ハイテクアイウェアでお馴染み”オークリー”新作ゴーグルを紹介

ウィンタースポーツには欠かせないサングラスやゴーグルを取り扱う有名ブランド「オークリー」。今回はそんな「オークリー」がどんなブランドなのかや最新の商品を紹介していきます。この記事を読めば、今年はオークリーの商品を使ってゲレンデにいってみたくなりますよ。

”オークリー”とはどんなブランド?

出典:pixabay

まずは「オークリー」ってどんなブランドなのか?といった部分を勉強していきましょう。オークリーはウィンタースポーツだけでなく、通常のスポーツでも人気のブランドです。そんなオークリーの特徴を見てゆきましょう。

アスリート御用達アイウェアブランド

オークリーは1975年にアメリカで誕生。元々はモトクロスと呼ばれるバイク関係の用品ブランドとしてうぶ声をあげました。現在はウィンタースポーツ用品も取り扱っているオークリーですが、最初はモトクロス用のゴーグルを生産、アスリートから人気がでることによって知名度をあげていったのです。

そんなオークリーは何故アスリート御用達となっているのでしょうか?人気の秘密は「衝撃に強いこと」と「視界が良い」ことです。モトクロスは転倒やぶつかり合いなど激しいスポーツですので、衝撃に強いタイプでないとすぐに壊れてしまい使い物になりません。
オークリーのアイテムは耐久性や視界の良さが追及されており、世界中に愛用者がいるのです。

カリスマ起業家”ジム・ジャナード”

オークリーの創業者であるジム・ジャナードについて紹介します。ジム・ジャナードは「マッドサイエンティスト」の異名をとり、いつもラボにこもって商品研究を行っていたそうです。研究熱心な性格がみてとれます。そんなジム・ジャナードの研究成果があってこそオークリーは発展したといわれています。

洗練されたオークリーの技術

ジム・ジャナードの研究成果がでているオークリーの洗練された技術の一端をみていきましょう。
まず特筆すべきはオークリー商品の耐衝撃性ですが、なんと拳銃で撃っても壊れないのです。拳銃で撃たれれば大抵の物が壊れてしまいますので、その頑丈さは折り紙付きといっても過言ではありません。

またオークリーが特許をとっている「プルトナイト」とよばれるUVカットに関係する技術も素晴らしいです。
普通のUVカット製品はUVカットをコーディングするのですが、オークリー製品にはUVカットを行う素材をあらかじめ埋め込むことでUVカットの耐用年数向上が実現しました。

ウィンタースポーツでもスキー、スノーボードは決していつも良い環境でプレーできるとはかぎりませんので、この性能の高さは素晴らしいの一言です。

2019-2020最新オークリーゴーグルを紹介

出典:pixabay

オークリーのブランドに関する部分を解説してきましたので、今度はオークリーの商品にどのようなものがあるのかみていきましょう。今回紹介するのは2019-2020モデルとなっていますので、気に入ったものがあったら今年のウィンタースポーツで使ってみてはいかがでしょうか。

球面モデル”FALL LINE XL”

オークリーの代名詞である「耐衝撃性」が更に進化した商品。安全性にこだわっておりANSIの基準にも通過しています。
気象条件によってレンズの交換も可能となっていますので自身がプレイするウィンタースポーツの環境によってはカスタマイズして使用しましょう。
また女性におすすめの商品となっているのがFALL LINE XMです。ユニセックスタイプとなっていますので、男性用の耐衝撃性の性能をそのまま使用できます。

“大型平面レンズ”LINE MINER”

衝撃性と大型平面レンズが特徴となっているのがLINE MINERです。大型のレンズであれば、視野が広くウィンタースポーツにも適しているので初心者にもおすすめ。

新型レンズ”PRIZM PERSSIMON”

最後に紹介するのがPRIZM PERSSIMONです。PRIZM PERSSIMONは新型のレンズであるプライムレンズが入っているところです。視界がさらにクリアとなってきますので、景色を楽しむにも最適なアイテムです。

まとめ

出典:pixabay

今回はオークリーのブランド説明やオークリーの最新商品について紹介してきました。オークリーの耐衝撃性やレンズに対するこだわりがみてとれたのではないでしょうか。気に入った商品があったら今年はオークリー商品を使ってウィンタースポーツをしてみましょう。