峰山高原リゾートホワイトピークの特徴や料金情報。宿泊施設も紹介

峰山高原リゾートホワイトピークは、2017年にオープンしたばかりのスキー場です。まだまだ訪れたことがない人も多いこの新しいスキー場について、料金やレンタルなどの基本情報や周辺の宿泊施設の情報などを紹介します。

峰山高原リゾートホワイトピークの基本情報

[LuckyBusiness]/[iStock / Getty Images Plus]/ゲッティイメージズ

まずは、峰山高原リゾートホワイトピークの場所や利用料金などの基本情報をまとめました。

所在地と公式HP、営業時間

峰山高原リゾートホワイトピークは、兵庫県の中央部に位置する神河町にあるスキー場です。雪彦峰山県立自然公園の区域内にあり、避暑地として知られる峰山高原に、ゲレンデが設けられています。

公式HPには、峰山高原リゾートホワイトピークの詳しい情報が掲載されています。

公式はこちら:峰山高原リゾートホワイトピーク

スキー場の営業時間は平日8:30~17:00、休日はオープン時間が8:00~、ナイター営業時は23時まで営業時間が延長されます。

リフト利用料金

2018−19シーズンの峰山高原リゾートホワイトピークのリフト料金は、平日と土日祝日で料金が変わります。

  • 平日4時間券
    大人2500円、小人・シニア1200円
  • 土日祝日4時間券
    大人3000円、小人・シニア1500円
  • 平日6時間券
    大人3000円、小人・シニア1500円
  • 土日祝日6時間券
    大人3300円、小人・シニア2000円
  • 平日ナイター4時間券(15:00~23:00)
    大人2500円、小人・シニア1500円
  • 土日祝日ナイター4時間券
    大人3000円、小人・シニア2000円
  • 平日1日券(ナイター可)
    大人3500円、小人・シニア2500円
  • 土日祝日1日券(ナイター可)
    大人4400円、小人・シニア3000円
  • 1ポイント券(8:30~~17:00、休日8:00~)
    400円
  • 11ポイント券(8:30~~17:00、休日8:00~)
    4000円

※小人は6~15歳以下、シニアは55歳以上

シーズン中の天気を調べるならこのサイト

スキー場の天気は、現地へ向かう前にチェックしておきたいところです。天気予報サイトでは、峰山高原の天気予報をピンポイントで掲載しています。

日本気象協会の天気情報サイト『tenki.jp』では、スキー場に隣接するキャンプ場やホテルのピンポイント天気情報を掲載しているので、より詳しい天気情報をチェックするならこちらがおすすめです。

峰山高原キャンプ場の3時間天気 週末の天気・紫外線情報【お出かけスポット天気】 – 日本気象協会 tenki.jp

峰山高原ホテルリラクシアの今日・明日の天気 週末の天気・紫外線情報【お出かけスポット天気】 – 日本気象協会 tenki.jp

その他にも、ポータルサイト『goo』の天気情報で、峰山高原リゾート周辺の天気情報を掲載しています。

峰山高原リゾートの天気(3時間毎) – goo天気

峰山高原リゾートホワイトピークの特徴

[LuckyBusiness]/[iStock / Getty Images Plus]/ゲッティイメージズ

峰山高原リゾートホワイトピークというスキー場について、あまりよく知らないという人も多いのではないでしょうか。それもそのはず、こちらのスキー場は昨シーズン新設されたばかりの新しいスキー場なのです。

国内で14年ぶりに新設されたスキー場

峰山高原リゾートホワイトピークは、2017年12月16日にオープンした、国内では14年ぶりの新設スキー場です。人工降雪設備を完備しており、安定したコンディションで滑れるのが特徴です。

また、周辺各都市からのアクセスが良く、利用しやすいスキー場です。

レベルに合わせて選べるコースを3種類完備

峰山高原リゾートホワイトピークには、レベル応じた3種類のコースがあります。初心者向けには、ナイター営業も行われる『サウスコース』がおすすめです。

最大斜度14度、全長1140mの最も長いコース『センターコース』は中級者向けの湾曲となったコースで、センターコースの東側には、最大斜度30度の上級者向けコース『ウエストコース』があります。

ファミリーも大満足。キッズパーク、ゲレ食

子ども連れのファミリーでのスキーは、子どもの遊び場の有無もポイントになるのではないでしょうか。峰山高原リゾートホワイトピークに隣接する宿泊施設『峰山高原ホテルリラクシア』内には、雪で遊べる子ども向けスペース『カーミンパーク』があります。

