黒姫高原スノーパークのクーポン情報。割引価格でお得に楽しもう

初心者から上級者まで楽しめるスキー場として、黒姫高原スノーパークは親しまれてきました。通常通りの利用でも決して高くはないのですが、このスキー場をお得に楽しめるクーポンが存在しています。ここでは基本情報と合わせて紹介します。

黒姫高原スノーパークの基本情報


[anyaberkut]/[iStock / Getty Images Plus]/ゲッティイメージズ

まず、黒姫高原スノーパークの基本情報を押さえておきましょう。半世紀以上の歴史を持つこのスキー場は、60haの広さと13種類のコースを持つ冬の人気スポットです。

黒姫山の裾野に広がる一面の銀世界は、多くのスキーヤー・スノーボーダーを惹きつけてやみません。

豪雪地帯なので、トップシーズンには大量の雪が降ります。雪量が豊富で滑りやすく、また野尻湖、斑尾山、妙高山などを望める景観の良さも人気の理由の1つです。では所在地や料金はどうなっているでしょうか。

所在地およびアクセス方法

所在地は、長野県水内郡信濃町大字野尻3807(黒姫高原)となっています。

上信越自動車道の『信濃町IC』からわずか5kmのところにあり、アクセスの良さは抜群です。東京方面からは関越自動車道から上信越自動車道に乗り換えるルートでおよそ180分、新潟・金沢方面からだと北陸自動車道から上信越自動車道のルートで150分です。

電車でのアクセスは、東京から北陸新幹線で「長野」駅でしなの鉄道北しなの線に乗り換え『黒姫』駅に向かいます。大阪、名古屋からのアクセスも同様に北陸新幹線を使います。

『黒姫』駅からは無料のシャトルバスが出ているので、時刻表を確認し利用しましょう。

営業時間とリフト利用料金

リフトの運行時間は全5機それぞれで違いますが、早いもので8:30から、遅いものでは16:30まで利用できます。気象状況により変更になる場合もあるので注意しましょう。

利用料金は、1日券で大人3900円、50歳以上のシニア3500円、小学生~高校生までのジュニアで2400円です。

2日券、3日券、午前券、午後券など割安になるチケットも各種ありますので、自分のスケジュールや都合に合わせて最適なものを選択しましょう。

レンタル料金について

黒姫高原スノーパークではレンタル用品も扱っています。手ぶらでもスキーやスノーボードを楽しむことが可能で、非常に親切なシステムです。

板とブーツ(スキーの場合はストックも)、ウェア、ゴーグルなどの小物までついたセットで8000円となっています。

単品でのレンタルもあり、中にはソリなども貸し出しています。リフト1日券とスキー・スノーボードレンタルがセットになっているものもあるので、うまく活用してお得に遊びましょう。

リフトやレンタルに関するクーポン割引情報


[Artranq]/[iStock / Getty Images Plus]/ゲッティイメージズ

基本情報を押さえたあとは、リフトやレンタルに関するクーポン割引情報を紹介します。

黒姫高原スノーパークではさまざまな割引制度が設けられており、利用することによってかなり費用を抑えることが可能です。特に費用がかさみがちなリフト、レンタルの出費を減らすことができれば、気軽にウィンタースポーツを楽しめます。

割引対象や割引金額はクーポンによって変わってきますが、特定の年齢であったり、宿泊とレンタルを伴ったりする場合など多くのシチュエーションで適用されます。クーポンには、以下のようなものがあります。

昭和52年生まれ、カップルが対象のクーポン

2017年を例にとると、黒姫高原スノーパークが52周年だったこともあり、昭和52年生まれの人を対象に割引が実施されました。

リフトの1日券がなんと50円になるというかなり思い切った割引制度で、来場者を驚かせましたが、2018〜19年も同様のクーポンが実施されるようです。

また毎日5組限定で、2人分のリフト1日券が3900円になるというクーポンもあります。

通常リフト券が大人1人3900円なので、実に半額になるという大変お得な制度です。年齢確認が必要ですが、性別問わず適用されるので同性同士の友人とも使うことができます。

