関エリアにライブカメラを設置していますので、そちらを参照すると良いでしょう。

天気を確認する方はこちら:tenki.jp

ライブカメラはこちら:妙高市ライブカメラ

関温泉スキー場で楽しめるアクティビティ

出典:Nathan Miller / EyeEm / iStock / Getty Images Plus / ゲッティイメージズ

関温泉スキー場は非常にコンパクトなスキー場です。そして、長い歴史を持つ大人向けのスキー場でもあります。そのため、他の大きなスキー場のようにスキーやスノーボード以外のアクティビティを楽しめるつくりにはなっていません。
ただし「関温泉」という名前が示す通り、極上の温泉は楽しめます。スキー場の近くに関温泉と燕温泉、2つの温泉街があり、どちらの温泉街にもノスタルジーを感じさせる温泉宿がたくさんあります。多くの宿で日帰り入浴を楽しめるため、関温泉スキー場は日帰り温泉をはしごしたい大人には最適のスキー場です。スノーラフティングやスノーシュー、犬ぞり体験などのアクティビティをお求めの方は他のスキー場を探しましょう。

関温泉スキー場へのアクセス方法について

出典:Mint Images / EyeEm / iStock / Getty Images Plus / ゲッティイメージズ

関温泉スキー場へは、以下の方法でアクセスできます。

アクセス:
[車] 妙高高原ICから約20分
[電車] 関山駅から、関温泉行きのバスに乗って約15分

関温泉スキー場の駐車場に関する情報

出典:wiratgasem / EyeEm / iStock / Getty Images Plus / ゲッティイメージズ

関温泉には第一駐車場と第二駐車場の2つがあります。料金は以下の通りです。

第一駐車場
[土日] 500円
[平日] 無料

第二駐車場
[全日] 無料

駐車場の駐車可能台数についての記載は見つからなかったのですが、駐車場が満車になることもあるようです。ただし、公共の有料駐車場または無料の駐車場が周辺には多いようなので、心配ないでしょう。

また、関温泉スキー場にはたくさんの温泉宿があり温泉が楽しめるのも魅力ですが、温泉宿にも駐車場がないところがあり、公共駐車場の利用を勧められるケースがあるようです。車で温泉に出かける際は、駐車場の情報もチェックしたほうが良いでしょう。

関温泉スキー場のレストラン情報

出典:Taiyou Nomachi / EyeEm / iStock / Getty Images Plus / ゲッティイメージズ

関温泉スキー場内のレストランは1つだけですが、非常に評判が良く「美味しい」「レストランに来るだけでも価値がある」と言われています。

レストランタウベ
【基本情報】
住所:新潟県妙高市関温泉 関温泉スキー場
電話:0255-82-2316
料金:1,000円~1,999円
営業期間:シーズン開始から5月20日まで(シーズンによって変動あり)
営業時間:9:00~16:30
アクセス:ゲレンデ内 スカイラインコース下
公式はこちら:関温泉スキー場

レストランタウベのお米は地元関山のお米。タウベの弥生さんの田んぼで作られたコシヒカリです。タウベではパーティーも可能。お食事以外にお酒も揃っています。

関温泉スキー場のホテルや宿、宿泊情報

関温泉スキー場には、ホテルや宿は併設されていません。ただし関温泉と燕温泉の温泉宿が周辺にたくさんあります。

うぐいすの初音
【基本情報】
住所:新潟県妙高市関山6087-12
電話:0255-82-2312
料金:20,000円~24,000円
営業期間:通年
チェックイン / チェックアウト:15:00 / 10:00
アクセス:妙高高原ICから車で約15分
公式はこちら:うぐいすの初音

関温泉の温泉宿です。日帰り入浴はできず、温泉を楽しめるのは宿泊客だけです。すべてのお部屋に半露天風呂が付いています。

ホテル花文
【基本情報】
住所:新潟県妙高市燕温泉
電話:0255-82-3136
料金:4,100円~12,400円
営業期間:通年
チェックイン / チェックアウト:15:00 / 10:00
アクセス:
[車] 妙高高原ICから約20分
[電車] 関山駅から送迎あり(予約時に申し込みが必要)
公式はこちら:ホテル花文