『カーミンパーク』は西日本最大級のキッズパークで、ソリやストライダーなどの遊具を楽しめます。ムービングベルト完備なので、子どもでも斜面をラクラク登ることができます。

そして、スキー場でのお楽しみの1つといえばゲレンデ食、いわゆる『ゲレ食』ではないでしょうか。

峰山高原リゾートホワイトピークの麓にあるセンターハウス『ピークスヴィレッジ』2階にある『ピークスダイニングMINEYAMA』には、工夫を凝らした豊富なメニューが揃っています。

ゲレ食定番のラーメンやカレーライス、パスタのほか、スイーツやビールなども楽しめます。メニュー選びも楽しくなりそうなほど、各メニューの名称もとてもユニークなので、ぜひチェックしてみてください。

リフト券、シーズン券の割引サービス情報

[molchanovdmitry]/[iStock / Getty Images Plus]/ゲッティイメージズ

峰山高原リゾートホワイトピークのリフト券を通常価格よりもお得な料金で購入するには、リフト券販売サイトの利用があります。また、周辺のスキー場と共通のシーズン券の利用もおすすめです。

WINTER PLUSでお得なリフト券を入手

全国のリフト券情報サイト『WINTER PLUS』では、峰山高原リゾートホワイトピークの1日リフト券を割引価格で販売しています。WINTER PLUSの会員ならより高い割引率で購入ができますが、一般販売でも30%以上の割引価格で購入が可能です。

峰山高原リゾート ホワイトピーク|ウィンタースポーツのポータルサイトWINTER PLUS

兵庫県の6スキー場が滑り放題に。兵庫6

兵庫県内の他のスキー場を利用することもあるという人には、リゾート施設運営を行う『マックアース』が販売する兵庫県内の6スキー場共通シーズン券『兵庫6』がおすすめです。

こちらのシーズン券では、峰山高原リゾートホワイトピーク以外に、下記の5カ所のスキー場で1シーズンリフト乗り放題となります。

  • ばんしゅう戸倉スノーパーク
  • ちくさ高原スキー場
  • 氷ノ山国際スキー場
  • おじろスキー場
  • 神鍋高原万場スキー場

料金は大人4万800円、子ども(小学生以下)2万3800円で、シーズン終了まで販売を行っています。

ただし、峰山高原リゾートホワイトピーク、ちくさ高原スキー場のナイター営業は対象外です。大人・子ども共に5000円プラスすると、兵庫6にこの2スキー場でナイターが利用できるオプションが付けられます。

リフト乗り放題のほか、対象スキー場での駐車場無料、他地域のグループスキー場のリフト券割引、グループホテル、温泉、ゴルフ場割引の特典が受けられます。

兵庫6 共通シーズン券

関西の9スキー場が滑り放題に。関西9

兵庫県内に限らず、関西地方のスキー場もよく利用するという人には、兵庫6よりも利用できるスキー場が増える共通シーズン券『関西9』もあります。

こちらのシーズン券は、先述の兵庫6で利用できるスキー場に加え、以下の3カ所が追加されています。

  • 箱館山スキー場
  • 国境高原スノーパーク
  • 今庄365スキー場

関西9の料金は、以下の通りです。

  • 大人
    4万5800円
  • シニア
    4万800円
  • 学生(大学・専門学校生)
    3万1800円
  • ジュニア(中高校生)
    2万8800円
  • キッズ(小学生以下)
    2万4800円

関西9にも、兵庫6と同様の特典が付いており、シーズン終了まで販売、ナイターオプションも同価格となります。

関西9 共通シーズン券

特典が豊富。WEST HYOGO共通シーズン券

『WEST HYOGO』は、兵庫県内の3スキー場に限った共通シーズン券です。利用できるのは、峰山高原リゾートホワイトピークの他、ちくさ高原スキー場、ばんしゅう戸倉スノーパークの3カ所です。

