戸隠スキー場のコースやリフト券情報。周辺で人気の宿泊施設も紹介

戸隠スキー場は、最高の雪質と幅広いレベルの人がスキーやスノーボードを楽しめる豊富なコースで、評判の高いスキー場です。アクセスしやすい場所に位置する戸隠スキー場のコースの詳細情報やリフト券情報、周辺の宿泊施設情報などをまとめました。

戸隠スキー場の特徴と基本情報

[Jupiterimages]/[Stockbyte]/ゲッティイメージズ

まずは、戸隠スキー場の基本的な情報と特徴を紹介します。

所在地、公式HP、営業日と営業時間の目安

戸隠スキー場は、長野県北部に位置する長野市にあるスキー場です。以下の公式HPには、スキー場の基本的な情報をはじめ、現地の天候や気温、積雪などの情報も掲載されているので、戸隠スキー場へ行く前にはチェックしておきましょう。

公式はこちら:戸隠スキー場

2018−19シーズン、戸隠スキー場は12月15日にオープンが予定されています。

今シーズンの営業時間はまだ発表されていませんが、参考として、昨シーズンは8:30~16:30の間で営業を行っていました。

魔法の粉雪と呼ばれるパウダースノーが話題

戸隠スキー場の大きな魅力といえば、何といっても『魔法の粉雪』と称される、極上のパウダースノーです。雪質がとにかく良いと高い評価を受けており、サラサラのパウダースノーを楽しめるスキー場として人気を集めています。

夏はキャンプや乗馬が楽しめる

スキー場からほど近い場所には、『戸隠キャンプ場』があり、夏にはキャンプを楽しめます。こちらのキャンプ場は、目的や装備などに応じたキャンプエリアを選択できるのが特徴です。

予約不要でキャンプができる『フリーサイト』の他、駐車スペース1台を含むスペースを予約できる、『区画サイト』、区画サイトの約2倍の面積があり、電源と水道付きのキャンピングカーに最適な『電源・水道付きサイト』が利用できます。

さらに、日帰りでのデイキャンプ利用も可能です。

さらに、バンガローやログキャビン、コテージに滞在もできます。敷地内にはシャワーやトイレ、洗い場が完備しているのはもちろん、自由に遊べる公園や牧場もあります。自動販売機やカフェ、コインランドリーなども備えており、利便性の高いキャンプ場です。

また、牧場とキャンプ場利用者対象に、乗馬体験も行っています。

リフト券、シーズン券の料金と割引サービス

[Deklofenak]/[iStock / Getty Images Plus]/ゲッティイメージズ

戸隠スキー場のリフト券とシーズン券の料金は、以下のように細かく分かれています。時期によっては、お得にリフト券を購入できる割引サービスも行っています。

リフト券、シーズン券の通常利用料金

戸隠スキー場のリフト券の料金は、1~3日券まで用意されている他、1.5日や5.5時間など券種が豊富なので、利用時間に合わせて購入しやすいでしょう。

  • 1日券
    大人4000円、小人2500円、シニア3600円
  • 2日券
    大人7500円、小人4500円、シニア6800円
  • 3日券
    大人1万1000円、小人7000円、シニア9800円
  • 半日券(午前:8:30~13:00まで、午後:12:00~営業終了まで)
    大人3200円、小人2100円、シニア2900円
  • 1.5日券(午前販売は翌日13:まで、午後販売は翌日営業終了まで)
    大人7000円、小人4300円、シニア6200円
  • 5.5時間券(リフトゲート通過後5.5時間有効)
    大人3500円、小人2200円、シニア3200円
  • 1回券
    大人320円、小人210円、シニア320円

※小人は未就学児を含む中学生まで、シニアは50歳以上

なお、戸隠スキー場ではリフト券にICチケットを採用しているため、上記のリフト券料金に加えてICチケット保証料500円が必要です。この保証料は、チケット返却時に返金されます。

