スノーボーダーに聞いたゴーグルの不満調査!買って後悔しない、満足いくゴーグルとは?

ゴーグルは、ゲレンデで視界を確保してくれる重要なアイテム。しかしじっくり選んで買っても、使って初めて感じる不満点は多いのではないでしょうか。機能による違いもわかりづらいゴーグルは、なおさらそういったトラブルも多いもの。今回はそんな悩みを解決するべく、スノーボーダーへの聞き取り調査を元に、ゼビオ店員さんにおすすめアイテムを聞いてみました!

聞き込み調査の不満点をまとめてみた!

今回は社内をはじめ、友人・知人など、身の回りの様々なスノーボーダーさん30人に、「ゴーグルに関する不満点」を聞き取り、実際にどんな不満を抱えているのかを調査してみました!

出典:PIXTA

不満ポイント①:レンズが曇る

中でも最も多かった不満ポイントは、レンズが曇ってしまうこと。視界を確保するためのアイテムが曇ってしまっては元も子もありません。高いものを買っても曇ってしまうケースもあるようで、これは初心者上級者問わず悩ませてしまうポイントです。

不満ポイント②:フィッティングが合わない

次に不満が多かったのは、フィッティングに関して。鼻の高さや骨格に合わず痛いと感じたり、隙間があるせいで呼気が入ってしまうという悩みがありました。着用時常に顔まわりにストレスを感じさせてしまうのは、滑走にも影響してしまいそうです。

不満ポイント③:シンプルに見えづらい

また、視認性が悪くなるという声も多くありました。ゴーグルをつけると裸眼よりも視界が狭まり、窮屈、不安に感じる方も多いようです。またゴーグル独特のレンズ色が合わず、色彩的にも見にくいという声もありました。

グラフで表すとこのような結果になりました。今回挙がった不満点には様々な声がありましたが、特に多かったのはやはり、レンズに関する悩み。「見えやすい」ことがゴーグルの使命であるが故に、曇りや視界の見えづらさは誰もが感じる不満点でした。

その他にも着用感が合わないことや、手入れの面倒さ、またスタイリイングが崩れてしまうなど、視界に直接関わらない不満まで挙げられました。

不満に応えてくれるゴーグルとは?

このような不満を解決してくれるゴーグルを見つけるべく、専門家に聞いてみよう!ということで、幅広い品ぞろえと、博識なスタッフさんのいるスーパースポーツゼビオ ビバモールさいたま新都心店に突撃。スタッフさんに、これらの不満に応えてくれるような、おすすめのゴーグルを聞いてみました!

店員さんに聞いた!お客様からよくある不満

今回お話を伺ったのは小椋真太郎さん
アンケートに加えて小椋さんにも、お店でお客様からよく聞くゴーグルの不満ポイントを聞いてみました。小椋さん曰く、「よくお客様から挙がるのが眼鏡やヘルメットなど、他のアイテムとの併用しにくいこと」。メガネ対応のゴーグルだと選べる選択肢が狭かったり、ヘルメットを買ったら使っていたゴーグルが着けられなくなった、ということもよくあるそうです。

小椋さんお勧めアイテムはコレ!

今回取り上げられた不満を解決すべく、小椋さんがおすすめしてくれたゴーグルは「GIRO(ジロ)」の「Method(メソッド)」。GIROは最先端のレンズテクノロジーを駆使したゴーグルが人気のブランドで、ブランドのルーツであるヘルメットとの組み合わせも抜群なのが特徴。その中でもMethodは、デザインにも力を注いだ新作。GIROの良さをしっかり感じられる一品です!

曇りを付かせない・残さない

ゴーグルの曇りを解決してくれるのが、ゴーグル上部に施されている「EVAKベントテクノロジー」。この部分はスポンジのみのゴーグルも多いのですが、Methodは雨や雪をしっかり防ぎつつ、ゴーグル内の湿気を外に排出してくれる丈夫な構造になっています。またレンズも「アンチフォグコーティング」により、細かい水滴の付着を防ぎ、曇りをしっかり防止してくれます。

日本人に合う、優しいフィッティング

フィッティングの悩みに答えるのが、「トリプルフェイスフォーム」。顔との設置面が三層構造であることで、優しい肌触りと自然なフィット感を提供します。またゴーグルそのものの作りがアジアンフィット構造になっているので、日本人の顔にフィットしやすい形状。海外製によくある、鼻に隙間が空いてしまうといった問題も解消してくれます!

見やすさを追求した広さと色彩

出典:GIRO

独自のレンズテクノロジーで、視認性を追求しているのがGIROの一番の特徴。光学分野のリーディングカンパニー「ZEISS(ツァイス)社」と協同開発をした「VIVIDレンズテクノロジー」により、雪の青色を取り込み、色彩のコントラストを高めてクリアな視界が得られます。

また独自の平面レンズの成形方法によって、歪みの少なさと傷へのタフさも実現されており、見やすさと丈夫さに優れたレンズに仕上がっています。さらに嬉しいことに、Methodには晴天・曇天用、それぞれに対応したVIVIDレンズが2枚付きます。

出典:GIRO

そして、視野の広さもGIROゴーグルの特徴。「EXVテクノロジー」と呼ばれる、最大限の視野を確保するフレームの形状によって、他のゴーグルよりも幅広い視野を確保しています。スタッフさんも、実際に試着したお客様からも“広い!”という感想を多く頂いているんです。

他のアクセサリーとの相性もバッチリ

出典:GIRO

ワイドなゴーグルの作りは視野が広いだけでなく、メガネの併用にも対応しています!またブランドの主力製品であるヘルメットとの相性もピカイチ。頭部に着ける他のアイテムとの相性がいい点も、ありがちな不満を解決してくれるポイントです。

商品詳細

出典:GIRO

ブランド:GIRO(ジロ)
品名:METHOD(メソッド)
価格:22,000円(税抜)
カラー:BLACK WORDMARK / SILICONE TREES / MIDNIGHT ELEMENT / GREY WORDMARK / DUCK / RED PEAK / SILICONE BLACK / SILICONE VIVID / SILICONE CITRON / CARDIEL

GIROのゴーグルを試してみよう!

GIROゴーグルは独自の技術に支えられた機能によって、ありがちな不満ポイントにしっかり応えてくれる頼れるゴーグルです。今回取り上げた以外のモデルやカラーバリエーションがたくさんあります!気になった方は、ぜひGIROゴーグルを見てみてください!

GIROのアイテムが気になる!:公式はこちら

スーパースポーツゼビオのウインターサイト

「Let’s Go Outdoor」:公式はこちら!

ウィンターアイテムのことならゼビオ店舗へ

今回訪れたお店はこちら:スーパースポーツゼビオ ビバモールさいたま新都心