【SIMSライダー連載企画vol.4】ジャンプは負けない。石川敦士の今も変わらないライダーとしての思い

人気スノーボードメーカーSIMSのライダー連載企画第4段!今回はレジェンドボーダー石川敦士さんです。今回は石川さんの昔から変わらない、スノーボードに対する思いを語っていただきました。

今回インタビューしたライダーはこちら

  • 名前:石川敦士(いしかわあつし)
  • 出身地:埼玉県浦和市
  • スポンサー:SIMS/QUIKSILVER/SP United/SPY/eb’s/GALLIUM/UN/i-nature/SHIFT/雪番長/BRISA MARINA/BCA/たばる針灸整骨院/HIGHSIDE/
  • instagram:@sclover3atsushi

スノーボードが1番しっくりきた

サッカーから横ノリの世界へ

━━━まず、スノーボードを始めたきっかけを教えてください。

出典:instagram

石川:小さい頃からずっとサッカーをやっていて、一応有名高校にサッカーで進学して頑張っていたのですが、高校3年生でけがをしてしまい、サッカー選手の夢はそこで断念せざるえませんでした。

出典:instagram

石川:そのときにサッカー以外で何か始めてみようと思い、横ノリスポーツに手を出しました。スケートボード、サーフィン、スノーボードなど色々始めて1番しっくりきたのがスノーボードでした。

ドキドキのニュージーランドの旅

━━━運動神経がいいので、すぐに上達したんでしょうね。

出典:instagram

石川:ですかね〜。たまたま地元でスケボーをしていたら先輩に「今年の夏ニュージーランドにスノーボード行くけど、敦士も行く?」とお誘いを受けて、即「行きます!」と返事をしちゃいました。

━━━フットワーク、軽いですね!

石川:確かに。ですが、一緒に行く先輩はなんと直前でドタキャン。僕一人で行くことになってしまいました。向こうに知り合いもいるわけでもなく、右も左もわからないまま…。不安でしたね。

━━━まさかの事態ですね…。

出典:instagram

石川:でもたまたま飛行機の席で隣に席に座った日本人もこれから一人でスノーボードしに行くという子だったんで、結局彼と二人でレンタカーを借りて旅をしました。今でも彼はプロとしてスノーボードを続けていますよ。

チャンスをモノに

SCLOVERとの出会い

━━━石川さんのインスタアカウントにある、SCLOVER3とはどういう意味なんですか?

出典:facebook

石川:島田聡、田中しんじ、杉元明の3人で作ったスノーボードのチームです。僕は新潟県妙高市にある新井スキー場に籠もっていて、夏シーズンにアメリカでSCLOVERメンバーと出会いました。年齢も同じくらいだったので、一緒に滑りました。帰国してから、今年作品(映像)作るから撮影やるんだけど、一緒にやらないか?と声をかけてくれた。

石川:そこでも僕は即答でやりたいと答えたんです。

━━━本当にフットワークが軽いですね!

出典:instagram

石川:軽いと言うか、チャンスを無駄にできない。しっかり与えられたチャンスを生かさないとと言う気持ちになるんです。

━━━さすがです。かっこいい。SCLOVERとして、今ではどんな活動をされてますか?

出典:instagram

石川:今では大会をSCLOVER主催の大会を開催しています。ジャンプの大会です、昨シーズンは招待選手も呼んで盛り上がりましたよ。毎日朝4時起きでコースを作っていました。

様々な顔

━━━現在の主な活動はなんですか?

出典:instagram

石川:今でも映像作成をしています。あとは中国でのオリンピック強化コーチを任されたり、6年くらいパークの提案したり、コースの作成をしています。なので冬は家族を関東に置いて新潟に一人でいます。ほぼ会えないですね。

━━━お忙しいですね。そんな中、2019-2020シーズン1番楽しかったことは何ですか?

石川:2月くらいまでずっとコーチで中国にいて、帰って来れなかったので日本のパウダーシーズンを逃してしまったんです。そしたら4月にたまたま雪が降ったのでスノーモービルで山にあげれもらってパウダーを滑れました。最高に気持ちよかったです!

━━━そう、今年4月も降りましたもね!

石川:大変なシーズンだったけど、今やれることをやっていかないとダメですね。

━━━石川さんがスノーボードをやる上で大切にしていることはありますか?

出典:instagram

石川:これといって特にないですよ。みんなと一緒でただ滑りたいだけ。雪の上にいたいと思うだけです。

━━━なんかすごい人なのに親近感湧きますね。

自分がイメージを変えたい

SIMSとの出会い

━━━SIMSチームに入ったきっかけは何ですか?

出典:instagram

石川:いろんな板に乗ってきましたが、あるときSIMSのオーナーからうちの板に乗らないかと連絡がありました。そのときにちょうどSIMSがこれからというときだったんです。俺がSIMSを変えてやる。と決意してチームにジョインしたんです。

━━━SIMSではどの板に乗っていますか?

石川:ATVとDISTORTIONです。

━━━ATVって本当にライダーさんの信頼度アツいですね!

石川:これでほとんどなんでも出来ますね。オールラウンドボード。ちゃんとしたキャンバーで張りもあるし。ビックキッカーでも安定した着地ができます。

━━━DISTORTIONはどんな時に使用しますか?

石川:メインはパウダーです。浮力がしっかりあるので。

━━━石川さんの得意な技はありますか?

石川:基本何でも得意です。何でもできます。強いて言えば…、スイッチB7とか9(通常の反対側の足が前にいるスタンスから2回転もしくは2回転半すること)は負けないです!

━━━では最後に、石川さんにように大きな技ができるようになるにはどうしたら良いですか?アドバイスください。

石川:とにかく基礎が大事です。これが1番遠回りなようで近道です。180(半回転)できないのにいきなり360(1回転)回そうとしてもダメです。まずは180を完璧にする。あとは気持ちです!

━━━私も頑張ります!ありがとうございます。

横ノリ大好き、今後の石川さんに期待!

出典:instagram

多くのライダーが憧れる石川さんでさえ、何年たってもスノーボードが大好きで、ずっと雪の上に立っていたいと思っていました。スノーボードはここまで人を取り憑かせてしまうほどの不思議な力があると感じました。スノーボードそのものの楽しさもそうですが、仲間の力が偉大なのではないでしょうか。SIMSライダー連載、次回が最終回です。乞うご期待!

この記事をかいた人

現役アラサープロスノーボーダー。好きな言葉は「速さこそ正義」