この夏のオフトレは寒さにも暑さにも強いホグロフスリムシリーズで!

外出の自粛が求めれている中で大型連休も終わり、気温もぐんぐん上がっている今日このごろ。おうち時間でも適度な運動は必要です。今回はアクティブに過ごすみなさんのために快適なホグロフスの新商品を紹介します!

ホグロフスのリムシリーズ(L.I.M series)とは?

よりシンプルに、機能的に

“LESS IS MORE”(よりシンプルに、より機能的に)の頭文字をとった“L.I.M”シリーズ。その名の通り軽量で使いやすいホグロフスの代表アイテムです。2020年はリムシリーズにバックとシューズがラインナップに加わり、「L.I.M 2.0」として大幅アップデートしました。

圧倒的な軽さ!

リムシリーズはウエア、シューズ、バックパックと全て合わせてもトータル2010gしかありません。2010gは2Lのペットボトルより少し重たいくらいです。めちゃくちゃ軽いですよね!Tシャツ単体だとわずか135g…。きゅうり1.5本ほどです。驚きの軽さです。

ちょっと肌寒い日にもう1枚!ウインドシェルジャケット

環境に配慮したはっ水加工

ホグロフスの環境活動の一環で、過フッ素化合物を含まない撥水加工をしています。こうすることにより、衣類への負担を減らし、耐久性が上がります。長く服を着続けて欲しいという会社の願いから生まれました。

伝統柄でタウン使用にも◎

ホグロフスの発祥地、スウェーデンのダーラナ地方の伝統柄であるカービッツ柄を採用。シンプルな色の中にある黄色が映えます。山でも使え、タウンでも使え、好感度がアップします。コンパクトに折りたためるパッカブルなので、ちょっとしたお出かけでもカバンにひょいとしまえて便利です!

【基本情報】

  • 品名:L.I.M Series Shield Comp Hood
  • サイズ:S、M、L
  • 色:Kurbits、Signal Yellow、Stone Grey
  • 重さ:約110g(Lサイズ)
  • 価格:Kurbits ¥18,500(税抜) Signal Yellow, Stone Grey ¥16,500(税抜)

絶対欲しいマストアイテム!ドライTシャツ

軽い着心地、135gなので着てる感じがしない!

速乾性に優れるニット素材を使用、さまざまなアクティビティで活躍します。筆者は寒い地域の出身なのに、暑がりで、夏はドライTシャツしか着ていません。トレーニングももちろんですが、シンプルな色合いは普段でも使えるでしょう。夜間ランナーのためにロゴ部分が反射材(リフレクター)もついてるそうです!ランナー必見!

【基本情報】

  • 品名:L.I.M Tech Tee
  • サイズ:S、M、L
  • 色:Signal Yellow、Storm Blue、Tarn Blue、 Magnetite
  • 重さ:約135g
  • 価格:¥4,900(税抜)

オールラウンドに使えるショーツ誕生!

フィット感UPでさらに着やすく

ウエスト周りにゴムを使用。これによりフィットネスウエアっぽくなりがちですが、デザインはしっかりとタウン使いできるようになっています。またポケットも充実。カバンを持ちたがらないメンズのみなさんにはとてもありがたい機能です。

密かなロゴも注目ポイント!

リムシリーズの新しいロゴがちらっとプリントされているところもおしゃれ。ハンガーループもスウェーデンカラーを採用。ホグロフスらしさ100%なパンツです。

【基本情報】

  • 品名:L.I.M Series Fuse Shorts
  • サイズ:S、M、L
  • 色:Stone Grey,、Magnetite
  • 重さ:約160g
  • 価格:¥8,900(税抜)

夏は外は暑くても、中はエアコンが効きすぎてて寒いなんてこともある季節。今回紹介したアイテムをそろえておけば、そういった悩みも解消されるかもしれません。オンラインでも販売していますので、ぜひサイトをチェックしてみてください。Haglöfs 公式WEBサイト https://haglofs.jp/

軽くて気持ちいい、リムシリーズを着て夏を乗り切ろう!

夏は外は暑くても、中はエアコンが効きすぎてて寒いなんてこともある季節。今回紹介したアイテムをそろえておけば、そういった悩みも解消されるかもしれません。オンラインでも販売していますので、ぜひサイトをチェックしてみてください。

この記事をかいた人

現役アラサープロスノーボーダー。好きな言葉は「速さこそ正義」