料金は、大人全日3万4800円、子ども(小学生以下)2万800円、ちくさ・峰山共通のナイターシーズン券は大人・子どもいずれも1万9800円です。

こちらの共通シーズン券にも、先述の『兵庫9』、『関西9』と同様の特典が付いています。また、全日シーズン券に付けられるナイターオプションも同様です。

WEST HYOGO | ちくさ高原スキー場・ばんしゅう戸倉スノーパーク・峰山高原リゾートWHITE PEAK共通シーズン券

峰山高原リゾートのレンタル

[artursfoto]/[iStock / Getty Images Plus]/ゲッティイメージズ

峰山高原リゾートホワイトピークでは、気軽に手ぶらでスキーができるレンタルサービスを行っています。

レンタル可能なアイテムと料金

レンタルできるアイテムと料金は、以下の通りです。

  • スキーセット(スキー、ブーツ、ストック)またはスノーボードセット(ボード、ブーツ)
    大人1日4000円、6時間3500円、ナイター2500円
    子ども1日3000円、6時間2500円、ナイター1500円
  • スキーまたはスノーボード板
    大人1日3000円、6時間2500円、ナイター2000円
    子ども1日2000円、6時間1500円、ナイター1000円
  • スキーブーツまたはスノーボードブーツ(ソフト)
    大人1日2500円、6時間2500円、ナイター1500円
    子ども1日1500円、6時間・ナイター1000円
  • ストック(1日単位のレンタルのみ)
    大人1000円、子ども500円
  • ウエア
    大人1日・6時間4000円、ナイター2500円
    子ども1日・6時間3000円、ナイター1500円
  • ソリ
    500円
  • ヘルメット
    500円

グローブ、ゴーグル、帽子のレンタルは行っていませんが、売店で購入可能です。

レンタル可能なサイズと時間

峰山高原リゾートホワイトピークでのアイテムレンタル可能時間は、曜日や日時によって異なります。

  • 1日レンタル
    月~木曜:8:30~17:00、金曜8:30~23:00、土曜・2月11日・年末年始15:00~23:00、日曜・2月12日15:00~21:00
  • 6時間レンタル
    貸し出し~6時間
  • ナイター
    金土曜・2月11日・年末年始15:00~23:00、日曜・2月12日15:00~21:00

レンタルできるサイズは、アイテムによって以下のように分かれています。

  • スキー板
    大人135cm~170cm、子ども87cm~140cm
  • スキーブーツ
    大人23cm~30cm、子ども16cm~25cm
  • スノーボード板
    大人135cm~168cm、80cm~130cm
  • スノーボードブーツ
    大人22cm~32.5cm、子ども17.5cm~22cm
  • ウエア
    大人S~5L、子ども90cm~140cm
  • ヘルメット
    S~Lサイズ

峰山高原リゾートのスクール

[pawopa3336]/[iStock / Getty Images Plus]/ゲッティイメージズ

峰山高原リゾートホワイトピークでは、まったくのスキー・スノボ初心者から検定合格を目指す上級者まで学べるスクール『峰山スキーアカデミー』を開講しています。

スキーレッスンの内容と料金

レッスンは、子どもと大人それぞれのレベルごとに分かれています。3~12歳対象のキッズ・ジュニアレッスンは、以下の5レベルです。

  • カーミンと一緒
    3、4歳児対象の、雪遊び中心のレッスンです。
  • PEAKS1~3
    初めてスキーをする子どもから1人でゲレンデで滑り、リフトに乗れるようになるまで指導します。
  • PEAKS4
    足を揃えて滑れる子どもを対象に、検定合格を目指すレッスンを行います。
    料金は、カーミンと一生が90分3000円・30分1000円、PEAKS1~3が90分3000円・180分5500円、PEAKS4が90分4000円・180分7500円です。

12歳以上の大人を対象としたレッスンも、5段階のレベルが用意されています。

  • PEAKS1~4
    初めてスキーをする人からカービングの基礎、上級者向けのカービングまでを学べます。
  • PEAKS5
    1、2級の検定合格を目指す人のための、上級者向けレッスンです。

料金はPEAKS1~4が90分4000円・180分7500円、PEAKS5が90分5000円、180分9000円です。

スノボレッスンの内容と料金

スノボレッスンは、スキーよりも細かなレベル分けがされています。3~12歳対象のキッズ・ジュニアレッスンは、以下の7レベルがあります。

  • キンダー
    3、4歳児対象の、雪遊び中心のレッスンです。ボードレンタル料金が含まれています。
  • チャレンジ1~5
    スノーボード初心者をはじめ、レッドバッジ~ゴールドバッジまで目指せます。チャレンジ5で自由にゲレンデを滑れるようになれば、JSBA4級・3級認定のゴールドバッジ取得もできます。
  • スーパーキッズジュニア
    ゴールドバッジ取得以上のレベルの子どもを対象に、1、2級を目指すレッスンです。