タイムズクラブ会員ならジュニア料金が割引

タイムズクラブ会員であれば、会員カードを提示することでジュニア料金が割引になります。

通常2400円のところを500円で利用できるという、破格の割引クーポンです。小学生、中学生、高校生の子どもがいるファミリーであればかなりの恩恵を受けることができます。

利用可能期間はシーズン全体の日曜日です。日曜日に黒姫高原スノーパークを利用する予定であればお得に利用できるでしょう。タイムズクラブに加入する必要がありますが、他にもいろいろなクーポンがあるので、検討してみてください。

宿泊やレンタルもするなら黒姫BLACKBOX

宿泊やレンタルも検討するのであれば、黒姫BLACKBOXがお得です。宿泊・食事にスキー場のリフト券がつき、大人5500円からとなっています。

宿泊する宿は基本的に指定できませんが、どこの宿にあたるかも含めて楽しみなのがBLACKBOXです。

また、このシステムではレンタル用品に対するクーポンが発行されます。通常よりかなり安くスキー・スノーボード用品・ウェアを借りることができるので、「泊まりがけで行きたいけれど費用はなるべく抑えたい」という人には特におすすめです。

シーズン券に関するクーポン割引情報


[anyaberkut]/[iStock / Getty Images Plus]/ゲッティイメージズ

シーズン中に何回も黒姫高原スノーパークを利用する場合は、シーズン券を購入したほうが効率的です。そのシーズン券にもクーポンがあり、各種特典がついてくるものや、他のスキー場でも利用できるシーズン券など魅力にあふれたシステムが存在します。

各種特典満載の黒パスシーズン券がお得

黒姫高原スノーパークでは一般的なシーズン券を廃止し、オリジナルの『黒パス』シーズン券の扱いを実施しはじめました。スキーシーズンに限らずグリーンシーズンでもさまざまな特典がついてくるという優れものです。

スキーシーズン中のリフト乗り放題はもちろん、黒パスメンバー限定ランチの販売や、近隣スキー場のリフト券割引など特典はたくさんあります。

10月末までの早割で9800円とかなりお得なので、黒姫高原をオールシーズンで楽しむのであれば検討の価値ありです。

30以上のスキー場で利用できるシーズン券

いろいろなコースでたくさん滑りたいという人には、全国30以上のスキー場で利用できるシーズン券、マックアース30がおすすめです。加盟しているスキー場すべてのコースが滑走可能というもので、そのコース数は実に280にものぼります。

9月までの早割で大人65000円、子どもが30000円とかなりお得ですが、10月以降の購入でも大人100000円、子ども50000円と割安でスキーシーズンを楽しむことができます。

黒姫高原スノーパークの特徴や魅力


[Jag_cz]/[iStock / Getty Images Plus]/ゲッティイメージズ

最後に、黒姫高原スノーパークの特徴や魅力を紹介します。このスキー場の魅力は、アクセスの良さだけではありません。景観の良さもそうですし、雪の質量もそうですが、まだまだ他にも存在します。

コンパクトで滑りやすいコース設計が特徴

黒姫高原スノーパークのゲレンデは、どのコースもコンパクトなつくりで滑りやすいという特徴があります。

初心者向きのコースから上級者でも滑り応えのあるコースまで取りそろえており、子どものいるファミリーも熟練のスキーヤー・スノーボーダーもしっかり楽しむことが可能です。

アトラクション豊富なファミリーパークも人気

他にもアトラクションが豊富なファミリーパークが人気を博しています。スノーモービルに乗ったり、小さな子どもでも楽しめるらくらくスロープ(動く歩道)のあるキッズパークで遊んだりと、さまざまな遊び方ができるためファミリーに人気です。

まとめ

黒姫高原スノーパークには数多くのクーポンが存在し、うまく利用することでリーズナブルにスキー・スノーボードなどのウインタースポーツを楽しむことができます。他のスキー場とも比較しながら、出費を抑えつつ冬のレジャーを楽しんでみましょう。

この他にも黒姫高原スノーパークについてまとめた記事があります。気になる方はチェックしてみて下さい。
黒姫高原スノーパークは天然雪100%のファミリーで遊べるゲレンデ