スキーウェアをミズノで選ぶならこれ。男女別ウェアからキッズまで

今年もウィンタースポーツの季節がやってきます。ゲレンデデビューの人も、毎シーズンは通っている本格派にもおすすめしたいのがミズノのスキーウェアです。ミズノの歴史やウェアの特徴、おすすめの商品を紹介します。

スキーウェアの選び方とミズノについて

[Marcin Wiklik]/[iStock / Getty Images Plus]/ゲッティイメージズ

早速スキーウェアを選ぶ際のポイントをお伝えし、続いてミズノのウェアを紹介していきます。

スキーウェアの選び方およびサイズ表

スキーウェアの選び方についてですが、まず大切なのはサイズ感です。スキーウェアは動きに制限がかからないように少し大きめに作られています。

サイズが決まったら、次に機能性で比較してみましょう。おおむねスキーウェアとして作られている限りは、防水性や保温性、通気性は確保されていますが、それぞれ何に重点を置いているかは異なります。

機能性という意味では、使いやすさも大切です。例えばポケットの位置や数、フードの取り外し可否などがあるので、ご自身で欲しいウェアをイメージをしてみましょう。

そして、もう1つ忘れてはならないのがデザインです。せっかくゲレンデに行くので、やはり着ているだけでテンションが上がるウェアを選びましょう。

ミズノのウェアを購入する際は、以下のサイズを参考にしてください。

<スキージャケット(ユニセックス)>

  • 2XS
    身長145~153cm、胸囲77~83cm
  • XS
    身長152~160cm、胸囲81~87cm
  • S
    身長159~167cm、胸囲85~91cm
  • M
    身長166~174cm、胸囲89~95cm
  • L
    身長173~181cm、胸囲93~99cm
  • XL
    身長180~188cm、胸囲97~103cm
  • 2XL
    身長187~195cm、胸囲101~107cm

<スキーパンツ(ユニセックス)>

  • 2XS
    ウエスト63~69cm、股下64~68cm
  • XS
    ウエスト67~73cm、股下68~72cm
  • S
    ウエスト71~77cm、股下72~76cm
  • M
    ウエスト75~81cm、股下76~80cm
  • L
    ウエスト79~85cm、股下80~84cm
  • XL
    ウエスト83~89cm、股下84~88cm
  • 2XL
    ウエスト87~93cm、股下88~92cm

<スキー・スケートウエア(JASPOサイズ)>

  • S
    身長162~168cm、胸囲85~91cm、ウエスト71~77cm
  • M
    身長167~173cm、胸囲89~95cm、ウエスト75~81cm
  • L
    身長172~178cm、胸囲93~99cm、ウエスト79~85cm
  • O
    身長177~183cm、胸囲97~103cm、ウエスト83~89cm

<スキー・スケートウエア(ジュニア)>

  • 120
    身長115~125cm、胸囲57~63cm、ウエスト51~57cm
  • 130
    身長125~135cm、胸囲61~67cm、ウエスト53~59cm
  • 140
    身長135~145cm、胸囲65~72cm、ウエスト54~62cm
  • 150
    身長145~155cm、胸囲70~78cm、ウエスト58~66cm
  • 160
    身長155~165cm、胸囲76~84cm、ウエスト62~70cm

ミズノの歴史

ミズノは大阪に本社をおくスポーツ用品メーカーで、多くの野球選手がミズノのアイテムを愛用しています。野球用品ではトップシェアの会社でもあります。

ミズノの創業は古く、1906年になります。野球ボールなどの販売と野球大会の企画を、『水野兄弟商会』という名の元で始めたことがミズノの起源です。

戦後には野球だけでなく、ゴルフやスキー用品にも展開を開始し、1964年の東京オリンピックでは自社商品を多くの選手に利用してもらうことに成功しました。こうして着実に成長を続け、誰もが知るスポーツ用品メーカーへと上りつめたのです。