すべてのレベル共通で、料金は90分6000円、180分1万500円です。

13歳以上対象のアダルトレッスンは、全9レベルが設定されています。STEP1~5では初心者からスノボの基礎操作、ターンまでを学べます。STEP5まででJSBA4級・3級認定が目指せます。

STEP5以降は、カービングターンやグランドトリックなど硬度な技を高い精度でできるようになるためのレッスンとして、カービングエントリー、グラトリ/パークエントリー、カービング、グラトリ/パークの4レベルがあります。

料金は以下の通りです。

  • STEP1、2
    90分4500円、180分6000円
  • STEP3、4
    90分5000円、180分8000円
  • STEP5、カービングエントリー、グラトリ/パークエントリー
    90分5500円、180分9000円
  • カービング、グラトリ/パーク
    90分6000円、180分1万円

峰山高原リゾートへのアクセス

[LeManna]/[iStock / Getty Images Plus]/ゲッティイメージズ

車または公共交通機関を利用した峰山高原リゾートホワイトピークへのアクセス方法を、まとめました。

車でのアクセス方法と駐車場について

峰山高原リゾートホワイトピークへ車で向かうには、播但連絡道路を利用します。『神崎南ランプ』で降り、県道8号線を進むと、約30分で到着します。

駐車場は有料となっており、普通車の駐車料金は平日500円、土日祝日1000円です。駐車可能時間は、月~木曜が7:00~18:00、金~日曜が7:00~23:00となっています。

電車、シャトルバスでのアクセス方法

公共交通機関で行く場合は、JR播但線の『寺前駅』で下車します。寺前駅からタクシーを利用すると約25分で、峰山高原リゾートホワイトピークへアクセスできます。寺前駅からは、片道大人500円、子ども300円で予約制のシャトルバスの利用も可能です。

峰山高原リゾート周辺のおすすめ宿泊施設

[stevanovicigor]/[iStock / Getty Images Plus]/ゲッティイメージズ

周辺都市から日帰りでもアクセスできる峰山高原リゾートホワイトピークですが、泊まりがけでのスキー旅行にも利用しやすい、おすすめの周辺宿泊施設もあります。

ゲレンデすぐ。峰山高原ホテルリラクシア

スキー場の麓に位置するこちらのホテルは、とにかくゲレンデから近いのがメリットです。ホテルを出てすぐにスキーを楽しめ、疲れた身体をすぐに休めることもできます。

絶品ぼたん鍋を堪能。囲炉裏の宿 豊楽

峰山高原リゾートホワイトピークから車で約15分の場所にあるこちらの宿は、囲炉裏を囲んで食事ができるのが特徴です。冬は近隣の山で捕った猪を使った、自慢のぼたん鍋を堪能できます。

  • 住所:兵庫県神崎郡神河町上小田332
  • 電話番号:0790-34-0120
  • 公式はこちら:囲炉裏の宿 豊楽

天然温泉あり。東山温泉メイプルプラザ

『東山温泉メイプルプラザ』は、峰山高原リゾートの西側に位置するリゾート施設『フォレストステーション波賀』の1つです。館内では高濃度の天然ラドン温泉を楽しめるほか、バラエティ豊かな会席料理を味わえるレストランも併設しています。

峰山高原リゾートグリーンピークの特徴

[anatoliy_gleb]/[iStock / Getty Images Plus]/ゲッティイメージズ

リゾート地である峰山高原では、冬以外にも多彩なアクティビティが楽しめます。

星降る高原キャンプ場で大自然を満喫

標高930mの峰山高原にある『星降る高原キャンプ』は、その名の通り満点の星空を眺められるキャンプ場です。テント一式が用意されたプラン、BBQ付きプランなどが選択でき、手ぶらでキャンプが楽しめます。

アスレチック付きジャングルジム、クライムも人気

峰山高原の山頂には、巨大なジャングルジムでクライミングができる『tic!tac!クライムMINEYAMA』があります。

3種類の難易度で60種類のコースが用意されており、瀬戸内海を一望できる絶景の中で、大人も子どもも満足できるスリル満点のアトラクションです。

まとめ

昨シーズンオープンしたばかりの峰山高原リゾートホワイトピークは、リゾート地ならではの宿泊ができ、なおかつ交通の利便性とサービスが充実したスキー場です。

周辺には宿泊施設もあるので、泊まりがけでのスキー旅行にもおすすめのスポットです。