戸隠スキー場のシーズン券の通常料金は、以下の通りです。

  • 大人、学生・学生グループ(学生5名以上):5万2500円
  • シニア(50歳以上):4万2500円
  • 小人(中学生以下):3万2500円

スキー場開き特別割などの各種割引について

戸隠スキー場では、さまざまなリフト券割引が用意されています。

12月15日のオープン日は、リフト1日券が大人・シニア1500円、小人500円の大幅割引となる特別価格で、購入できます。

オープン直後の期間の12月16~21日の間は『初滑りサービスウィーク』として、リフト1日券が大人2700円、小人1200円、シニア2300円に割引されます。割引料金を狙って、オープン直後に滑りに行くのもおすすめです。

戸隠スキー場のコースやパーク紹介

[anatoliy_gleb]/[iStock / Getty Images Plus]/ゲッティイメージズ

戸隠スキー場には、全19種類のバリエーション豊かなコースが整備されています。スキーを始めたばかりの初心者から上級者まで、満足できるコースです。

初心者にはとがっきーCコースがおすすめ

スキー初心者や子どもには、平均斜度6度の緩斜面とワイドなコース『とがっきーCコース』がおすすめです。初心者向けながらポールコースが設置されており、ポールを気軽に楽しめます。

正面の4コースは上級者の練習に最適

戸隠スキー場の正面は、上級者向けに適した4種類のコースがあります。いずれも北斜面であることから、コンディションが変化しにくく、1日中快適に滑れます。

最大80mのコース幅を持つ『シルバーコース』は、急斜面の1枚バーンで、上級者の練習に適しています。最大斜度24度ですが、実際の斜度を上回る体感の『アドベンチャーコース』は、急斜面にコブが残された、ダイナミックなコースです。

非圧雪でパウダースノーを存分に楽しめる『チャレンジコース』は最長距離400m、平均斜度22度のコブが残されているコースです。

そして『チャンピオンコース』は、戸隠スキー場の名物といわれる、整地1枚バーンです。平均斜度は戸隠スキー場で最もきつい28度、最大斜度31度の上級者向け急斜面コースです。

キッズパークやスノーパークも完備

ファミリーでのスキーでは、子どもが遊べるスポットを重視する人も多いのではないでしょうか。戸隠スキー場には、子どもでも楽しく雪遊びができる『キッズパーク』が完備されています。

初心者コースに設置されたアトラクションを楽しめる、忍者の修行をテーマにした『忍者スロープ』では、ソリやスライダーなどを楽しむことができます。動く歩道があるので小さな子どもでもラクラク移動ができます。

戸隠スキー場には託児施設も完備されているので、雪遊びができない子どもを預かってもらうことも可能です。

大人も楽しめるスポットとして、戸隠スキー場では『PARK 9』があります。レールやキッカー、ボックスなど自然の地形を活かしたアイテムが設置されており、スキーとスノーボードどちらも利用可能です。

戸隠スキー場へのアクセス情報

[Gudella]/[iStock / Getty Images Plus]/ゲッティイメージズ

戸隠スキー場は長野市内はもとより、東京や名古屋からもアクセスしやすい立地です。そこで、戸隠スキー場へ車、電車、バスを利用してのアクセス方法について、まとめました。

車でのアクセス方法

戸隠スキー場へは、東京、名古屋、新潟方面から車でアクセスが可能です。すべての出発地点から、上信越自動車道の『信濃町IC』へ向かいます。

東京方面から向かう場合は、関越自動車道または首都圏中央連絡自動車道で『藤岡JCT』へ向かい、上信越自動車道に乗り換えます。

名古屋方面からは、中央自動車道、長野自動車道を経由し、『更埴JCT』で上信越自動車道に乗り換えます。新潟方面から向かう場合は、北陸自動車道を経由して『上越JCT』で上信越自動車道へ乗り換えます。

上信越自動車道の信濃町ICを降りると約30分で、戸隠スキー場に到着します。

駐車場情報

車でスキー場へ行く時に気になる駐車場ですが、戸隠スキー場には『越水ゲレンデ』に第1~4駐車場、『中社ゲレンデ』に2カ所の駐車場があります。駐車台数は1500台、24時間営業で全日無料で利用できます。

電車でのアクセス方法

戸隠スキー場へは、東京、大阪、名古屋から電車でのアクセスが可能です。電車を利用する場合も、すべて一旦『JR長野駅』へ向かいます。

東京方面からは北陸新幹線を利用、名古屋方面からは中央線の『特急しなの』利用、大阪方面からは東海道山陽新幹線で名古屋駅へ向かい、その後は名古屋からのルートと同様です。

