種類別おすすめスキーケース。ケースの選び方や自作方法も紹介

スキー用品はとてもかさばるため、スキー場まで運搬するのに苦労することも少なくありません。そんなときに便利なのが、スキー用品専用のスキーケースです。今回は、スキーケースの種類やおすすめ商品、自作方法をまとめました。

まずはスキーケースの種類を知ろう

出典:marina_karkalicheva/iStock / Getty Images Plus/ゲッティイメージズ

スキー板やブーツを運ぶのに便利なスキーケースには、いくつかの種類があります。そんなスキーケースの種類について、まとめました。

持ち運びが快適に。オールインワン

オールインワンは名前からも分かるように、スキー板だけではなくスキーブーツやストック、ウェアのほか、ゴーグルやグローブなどのスキーで必要な一式をまとめて収納できるタイプです。

ケース内部には、小物を入れるポケットが並んでいます。小物の種類によってきちんと分けて収納ができ、取り出しもしやすく機能性にも優れています。

オールインワンのスキーケースは、スキーをするのに必要な用具をひとまとめにできるため、持ち運びもしやすくなります。スキー用品をスキー場へ宅配で送る場合でも、荷物を1つに収められます。

オールインワンはすべてのスキー用品を収納するので重量が重くなりますが、キャスターが付いた運搬しやすいケースも選択できます。スキー場まで自力でスキーケースを運ぶことが多い人には、キャスター付きのオールインワンケースが最適でしょう。

マイカー利用時や保管時に便利。1台収納用

1台収納用のスキーケースは、スキー板とストックを1組収納できます。スキー板とストック以外のアイテムは別に収納する必要があるため、荷物が増えることがあります。

収納力は落ちるものの、オールインワンよりもサイズが小さめになるので、マイカーでスキーへ行く際にトランクに積みやすいのが特徴です。また、省スペースでシーズンオフ時の自宅保管にも便利です。

夫婦、恋人や友人同士に。2台収納用

1台収納のスキーケースが倍の容量になったものが、2台収納用のスキーケースです。つまり、スキー板とストックを2組ずつ収納できます。2組のスキー用品をまとめて運べるので、夫婦や恋人、友人など、2人でスキーへ行くときに活躍します。

容量が2倍なので、フルで収納するとケースの重量も重くなりますが、2台収納用スキーケースにはキャスター付きのタイプがあります。2台収納用のスキーケースを自分で運ぶことが多い場合は、運びやすいキャスター付きを選択するのがいいでしょう。

両手が空くバックパックタイプも人気

オールインワンや1、2台用スキーケースとは異なるスキーケースとして、バックパックタイプも人気を集めています。

バックパックタイプのスキーケースは背負う形となるため、スキー板を完全に収納できる大きさではありません。しかし、商品によってはサイド部分にスキー板を搭載できるものあります。

そして、バックパックタイプには両手を自由に使えるという、他のスキーケースにはない大きなメリットがあります。一般的なバックパックタイプはたっぷりの収納力に加え、防水加工が施されており、スキーへ行くときのみならずアウトドアにも使えます。

スキーケースの選び方

出典:annie_zhak/iStock / Getty Images Plus/ゲッティイメージズ

さまざまなタイプがあるスキーケースの中で、どれを選べばいいのかと悩んでしまうこともあるでしょう。そこで、どのタイプが最適なのか、スキーケースの選び方のポイントを押さえておきましょう。

スキー板のサイズに合ったケースを選ぶ

まずは、収納するスキー板のサイズに合ったスキーケースを選ぶのが大切です。スキー板よりも小さなサイズのケースはそもそも論外なので、できればジャストサイズのケースを選びたいところです。

一部のスキーケースは、サイズの拡張ができるタイプもあるので、複数のスキー板を使っている場合はサイズ拡張に対応している製品を選ぶのもいいでしょう。

ポケットや防水、クッションの有無を確認

スキーケース選びでチェックしておきたいもう1つのポイントが、機能性です。ポケットが付いているスキーケースなら、アイテムごとに分けて収納でき、高い利便性があります。

スキーケースはスキー場へ持ち運ぶものなので、防水性とクッション性も重要です。運搬時に万が一のアクシデントがあっても、防水性・クッション性があるスキーケースに収納しておけば、思わぬ破損から大事なスキー用品を守れます。

