【SIMSライダー連載企画vol.2】地元富山県から新たなる挑戦の地、湯沢へ…平田巧の多才なスノーボードライフに密着!

老舗スノーボードメーカーSIMSのライダーにフォーカスした連載企画。2回目は、CMやTVに出演経験のあるイケメンスノーボーダー平田巧さんです。地元富山県の生活から、学生卒業後に過ごした新潟県湯沢町に拠点を移した今シーズン。その全貌に迫りました!

今回インタビューしたライダーはこちら!

  • 名前:平田巧(ひらたたくみ)
  • 出身地:富山県
  • スポンサー:SIMS SNOWBOARDS/LINK BINDINGS/VONZIPPER/HORSEFEATHERS/AshramGloves/Skullcandy/富山KINGS/名剣温泉/びんてる名剣
  • インスタグラム:@takumi_hirata
  • 出演作品:Xperia TV CM 出演、SUZUKI ハスラー TV CM 出演、TBS恋愛バラエティ番組「恋んトス」season3&5 出演

━━━平田さん本日はよろしくお願いします。

プロスノーボーダーへの道

全ての始まりはスノーボードの専門学校から

━━━いつからプロ活動をしているのですか?

平田:スノーボード専門学校JWSCに入学してから本格的にスノーボードにのめり込みました。卒業してすぐにプロ資格を取得。スロープスタイルという競技で大会を回っていました。当時目標としていた「TOYOTA BIG AIR」という大舞台にも出場できたのですが、目標を達成してしまった時点で大会はだんだんと参加しなくなりました。

━━━これからというときに、もったいない気もしますが…。どうしてですか

平田:目標がなくなって一気に気が抜けてしまったのと、当時から大会よりもDVDの撮影の方に力を注いでいたので、だんだんメディア露出にシフトチェンジしていきました。そしてスノーボード界では知らない人はいない有名チーム「HYWOD」のクルーになり、より撮影が増えたのであまり時間もなかったんだと思います。HYWODがきっかけでTVメディアからも声がかかり、別の道が拓けました。

━━━かっこいいです!現在の活動のメインはなんですか?

平田:新潟県湯沢町にある神立スノーリゾートで「神立WOOT free style snowboard school」というパークとグラトリがメインのスクールで校長先生をやっています。このWOOTsnowboardschoolは全国に4箇所あり、8月からはオフトレ施設でのレッスンも始める予定です。1年通して滑れますよ!

━━━ぜひレッスンして欲しいです!あと、youtubeチャンネルもありますよね?

平田:そうなんです。あまり更新してませんが、駆け出しでやっているのでぜひチャンネル登録をよろしくお願いします!

筆者も拝見しましたが、初心者向けに技のコツの説明をわかりやすく解説してくれているので皆さんもぜひのぞいてみてください。
DIAMOND TV平田巧 ダイアモンド

富山から湯沢へ

慣れない土地での生活は?

━━━地元富山で宿も経営されていたとのことですが、なぜ地元を離れようと思ったのですか?

平田:地元ももちろん好きだったのですが、湯沢の街並みやスキー場、そして人にほれ込んでしまったんです。専門学校がJWSCで新潟県にあって、卒業しても新潟に滑りに行くことが多かったんです。新潟の中でも湯沢町は近隣にスキー場がたくさんあるし、山を降りても仲間との交流が多かったので篭るには最適でした。

平田:4年前からWOOTのスクールのゲストライダーとして呼ばれて手伝っていたのですが、去年友人から本格的に校長としてスクールをやってほしいと誘われ、すんなりOKを出しました。

━━━富山と湯沢の土地のギャップなどは感じませんでしたか?

平田:初めは知ってる場所とはいえ、新しいことを始めることに不安は大きかったです。しかし湯沢は慣れ親しんだ場所なので、自分のテリトリーな気がします。もちろんお客さんの数は湯沢の方が多いです。関東圏から来る方が圧倒的に多くて、スクールは連日大忙しでしたね。ありがたいです。

19-20シーズンを振り返って

━━━大忙しですか!雪不足の影響は受けなかったんですか?

平田:富山はガッツリ受けました。雪不足から始まって今回のコロナの影響と。神立は湯沢エリアでもまだ雪は残っていたのでお客さんが集中してくれて助かりましたけどね〜。いやしかし、僕たちウインター業界にとっては本当に大変なシーズンでした。

━━━ですね。今年の夏の活動は何かありますか?

平田:はい。今は実家の宿の手伝いをしていますが、7月にかけて関東圏にあるオフトレ施設で引き続きスクールを開こうと思っています!そろそろ自粛解除になってきましたし、予防を完璧にして。

━━━また取材させてください!

平田さんオススメのSIMSボードはこちら!

━━━平田さんはSIMSのどの板に乗っていますか?

平田:メインはDISTORTIONというパークライドな板に乗っています。長さは158㎝。

━━━パークなのに158㎝ですか?長いですね〜。

平田:なぜ長いのかというと…スピードに対しての安定感が違いますね。でかいキッカーに入ることが多いので。全体的に長い板に乗ることが多いです。スクールでお客さんを教えるときはTHE DAYを使います。

━━━THE DAYはどんな板ですか?

平田:複数人でのレッスンの時に止まって教えたり、遅目のスピードでデモンストレーションをする事が多くて、その時にTHE DAYの形状が真ん中を中心に小回りが効きやすいので、コントロールがめっちゃしやすいんですよね。それでいて、反発もしっかりあってその場でオーリーを見せたりする時も高さを出せるってところも良いところですね!

今後の平田さんにも注目!

この夏は、感染予防を徹底しながらオフトレ施設でのプライベートレッスンも多数行っている平田さん。もともと平田さんに教わっている方はもちろんですが、スノーボードを始めたばかりの初心者にも優しく教えてくれそうです!オフトレで来シーズンに一歩でも先に行きたい方はぜひ、平田さんにインスタグラムからDMしましょう!

この記事をかいた人

現役アラサープロスノーボーダー。好きな言葉は「速さこそ正義」