ミズノのスキーウェアの特徴

スキーウェアは価格もデザインもさまざまで、どれを重視するかによって最適なものは変わります。

ミズノのスキーウェアは品質は高く、価格はリーズナブルだと評判です。また日本のメーカーということで、日本人の体や好みを反映した商品開発で安定感があります。

おすすめのメンズスキーウェア

[yanik88]/[iStock / Getty Images Plus]/ゲッティイメージズ

ここからは具体的にミズノのおすすめのウェアを紹介します。

2019年モデル。FREE SKI JACKET

2019年の最新モデルで、大人っぽさをテーマに作られたジャケットです。カラーによって異なる印象を与えますが、一押しは全体にスクエア模様とドットがプリントされているタイプです。色使いは控えめながら、斬新なデザインで魅了します。

大容量のバックポケットや、フロントにも使いやすい位置にあるので便利です。デザインという観点でもポケットがおしゃれな1着です。

商品名:ミズノ FREE SKI JACKET
価格:42700円(税込)
楽天:楽天で見る

2019年モデル。BLACK PREMIUM JACKET

こちらは高級感のあるジャケットです。これまでのウェアでは満足できない人に、デザイン性も機能性も妥協しないプレミアムなウェアに仕上がっています。保温性に優れていながらも、汗を逃す構造になっています。

とてもシンプルなのでニット帽など小物で少し色物を入れてもおしゃれです。大人の男性におすすめの1着です。

商品名:ミズノ BLACK PREMIUM JACKET
価格:87400円(税込)
楽天:商品ページ

2018年旧モデル。KSKネクストジャケット

もう少し価格を抑えたいという人にはこちらがおすすめです。

昨年度のモデルですが十分な機能性を有しています。プリントは冬の森をテーマにしており、クールな雰囲気が特徴のジャケットです。色使いがポップなので、年代を問わず着ることができます。

商品名:ミズノ KSK-NEXT JACKET

おすすめのレディーススキーウェア

[HotPhotoPie]/[iStock / Getty Images Plus]/ゲッティイメージズ

ミズノからはたくさんおしゃれなレディースウェアも出ています。

2019年モデル。MIZUNO RACING TEAM JACKET

まずは最新モデルからチェックしてみましょう。カラーによって全然印象の異なる大胆な配色のジャケットです。とはいっても同系色であわせられているので、とても使いやすいにもかかわらず、おしゃれ上級者に見えます。

2018年旧モデル。フリースキージャケット

[bernardbodo]/[iStock / Getty Images Plus]/ゲッティイメージズ

こちらは昨年のモデルですが、とにかく保温性に優れたジャケットです。人間の体から発せられる水分を吸収して温めてくれるというブレスサーモ素材が使われています。

それでいて軽量化も追及されており、暖かくて体の負担にはならない軽さで女性にはぴったりの一枚です。デザインはカジュアルな雰囲気となっています。

商品名:ミズノ FREE SKI JACKET
楽天:楽天で見る

おすすめのキッズスキーウェア

[O_Lypa]/[iStock / Getty Images Plus]/ゲッティイメージズ

最後に子ども用ウェアも紹介します。

2019年モデル。ミズノチームJrジャケット

こちらは最新作で親子おそろいのデザインで着ることもできるジャケットです。人気のFREE SKI MODELのジュニアモデルです。

商品名:ミズノ TEAM Jr. JACKET
価格:30100円(税込)
楽天:楽天で見る

2018年旧モデル。ミズノチームジュニアジャケット

旧モデルはデザインが大きく異なりますが、こちらはポップな雰囲気で子どもにはぴったりです。変わるのはデザインのみなので、サイズがあれば少しお得に購入することができます。

商品名:ミズノ TEAM Jr. JACKET
価格:23400円(税込)
楽天:楽天で見る

まとめ

日本が世界に誇るスポーツ用品メーカーの1つであるミズノのおすすめのウェアを紹介しました。サイズ一覧表も参考に、ぜひお気に入りのスキーウェアを見つけてください。

この他にもスキーウェアについてまとめた記事があります。気になる方はチェックしてみて下さい。
2019年シーズンに向けて人気のスキーウェアを総チェック!