スキーは4割以上!スノボは上手い人ほど愛用してる!ヘルメットの正しい選び方を徹底指南

このところ、ゲレンデでヘルメッットをかぶっているスキーヤー、スノーボーダーの姿を多く見かけるようになりました。そして、ヘルメットをかぶっている人に限って、やっぱり滑りも華麗。ファッション的にもプロフェッショナルな感じがします。そんなスキーヤー、スノーボーダーになりたい!というわけで、意外と奥の深いヘルメット選びのコツを聞いてきました。

近年増えつつあるヘルメット!上手い人ほどかぶってる!

現在、日本ではスキーヤーの約4割以上が着用しているなど、ヘルメット率が年々高まっています。考えてみればスポーツ競技としてのスキー、スノボではヘルメットをかぶるのが当たり前。ゲレンデでも上手い人ほどヘルメット着用率が高いようですが、海外ではごく自然な光景。それくらい海外ではヘルメットがメジャーになっているそうです。その点では日本は少し遅れているのかもしれません。気になるヘルメットについて聞いてみましょう!

実際どんなものを選べばいいのかわからない…。

ヘルメット着用のメリットは何といっても安全性の確保に尽きます。ただ、実際にどうやってヘルメットを選べばいいのかわかりづらいもの。ならば、豊富な知識を持ったスタッフがたくさんいるウインタースポーツのお店へ行ってみましょう!

というわけで今回訪れたのが「スーパースポーツゼビオ ビバモールさいたま新都心店」です。ここは東京近郊で圧倒的な品ぞろえを誇るお店で、ウインタースポーツコーナーをのぞいてみると、ヘルメットだけでも膨大な取り扱い数がありました。

ヘルメットについて教えてくれたのはこの方!

今回、お話をうかがったのは同店でマネージャーを務める矢澤豊さん。スキー&スノボ歴30年以上の頼れる大ベテランです。スノーボードやスキー板だけでなく、小物についてもやっぱり詳しい!色々ポイントを教えてもらいましょう!

どんなポイントを抑えてヘルメットを選べばいい?

━━━ さて、辺りを見渡すとたくさんのヘルメットがありますが、どれも同じように見えてどう選んだらいいんでしょうか?

矢澤:価格はピンキリですが、基本的に値段の高いものほど耐久性が高く、スピードを出すレースや上級者向け。ビギナーの方は手軽な価格帯のヘルメットから慣れていって、スキー、スノボを安全に楽しんでいただきたいですね。

また、家族でスキー場を訪れる場合はお子さんにはヘルメットが必須。ゲレンデでの転倒はもちろんですが、もっとも警戒すべきは他のスキーヤー、スノーボーダーとぶつかってしまった場合です。後頭部を保護してくれるヘルメットを着用しておけば、不測の事態に陥ってしまった際のリスクを減らせます。

おすすめはトランスの「お買い得セット」!

矢澤さんがヘルメット初心者向けに薦めてくれたのが、トランスのヘルメットとゴーグルがセットになったこちらの「お買い得セット」。さらに、快適に装着するためのちょっとしたコツもあるようです。

ヘルメットの特徴①つけ心地のよさ

矢澤:ヘルメットで最も大切なのがフィット感。一般的に頭部先端がやや尖りめの海外の人に比べ、日本人は頭部先端がややフラットで、日本人と海外の人では頭の形が異なります。トランスのヘルメットは日本人の頭の形状に合った形で作られているのがポイントです。さらに、後頭部に付いているつまみでヘルメットの前後差など微妙なサイズ調整もスピーディにできます。

ポイント②ゴーグルとの相性

矢澤:お買い得セットには同じくトランスのゴーグルが同梱されていますが、ヘルメットとゴーグルは同じブランドでそろえるのが基本。合わせて装着することを考えて設計しているからです。ヘルメットとゴーグルのそれぞれのカーブ形状がピタリと合い、スキマなく快適に装着できます。

ポイント③フィッティングの仕方

矢澤:ヘルメット&ゴーグル選びでは、実際に装着してみて頭に不快な当たりがないかどうかフィッテイングすることが重要。頭の小さい人はキッズサイズを選んだ方がいいケースもあるので試着は必須です。ゴーグルはバンドをハチマキのように平行に装着すると動いているうちにズリ落ちやスキマができるので、バンドの後ろ側を少し上気味にして着用するのがポイントです。

お買い得セット「トランス」のゴーグルの特徴は?

矢澤:セットに付いてくるモノだから大した性能はないと思うなかれ!ゼビオ厳選の“直行セット”はコストをリーズナブルに抑えつつも、しっかりとした性能を持った、本当のお買い得セットです。

ポイント①:ジャパンフィット
ゴーグル内側のスポンジは日本人の鼻の形状に合わせたジャパンフィットを採用。

ポイント②:フラットで、ヘルメットに合わせやすい
ゴーグル部の形状がフラットなので、さまざまな形のヘルメットに合わせやすい。

ポイント③:ベンチレーション
ゴーグルの上部のプラスティック面は、内側の蒸れを解消するベンチレーションを装備。細やかな気遣いがうれしいですね!

ポイント④:雪上の凹凸の見やすさ
最も大切なレンズは日陰でも雪面の凹凸が見やすいハイコントラスト仕様のオールラウンダー。

フィッティングと試着がとっても重要だった!

今回、「スーパースポーツゼビオ ビバモールさいたま新都心店」を訪れて、自分の頭に合ったヘルメット選びの大切さがわかりました。ヘルメットとゴーグルの相性もポイントですね!すでにどちらか一方を持っている場合は、お店にそれを持って行って、新しく購入するヘルメット、ゴーグルと一緒にフィッティングしてみるのが吉です。

スーパースポーツゼビオのウィンターサイト

「Let’s Go Outdoor」:公式はこちら!

ウィンターアイテムのことならゼビオ店舗へ

今回訪れたお店はこちら:スーパースポーツゼビオ ビバモールさいたま新都心店