燕温泉のホテルです。新館と旧館があり、旧館はリーズナブルに宿泊できます。素泊まりのプランもあるので「寝床を確保して温泉だけ楽しめれば」という人にもおすすめです。

樺太館
【基本情報】
住所:新潟県妙高市大字関山6087
電話:0255-82-3101
料金:10,950円~16,350円
営業期間:通年
チェックイン / チェックアウト:15:00 / 10:00
アクセス:
[車]妙高高原ICより車で約15分
[電車] 関山駅からバスで25分
公式はこちら:樺太館

燕温泉の宿です。公式サイトはなく、上記でご紹介しているURLは日本秘湯を守る会のものになりますが、関温泉スキー場公式サイトからもリンクされている情報です。石組みの露天風呂が名物です。

関温泉スキー場のコテージについて

関温泉スキー場にはコテージはありません。

関温泉スキー場の周辺情報、豊富な日帰り温泉情報はこちら!

関温泉スキー場周辺の見どころをご紹介します。

吉野家
【基本情報】
住所:新潟県妙高市関山6087-14
電話:0255-82-2315
料金:500円
営業期間:通年
アクセス:
[車] 妙高高原ICより車で約15分
[電車] 関山駅からバスで25分
公式はこちら:吉野屋

源泉100%かけ流しのお宿です。循環やろ過はしていません。広い大浴場がありますが、露天はありません。

登美屋旅館
【基本情報】
住所:新潟県妙高市関温泉6087-25
電話:0120-14-2641
料金:500円
営業期間:通年
営業時間:10:00~19:00
アクセス:
[車] 妙高高原ICより車で約15分
[電車] 関山駅からバスで25分
公式はこちら:登美屋旅館

立ち寄りだけの日帰り温泉のほか、お部屋を借りられるプランやお料理付きのプランもあります。これらのプランは16時までの利用となりますので、事前に宿に問い合わせをしましょう。

ホテル岩戸屋
【基本情報】
住所:新潟県妙高市燕温泉
電話:0255-82-3133
料金:700円
営業期間:通年
アクセス:
[車] 妙高高原ICより車で約15分
[電車] 関山駅からバスで25分
公式はこちら:ホテル岩戸屋

こちらは燕温泉の温泉宿で、乳白色のお湯が特徴。隠れ家的な味わいがあります。100%源泉かけ流し、温泉は24時間利用可能ですが、日帰り温泉の利用可能時間は宿にお問い合わせください。

燕温泉川原の湯
【基本情報】
住所:新潟県妙高市大字関山(燕温泉)
電話:0255-86-3911
料金:無料
営業期間:月・金の午前中は清掃のため入浴不可
営業時間:日の出~日没まで
アクセス:[車] 妙高高原ICより約21分
公式はこちら:燕温泉川原の湯

公共の野天風呂で乳白色のお湯を楽しめます。混浴なので水着または濡れても構わない衣類が必要です。森林セラピーロードの出発点に位置しています。

惣滝(展望台)
【基本情報】
住所:新潟県妙高市関山燕温泉
電話:0255-86-3911
料金:無料
営業期間:月・金の午前中は清掃のため入浴不可
営業時間:日の出~日没まで
アクセス:[車] 妙高高原ICより約21分
公式はこちら:惣滝(展望台)

日本の滝100選に選ばれた滝の一つで、80メートルの高さから勢いよく水が落ちてきます。修行中の行者の姿が今でもみられる滝としても知られています。

関温泉スキー場の基本情報~住所や営業時間など~

【基本情報】
住所:新潟県妙高市関温泉
電話:0255-82-2316
料金:大人リフト1日券 3,500円
営業時間:9:00~16:30
アクセス:妙高高原ICより車で約21分
公式はこちら:新潟県妙高市関温泉

長い歴史を持つ関温泉スキー場は、非常に積雪量が多く、良質のパウダースノーに恵まれてます。スキー場の規模自体はこじんまりしていますが、雪質に惹かれて「また来たい」と話す人が多く、外国からスキーをしに訪れる観光客の姿も目立つ、注目のスキー場です。スキー場内のレストランは非常においしいという口コミが多く、食事をするためだけに訪れても良いという声もあるほど。近くには関温泉と燕温泉、2つの温泉街があり、日帰り温泉も楽しめます。スキーと温泉、どちらも楽しみたい人におすすめのスキー場です。