【ダブルキャンバー】ボードや種類・滑り方を解説・カービングも!

ダブルキャンバーって皆さんはご存じでしょうか?

ウィンタースポーツをする中でダブルキャンバーの滑り方をマスターしていれば他の人と差をつけることもできます。今回はダブルキャンバーって何?といった初歩的な部分から、ダブルキャンバーボードの紹介や、ダブルキャンバーの滑り方を紹介していきます。

ダブル キャンバーってそもそも何?

出典:pixabay

そもそもダブル キャンバーとは一体なんなのでしょうか?ウィンタースポーツを毎年行く人もダブルキャンバーについて知らない人が多いというほど、知名度は高くありません。そこで、ダブル キャンバーについてまずは詳しく解説していきます。ダブルキャンパーについて詳しく知らないという方はぜひチェックしてくださいね。

キャンバーが二つ

ダブル キャンバーとはキャンバーと呼ばれる反りが二つあるボードのことをいいます。通常のキャンバーが一つのボードは反りがWのような形となっていますが、ダブル キャンバーボードではWの反りにもう一つ反りが追加されて、VVVといった形になっています。

そのため、エッジ部分が雪にかんでいる部分が大きくなりますので通常の滑る感覚とはまた違った味わいを楽しむことができます。

通常のボードよりも雪に面接している部分が広いので、安定したボードさばきをすることができるのがダブルキャンバーの特徴です。

クイックターンがロッカーより簡単

ロッカーでは簡単にできなかったクイックターンも簡単にできるようになるのがダブルキャンバーの特徴です。普通のボードよりも浮力が強いのがダブルキャンバーとなっていますので、難しい細かなターンもお手のものです。

パウダーも滑れる

パウダースノーを滑るときは圧雪したところとちがって滑りにくいといった方もいるのではないでしょうか。しかしダブルキャンバーでは浮力が大きいことととエッジが通常のボードよりも多くついていることから、パウダースノーもなんなくすべることができます。

キャンバーボードの種類を解説

出典:pixabay

ダブルキャンバーの初歩的な解説がすんだところで、次はダブルキャンバーのボードの種類について解説していきます。複数種類があるのですが、今回は「ロッカーボード」と「ダブルキャンバーボード」に絞って解説していきます。

ロッカーボード

ロッカーボードはボード上下が大きくUの字に曲がっている板のことをいいます。しならせながらボードを上手く使いこなす必要があるのがスノーボードですが、最初から浮いていることによってターンやジャンプといった行為を簡単に行えるようにしたボードです。

特にジャンプではしなりがものを言いますので、ジャンプをスノボで行いたい人にとっては重宝する一品です。しかしアイスバーンの斜面ではこの浮いた板があだになり思うように滑るのが困難になります。ですのでゲレンデの状態によってはロッカーボードは適さないことがあることを理解しておきましょう。

ダブル キャンバーボード

ダブル キャンバーボードはカービングの際に引っかからないというデメリットをもうひとつのエッジを加えることで安定感を増加させたボードです。
特にパウダースノーの上では無類の強さを発揮しますので、いつもは新雪地域には手が出ないといった方もダブル キャンバーボードを使用すれば滑りにいけることでしょう。

ダブルキャンバーの滑り方を解説

出典:pixabay

ダブルキャンバーやロッカーボードの特徴を理解したところで今度はダブル キャンバーボードにおける滑り方をマスターしていきましょう。普通の滑り方と若干違う部分がありますのでしっかりマスターしておきましょう。

キッカーやストリッピング

キッカーやストリッピングで飛ぶ場合はボードが通常とは逆に反っていることを考えて飛ばないといけません。キッカーの場合はそこまで意識しなくても下半身を下げれば飛ぶことが可能です。

またストリッピングの場合は板の中心部位を軸にして回転することに意識を向けましょう。

ダブルキャンバーでカービング

ダブルキャンバーでカービングする場合は通常のボードよりも大きく曲がるという特徴をもっていますので、実際に滑る時は意識してコントロールしなければいけません。

あまり力を入れて曲がってしまうと危険なので様子をみながらダブルキャンバーを使いこなす必要があります。

まとめ

出典:pixabay

今回はダブルキャンバーの初歩的な部分からダブルキャンバーボードの解説、ターンの仕方を解説してきました。

ダブルキャンバーボードを用いれば通常は上級者しかいけないような新雪コースでも楽しめるようになります。もっと上級者コースを滑りたいけど実力がちょっと心配…といった方はダブルキャンバーボードを使うことで挑戦してみてはいかがでしょうか。