スキーケースを手作りする方法

出典:michelangeloop/iStock / Getty Images Plus/ゲッティイメージズ

スキー用品ブランドやアウトドアブランドから多彩な種類のスキーケースが販売されていますが、その価格は決して安いものではありません。また、重量があり自宅で保管しているとかさばることも多く、収納に困ることも考えられます。

できるだけ費用を抑えて、自分が欲しいスキーケースを使いたい、という場合は、自作してみるのも1つの手です。

布や袋で。1台収納用の簡単自作ケース

できるだけ軽いスキーケースが欲しい、という場合は、布や袋を活用したスキーケースが自作できます。このときに用いるのは、宅急便などで使われる配送用の袋、または一般的な布地です。

袋を使う場合は、スキー板とストックを収納した後、ナイロンテープを巻いて袋のストラップに通し、リベットで固定するだけです。

布を使う場合は、スキー板のサイズに合わせた2枚の布をファスナーでつなげます。サイドにスキー板とストックを固定するベルトを2本付け、取っ手を取り付けて完成です。

いずれもリサイクルできる素材で作れ、型によっては持ち運びもできますが、市販のスキーケースのように防水性やクッション性は得られない点に注意が必要です。

車内用にピッタリ。プラスチックケース

プラスチックを使ったケースは、主にスキー用品を車載する際に使うのがおすすめです。

プラスチックのスキーケースを作るには、市販のダンボール状のプラスチック素材『プラダン』を用います。まず、厚さ4ミリのプラダンをトレイ型に組み立てられるように切り取ります。

切り取ったプラダンを折り曲げてトレイ型に整形し、折り曲げた箇所はダンボール用ステープラーでしっかり固定します。

スキー板の長さに合わない場合は、箱を継ぎ足して再度ステープラーで固定します。仕上げに、ケースの周囲を水に強いPEテープで補強をして完成です。

持ち運びをするのには向いていないスキーケースですが、車のトランク内に置けば、ちょうどスキー板を収納できるスペースを作れる、便利なグッズになるでしょう。

おすすめスキーケース オールインワン

出典:SeventyFour/iStock / Getty Images Plus/ゲッティイメージズ

スキー一式をまるごと運べるオールインワンのスキーケースは、大容量で運びやすさに優れた製品が多く販売されています。以下の3点は、有名スキー用品メーカー・ブランドを含むおすすめのオールインワンタイプの製品です。

2019年型。DAKINE Fall Line Ski Roller Bag

アメリカ生まれのブランド『ダカイン』から出ている今シーズン新作スキーケースは、スキー板2組を収納できる大容量が魅力です。

スキー1組のみの収納なら、ウェアやストックも同時に収納が可能なオールインワンのスキーケースとして活用でき、たくさん入れて重量が重くなっても運搬しやすいキャスター付きです。

ケース先端のハンドルにはベルクロが取り付けられており、キャリーバッグなどのハンドルに取り付けて運ぶこともできます。

分厚く頑丈でクッション性のある生地を採用し、内側の生地には防水加工が施されているので、大事なスキー1式を守ってくれるケースです。

サイズが選べる。オリジナルスキーケース

ネットショップ『DREAM GATES SPORTS』が別注で作成した、オリジナルのスキーケースです。サイズは165cmまで、175cmまでの2種類あり、175cmのみキャスター付きです。

背負い用ベルトやショルダーベルト、ケース上部にはソフトハンドルが付いているので、持ち運びもしやすく、ブレーキストッパーも付属しています。

カラーはブラックxイエロー、ヘザーレッド、ヘザーグレー、ヘザーブルーの4色から選べるので、スキー板やウェアの色と揃えることもできます。

キャスター付き。オガサカ スキーケース

プロスキーヤーも愛用する国産スキー用品メーカーとして知られる『オガサカ』も、スキーケースを販売しています。2018−19シーズンの最新作は、1人分のスキー用品をすべて収納できる、人気のオールインワンタイプです。

フルレングスジッパーでスキー板の出し入れがしやすく、ポケットは外側からも出し入れが可能です。ケース上部のハンドルとショルダーストラップ、キャスター付きで運びやすく、配送にも便利な送り状用ポケットも装備しています。