JR長野駅からは、『川中島バス』の『戸隠スキー場』行きに乗車します。所要時間は約1時間です。

バスでのアクセス方法とお得なパック

長野市内からのアクセスが良い戸隠スキー場ですが、長野市内から向かう場合は『アルピコ交通』を利用します。こちらのバス会社では、冬期のみ戸隠スキー場行きバスが運行されます。

『長野バスターミナル』もしくはJR長野駅よりアルピコ交通の『70急行 戸隠スキー場』行きに乗車すると、約1時間15分で戸隠スキー場に到着します。

アルピコ交通では、戸隠スキー場行きのきっぷ『戸隠スキー場バスパック』を販売しています。長野市内とスキー場行きバスの往復券とリフト1日券がセットとなっており、通常価格よりお得な料金です。

戸隠スキー場バスパックの料金は、以下の通りです。

  • 大人 5000円
  • シニア(50歳以上)・高校・専門学校・大学生 4600円
  • 中学生 3800円
  • 小学生以下 2900円

また、高校生、専門学校生、大学生を対象に、戸隠スキー場バスパックに板レンタルが追加された『戸隠スキー場 学〇得パック』もあります。こちらの料金は、5900円です。

戸隠スキー場周辺で人気の宿泊施設

[macniak]/[iStock / Getty Images Plus]/ゲッティイメージズ

泊まりがけでのスキー旅行に戸隠スキー場を選ぶ場合、近隣の宿泊施設を利用することが多いでしょう。戸隠スキー場周辺には、さまざまな宿があります。その中でも人気が高い宿泊施設を紹介します。

スキー場隣接。戸隠高原ホテル

できるだけスキー場の近くに宿泊したい人におすすめが、こちらの『戸隠高原ホテル』です。戸隠スキー場に隣接しているので、とにかくゲレンデへのアクセスは抜群です。

客室は好みに合わせて和室・洋室から選択できます。

ホテル内のレストランでは、戸隠の野菜や水を使用した国産牛すき焼きコースや信州豚のしゃぶしゃぶコースなど、地元の食材を味わえるメニューが揃います。

  • 住所:長野県長野市戸隠3682-6
  • 電話番号:026-254-2525
  • 公式はこちら:戸隠高原ホテル

中社ゲレンデまで徒歩1分。民宿りんどう

『民宿りんどう』は、戸隠スキー場南側にある中社ゲレンデから徒歩わずか1分の場所にあります。ゲレンデが非常に近いので、宿の玄関先まで滑って帰れるのが、こちらの宿の大きな特徴です。

メインゲレンデである越水ゲレンデへも、中社ゲレンデからのリフトに乗ればラクラクアクセスができます。

信州の素材をたっぷり使用した料理も自慢で、別注料理には宿の主人による打ち立てそばや手作りおやきも楽しめます。

  • 住所:長野県長野市戸隠3245
  • 電話番号:026-254-2094
  • 公式はこちら:民宿りんどう

戸隠名物の料理を堪能。戸隠参詣宿 高山坊

戸隠スキー場北側にそびえる戸隠山は、修験道の聖地として知られる霊峰です。そんな戸隠の伝統を守る宿『戸隠参詣宿 高山坊』は、創業160年の歴史を持つ老舗宿です。

地産地消をモットーにした宿では、地元の野菜を使ったバラエティ豊かなメニューが揃っています。希望者には、戸隠山の麓にある『戸隠神社』に備えられた御神酒が無料で振る舞われます。

ファミリーやグループにも。シャレー戸隠

『シャレー戸隠』は、森に囲まれた自然豊かな宿です。和室や洋室、2段ベッド付きの和洋室などの客室がある本館と、1棟貸し切りにできるコテージやヒュッテがあります。

戸隠スキー場までは車で3分、徒歩10分というアクセスの良さもメリットです。駐車場は無料で利用できるので、車でのアクセスも便利です。

  • 住所:長野県長野市戸隠3507-10
  • 電話番号:026-254-2099
  • 公式はこちら:シャレー戸隠

信州そばや山菜料理に舌鼓。鷹明亭 辻旅館

奈良時代より宿坊として続いてきた『鷹明亭 辻旅館』は、長い歴史を感じさせる神秘的な雰囲気ながらリラックスできる癒やしの空間で出迎えてくれる宿です。

落ち着いた和室には冬はこたつが入り、ゆったりとした時間を過ごせます。

『鷹明亭 辻旅館』の自慢は、戸隠の澄んだ水と自然で育った県内産そば粉のみを使って手打ちした二八そばがメインの蕎麦会席です。その他にも、戸隠でしか味わえない絶品の山菜料理なども楽しめます。

