スノーボーダーにも人気!多彩なコースが楽しめる「鷲ヶ岳スキー場」

岐阜県奥美濃エリアの郡上市高鷲町にあり、その親しみやすさから、ワシあるいはワッシーと呼ばれることもある「鷲ヶ岳スキー場」。豪雪地帯に位置していることに加えて、アイスクラッシャーも用いられていることから、比較的早い時期からウィンタースポーツを楽しめるスキー場としても知られています。
車でのアクセスに大変優れており、露天風呂を備えた天然温泉も併設されているという「鷲ヶ岳スキー場」とは、どのような魅力を持ったスキー場なのでしょうか。

「鷲ヶ岳スキー場」の気になるゲレンデコースはどのくらいあるの?


anatoliy_gleb/iStock / Getty Images Plus/ゲッティイメージズ

鷲ヶ岳の西斜面、標高1,350mほどの場所に位置している「鷲ヶ岳スキー場」は、ビギナーから上級者まで楽しめる、バラエティに富んだ全13コースがバランスよくレイアウトされているのが特徴です。
初級コースは全部で3コース。滑走距離1,800mを誇り、中・上級者にも人気のある「パノラマコース」をはじめ、「ノースウェイコース」「イーグルコース」があります。
「鷲ヶ岳スキー場」で一番多いのが、全部で6コースある中級コース。スキーのバッジテストでもよく使われているという平均斜度23度の「ホワイトコース」や、1,600mのダウンヒルを持つ「ブナ平コース」のほかに、「ラビットコース」「林間コース」「マジカルコース」「アタックコース」があります。
上級コースは全4コースあり、晴れた日には頂上から美しい眺めを堪能しながらの滑走が楽しめる「パラダイスコース」や、幅400mのバーンを持つ名物コースでもある「パラレルコース」、「ノースバーンコース」「尾根コース」があります。


Sneksy/iStock / Getty Images Plus/ゲッティイメージズ

「鷲ヶ岳スキー場」にはそのほかにも、全長1,200mの空間でキッカーやテーブルトップなどを楽しめる「パークエリア」や、ソリコースを備えた子供向けの「キッズパーク」も備えられています。

手ぶらで行きたい!レンタルの料金やサイズは?


JackF/iStock / Getty Images Plus/ゲッティイメージズ

手ぶらで行って気軽にスキーやスノーボードを楽しみたいという方や、初めてなので何も用具を持っていないという方に特に便利なレンタルの情報をご紹介します。
「鷲ヶ岳スキー場」のセンターハウス2階では、スキーやスノーボード、ウェアなどのレンタルが行われています。レンタル料金は大人用スキーセット・ボードセットの1日レンタルの場合で4,600円となっており、貸出の時間は午前・午後の半日か1日のいずれかから選べます。また、オールナイト営業時にはさらに4つの時間帯から選ぶことができ、時間によって料金が変動します。
取り扱っているレンタル用品のサイズは、大人用スキー板が140~170㎝・子供用スキー板が70㎝~150㎝。ボード板は大人用が130~165㎝・子供用が90㎝~125㎝まで取り扱いがあるほか、ブーツは32.5㎝まで用意されているなど、サイズ展開がかなり豊富です。
スキー・スノーボード用ウェアのレンタルは、SSサイズからO5サイズまでの取り扱いがあり、1日4,100円で利用できます。
取り扱いサイズが豊富なことだけでなく、オシャレなウェアが揃っているので、オリジナルの組み合わせを楽しめます。

お気に入りの愛車で行きたい!駐車場はどれだけ広い?


SVPhilon/iStock / Getty Images Plus/ゲッティイメージズ

高鷲ICから3㎞ほどの距離にある「鷲ヶ岳スキー場」は、どこからでもアクセスしやすいということも大きなメリットのひとつ。ゲレンデやセンターハウスに面したエリアには、24時間いつでも利用できる大駐車場も完備されています。(※有料/普通車1,000円・大型バス2,000円)

お腹が空いたら、滑れない!「鷲ヶ岳スキー場」のレストラン情報


dusanpetkovic/iStock / Getty Images Plus/ゲッティイメージズ

「鷲ヶ岳スキー場」センターハウス3階には、専属パティシェが作る美味しい名物スイーツや、バラエティ豊かなメニューが揃う「レストラン・ロッキー」があります。そのほかにも各種麺類が楽しめる「レストランアイガー」や滑走途中にも寄りやすい「レストランみはらし」、和の雰囲気ただよう「食堂 鷲」もあるので、好みや気分に合わせて選択可能です。


kuppa_rock/iStock / Getty Images Plus/ゲッティイメージズ

また、「鷲ヶ岳スキー場」を訪れたらぜひ利用したいのが、センターハウス1階にある天然の「鷲ヶ岳温泉」です。スキーやスノーボードですっかり冷えてしまった身体を温めながら、心身ともにリラックスできます。「鷲ヶ岳温泉」には、露天風呂やサウナ、ジャグジーも備えられているので、白銀のゲレンデを見ながら湯船にゆったりと浸かってみてはいかがでしょうか。

やっぱり気になる「鷲ヶ岳スキー場」の混み具合や雪質を口コミでチェック!


Digital Vision/iStock / Getty Images Plus/ゲッティイメージズ

ワシやワッシーと親しみを込めて呼ばれることもある「鷲ヶ岳スキー場」は、奥美濃エリアで人気が高いスキー場のひとつです。幅の広いバーンがあることから、特にスノーボーダーから圧倒的な支持を得ています。
アイスクラッシャーを使うことでシーズンインも早い「鷲ヶ岳スキー場」の雪質は、豪雪地帯ということもあって時間帯や天候にも大きく左右されるので、硬めの雪質がお好きな方は、朝早い時間の滑走がベター。
気になる「鷲ヶ岳スキー場」の混み具合ですが、口コミを見る限りではスノーボーダーに人気が高いこともあり、平日でも比較的混んでいるスキー場のようです。

住所や営業時間など「鷲ヶ岳スキー場」の基本情報

出典:鷲ヶ岳スキー場

◇住所:〒501-5303 岐阜県郡上市高鷲町大鷲3250
◇電話番号:0575-72-5105
◇営業期間:11月下旬あるいは12月初旬頃~翌年3月31日(※2018~2019シーズンは、2018年12月7日オープン予定)
◇営業時間:(リフト運行時間)8:00~16:30
◇公式サイト:http://ski.washigatake.jp/index.html

まとめ

スノーボーダーから圧倒的な支持を受けている「鷲ヶ岳スキー場」。幅400mのバーンやバラエティ豊富なゲレンデコースに加え、天然温泉を備えているなど、アフタースキーを楽しめる施設も充実しているのが特徴です。
また、マックアース系列のスキー場でもあるので、公式サイトトップページにあるリンクから会員登録すると、お得なクーポン券がもらえるなどの特典が受けられます。
高鷲ICから約3kmほどなので、車でのアクセスに非常に優れたスキー場です。

この他にも鷲ヶ岳スキー場についてまとめた記事があります。気になる方はチェックしてみて下さい。
鷲ヶ岳スキー場 奥美濃の大型ゲレンデ、高速から近いのでアクセスも良好!