おすすめスキーケース 2台用

出典:Rrrainbow/iStock / Getty Images Plus/ゲッティイメージズ

続いて、2組のスキー板を収納できる2台用のスキーケースのおすすめ製品を紹介します。

2019年型。SWIX SG05WS-210

スキーのワックスやチューンアップ用品のリーディングカンパニー『SWIX』の2台用スキーケースです。フルパッドのケースで、2台のスキー板を安全に運搬できます。

210cmまでのサイズに対応し、アルペンスキーは2台、クロスカントリースキーなら4台収納可能です。

2019年型。HEAD REBELS DOUBLE SKIBAG

スキー・スノボ用品やスポーツウェアブランドとして知られる、『HEAD』の2台用スキーケースです。

こちらのスキーケースは、アルペンスキー用品や装備も開発しているHEADのレーシング部門と共同開発された製品です。耐久性の高いPUアウター素材を使っているので2組のスキー板を同時に運ぶのに最適です。

簡単に調整できるコンプレッションストラップを使えば、バッグをコンパクトにして運ぶこともできる、機能性の高さもポイントです。

2019年型。ATOMIC DOUBLE SKI BAG

オーストリアのスキーブランド『ATOMIC』の2台用スキーケースは、ビビッドな色が目を引きます。アウター素材には水や汚れに強い素材、裏地には防水シートを採用し、通気グリッドとパッド入りで最適の状態で大事なスキー板を運べます。

ロールトップとデイジーチェン付きで長さの調節も可能で、収納可能なショルダーストラップ付きなど、機能性に優れた一品です。

おすすめスキーケース 1台用、バックパック

出典:extravagantni/iStock / Getty Images Plus/ゲッティイメージズ

スキー板1組のみを収納して持ち運べる1台用スキーケース、そして両手が自由になるメリットがあるバックパックタイプのおすすめ商品は、以下の3点です。

サイズの拡張可能。SALOMON JP EXTEND 1PAIR

フランスのウィンタースポーツ用品ブランド『SALOMON』のスキーケースは、スキー板とストックを1組ずつ収納できる1台用です。スキーケースの端のジッパーを開閉すれば、155~175cmまでの長さに対応できます。

防水仕様で、各部に配置された保護パッドでスキー用品を守ります。

2019年型。ATOMIC SKI SLEEVE

おすすめ2台用スキーケースでも紹介したブランド・ATOMICの1台用スキーケースです。ショルダーストラップや通気グリッドなど、2台用と同じ基本スペックを持った製品です。

2台用と同じビビッドな赤、または黒の2色展開で、好みに合わせたカラーを選択できます。

大容量。DA KINE POACHER RAS BACKPACK 36L

オールインワンタイプのおすすめにも登場したブランド・ダカインのバックパックは、耐久性の高さと軽量コンパクトが特徴です。

蒸れずに快適に長時間背負えるバックパネルとウエストテープを採用、フリース裏地のゴーグルポケット、収納可能なヘルメットキャリーなどを搭載した、コンパクトな中に高い機能性を持ったバックパックです。

  • 商品名:DA KINE POACHER RAS BACKPACK 36L
  • 価格:2万5055円(税込)
  • 楽天:商品ページ

おすすめスキーケース ジュニア用

出典:Marcin Wiklik/iStock / Getty Images Plus/ゲッティイメージズ

大人用とはサイズが異なるジュニア用のスキー用品にも、専用のスキーケースがあります。

防水。blp SKI CASE MINI JR

ジュニアでもスキー板の出し入れが簡単にできる、ワイドなジッパーを搭載した巾着タイプのスキーケースです。210デニールの軽量な防水ナイロンを両面に採用し、表面には配送の送り状や保証書などを入れられるクリアポケットも付いています。

表面はブルー、ピンク、ブラックの3色展開のチェック柄で、裏地には同単色の生地を使用しています。サイズは100~120cm対応のSサイズ、120~140cm対応のLサイズの2種類展開です。

軽量。crosterジュニアスキーケースVC-914

140cmまでのスキー板対応の、ジュニア向けスキーケースです。サイドジッパーは対応サイズほぼいっぱいまで開くので、スキー板だけではなくスノーボードも収納できます。

ブラック/グレー、ネイビー、ブラック、ピンクの4色展開、軽量なので子どもでも取り扱いやすいケースです。

  • 商品名:crosterジュニアスキーケースVC-914
  • 価格:3200円(税込)
  • 楽天:商品ページ

まとめ

スキーケースは、1組のスキー板とストックを収納できる1台用の他、2台用やスキーに必要なアイテムをすべてまとめて収納できるオールインワンやバックパックタイプが揃っており、ジュニア専用のスキーケースもあります。

スキーへ行くときのスキー用品運搬方法や人数などを考慮して、最適なスキーケースを選びましょう。