  • 住所:長野県長野市戸隠3360
  • 電話番号:026-254-2337
  • 公式はこちら:鷹明亭 辻旅館

戸隠スキー場内のレストラン

[Suphaloet]/[iStock / Getty Images Plus]/ゲッティイメージズ

スキーをしている間は、場内のレストランを利用する機会が多いのではないでしょうか。戸隠スキー場内には、おいしい食事を楽しめるレストランがあります。

戸隠そばが味わえる。シャルマン戸隠

戸隠スキー場のメイン施設である『シャルマン戸隠』は、最も大きいレストハウスです。こちらでは、地元・戸隠のおばちゃんたちによる、信州の素材を使った手づくりの料理が味わえます。

戸隠名物の戸隠そばも、『シャルマン戸隠』で提供しています。

ラクレットチーズが絶品。やなぎらん

第6クワッドリフト乗り場横にあるダイニングレストラン『やなぎらん』では、まるでヨーロッパのスキー場のような、いわゆるゲレ食を超えたメニューが楽しめます。

『やなぎらん』の名物は、長野県内のスキー場の人気メニューを決める『ゲレ食バトル』でチャンピオンに輝いた、溶かしたチーズを野菜などに絡めて食べるラクレットです。

ラクレットの他にも、ゲレンデで食べる食事とは思えない本格的なメニューを堪能できる、贅沢なスポットです。

戸隠スキー場のレンタル、スクールについて

[marina_karkalicheva]/[iStock / Getty Images Plus]/ゲッティイメージズ

手ぶらでスキーをするために必要なのは、用具のレンタルです。戸隠スキー場内では、スキー用品をレンタルできるショップがあります。

また、スキーやスノーボードをプロに学べるスクールも開講しています。

レンタル可能なアイテムと料金

戸隠スキー場内では、『ゲストハウス岩戸』の2階にある『アカデミーズレンタル戸隠』でレンタルを利用できます。半日からレンタルができ、4日以降のレンタルも可能です。

大人料金

  • スキーセット(スキー、ブーツ、ストック)、スノーボードセット(スノーボード、ブーツ)またはウェア(ジャケット、パンツ)
    半日3500円、1日4500円、2日8000円、3日1万1000円、4日目以降+2500円
  • スキー、スノーボード
    半日2000円、1日3000円、2日5000円、3日6500円、4日目以降+1000円

子ども料金

  • スキーセット(スキー、ブーツ、ストック)、スノーボードセット(スノーボード、ブーツ)またはウェア(ジャケット、パンツ)
    半日2500円、1日3000円、2日5500円、3日75000円、4日目以降+1500円
  • スキー、スノーボード
    半日1500円、1日2000円、2日3500円、3日4500円、4日目以降+1000円

スキー、スノーボードスクールの種類

最高の雪質で滑れる戸隠スキー場には、スキーやスノーボードを学べるスクールが複数あります。子どもや初心者から大会出場を目指す上級者まで、プロの講師による指導でレベルアップが望めます。

  • SAJ公認 戸隠スキー学校(スキー、スノーボード)
  • SAJ公認 戸隠中社スキー学校(スキー、スノーボード)
  • SIA戸隠フランススキー学校(スキーのみ)
  • AZプロスノーボードスクール戸隠校(スノーボードのみ)

まとめ

サラサラのパウダースノーで思う存分スキーを楽しめる戸隠スキー場には、初心者から上級者まで楽しく滑れる多彩なコースが揃っています。アクセスしやすく宿泊施設が多い立地や充実した設備も魅力なので、泊まりがけでのスキー旅行にもおすすめのスキー場です。