女子必見!自分に合った板の選び方とは?

スノボが楽しくなってきて、そろそろレンタルボードからの卒業を考える人、あるいはもっと上達するために、よりいいボードに出会いたい人…。ボードの購入を考えるタイミングは人それぞれ。決して安い買い物ではないので、「これだ!」と思うベストなものを選びたいですよね。今回は特に、女子が板を選ぶときのポイントとおすすめアイテムを紹介します。

もっと上達するために、どんな板を選ぶべき?

「もっとうまく滑りたい…」。そう思ったら、技術を磨く以外に、使っているボードの見直しが必要かもしれません。とにかく速く滑りたいのか、ターンを華麗に決めたいのか。自分の理想とする滑り方と、実際に使っているボードの特性が合っていない可能性があります。

世界で活躍するプロボーダーは、コースやコンディションによって板を使い分けるのが当たり前。それぐらい、滑りの良し悪しとボードは密接な関係があります。

まずは自分のことを徹底的に知ろう

「スタンサー」を積極的に活用

「スタンサー」とはスノーボードで立ちやすい位置を算出する測定器です。そもそもスノーボードは、ボード上に両足を固定した状態で行うスポーツ。無理なく体を動かし、より安全に上達するためには、自分の体のバランスに合った位置でバインディングをセットすることが必要不可欠です。

これまでレンタルボードや人の板を借りていた人は、足を固定する位置が自分の体に最適でなかったかもしれません。スタンサーを使って自分に合ったバインディングの位置を把握することで、今までより圧倒的に滑りやすくなる可能性は十分あります。

「スーパースポーツゼビオ」「ヴィクトリア」などスノーボード用品を扱うスポーツショップでは、店頭にスタンサーが設置してある店舗も多いので、買い物のついでに一度計測してみるのがおすすめです。

目指したいのはどんなスタイル?

Male snowboarder is jumping with snowboard from snow hill against the blue sky. Livigno, Italy

ボードを選ぶ上で、大きな基準となるのがスノーボードのスタイルです。「速く走るカービングタイプ」と「くるくる回るグラトリタイプ」、「どちらでもないオールラウンドタイプ」ではそれぞれ最適なボードの形状が異なります。まずは自分が目指すスタイル、理想の滑りはどんなものなのかをイメージしておくと、選択肢がある程度狭まるのでボード選びがスムーズです。

スタイルに合わせた板の選び方

男女での板選びの違い

性別の違いでボードの選び方に大きく差が出ることはありませんが、女性の板選びにはいくつか押さえておくべきポイントがあります。

・長さ

男女問わず、一般的にボードは自分の身長から15~20cm短いものを選ぶと良いとされています。長すぎるとターンがしづらくなるなど扱いにくいので、購入時にショップスタッフと相談しながら最適な長さの板を選びましょう。

・重さ

ライディングへの影響がさほど大きくないため、意外と見落としがちなのがボードの重さ。重いとゲレンデに行くまでの持ち運びの際に負担になるので、女性は特に、実際に持ってみて重さを確かめてから購入するのがおすすめです。

・柔らかさ

ボードがどれぐらいしなるか、という柔らかさも注意すべきポイント。片手でボードの先をつかみ、もう片方の手でボードの中心をぐっと押すと柔らかさを確認することができます。

柔らかければ柔らかいほど板のコントロールがしやすいですが、高速でカービングターンをするようなスタイルでいきたいなら、反発の強い硬い板が向いています。男性に比べて力の弱い女性は、目指すスタイルと自分の力のバランスを考えて板を選ぶといいです。

スタイルごとに最適なボードの形状

ボードの形状は様々ありますが、代表的なものは以下の3つ。形状によって操作性に大きな違いが生まれるので、自分が目指すスタイルに合った板はどんなものかを覚えておくといいでしょう。

【キャンバー】
メリット:カービングがしやすく、反発が強いのでジャンプの高さが出しやすい
デメリット:逆エッジになりやすい

【ダブルキャンバー】
メリット:板が回しやすくグラトリがしやすい、逆エッジになりにくい
デメリット:直滑降の際に不安定感がある

【フラットロッカー】
メリット:板を動かしやすく、簡単にターンができる
デメリット:反発がないのでジャンプに高さが出にくい

どれもメリット・デメリットがありますが、ある程度板の扱いに慣れている人には「ダブルキャンバー」がおすすめ。キャンバーとロッカーの特徴をいいとこ取りしたようなタイプで、カービングターン、パウダー、フリースタイルなど幅広いスタイルに対応したバランスの良い板と言えます。

女性におすすめの最新ボード3選

スウィベル「19SILK」

1990年代初頭、サーフィンのメッカであるアメリカ・カリフォルニア州のハンティントンビーチから人気に火のついたブランド「スウィベル」。サーフィン以外に、スノーボードギアやウェアでも幅広く愛されています。

こちらのボードはレディスオールラウンドモデル。芯材に軽量ウッドを採用しているので扱いやすく、ライディングの操作性が非常に良い点が魅力。ダブルキャンバー形状でオールランドに遊べます。

「19SILK」を購入したい

ゼビオオンラインを見る

バートン イェーセイヤー Flying V 20-21 

言わずと知れたスノーボードのトップブランド「バートン」は、女性からも安定の人気を誇ります。ブランド独自の「Flyng V」というボード形状が、独特の浮遊感と軽やかな滑り心地を実現。

エッジの引っ掛かりがない優れた操作性と、オールラウンドに活躍するデザインで、ライディングの幅を広げてくれる一本です。

「イェーセイヤー Flying V 20-21」を購入したい

ゼビオオンラインを見る

ロキシー GLOW GLOWxSM 

横ノリ系を代表するレディースブランドといえば、アメリカ・カリフォルニア州発の「ロキシー」です。ウィンタースポーツもサーフスポーツも、自然とともにあるアクティブなライフスタイルを愛する世界中の女性に愛されています。

こちらの「GLOW GLOWxSM」はハイブリッドキャンバー形状の一本。エッジグリップ力と反発力を持ちながら、パウダー滑走時の浮力も感じられる、幅広いシーンで使える頼りがいがあります。

「GLOW GLOWxSM」を購入したい

ゼビオオンラインを見る

 

自分に合った一本で、スノーボードをもっと深く楽しもう!

いざマイボードを購入しようとしても、選ぶ基準やボードとの相性は人それぞれ。ベストなボードと出会ったら、次のシーズンには理想のライディングにもっと近づけるよう、残り少ない今シーズンもガンガン滑り込みましょう!