パラレル ターンはスキー上級者の証 やり方やコツを解説

スキー上級者の証といっても過言ではないのが「パラレルターン」です。いわゆる「ハの字」プルークボーゲンを卒業してパラレルターンへ進歩するにはどうしたらいのでしょうか?


今回はパラレルターンってそもそも何?といった初歩から、パラレルターンのやり方、コツを紹介していきます。

パラレルターンって何?

出典:pixabay

パラレルターンが滑れれば上級者といわれるほどスキー場でパラレルターンができればかっこよくみえるものです。しかし、完全に足をそろえてパラレルターンをできる人は少なく、ハの字よりとなってしまう方がほとんどです。


ここではそもそもパラレルターンとは何か?また他の滑り方とは何が違うのかを解説していきます。

ボーゲンの次に目指すのがパラレルターン

パラレルターンはボーゲン(ハの字やプルークボーゲン)を卒業した後に滑れるようになる滑り方といわれています。人によっては最初からパラレルターンを習得する人もいますが、パラレルターンはスピードが勢いよくつくため恐怖心を克服していないとなかなかとまれません。


従って初心者にはパラレルターンよりも簡単にスピードを緩めることができるプルークボーゲンを先に教えるのです。

爽快感あふれる滑り方

パラレルターンの良い部分は爽快感あふれる滑り方だということです。プルークボーゲンの場合は完全にとまる状態までスピードが落ちてしまうため、安全に滑れる半面、爽快感が低い場合があります。


しかしパラレルターンの場合はスピードを殺さずに爽快感あふれる滑りを体感することができますので、少し滑り慣れてきたころでもうちょっとスピードを出したいと思った方にはおすすめです。

足を揃えたまま滑る?初心者には難しいかも

パラレルターンは足を揃えて滑るだけというと簡単に滑れるのではないか?と思われがちですが、実際にやってみると難しいものです。そもそも雪によるでこぼこ斜面上で足を常し揃えたままでいるということ自体が難しく、初心者の方は意図しなくてもプルークボーゲンの形になってしまいがち。

またプルークボーゲンで慣れてしまっている方はスピードがつくと恐怖心からスピードを止めたくなってしまうので、パラレルターンを維持するのが難しくなってしまう可能性があるので、スピードを緩める時もパラレルターンで行うことを頭にいれておきましょう。

パラレルターンは何ができる?

出典:pixabay

そもそもパラレルターンとは何か?といった初歩を解説してきましたが、実際にパラレルターンでは何ができるのでしょうか?パラレルターンではどのような滑り方ができるのかみていきましょう。

エッジを効かしたS字ターン

パラレルターンではエッジを効かしたS字ターンを行なうことができます。オリンピック等で選手が斜面を颯爽と滑っているのを見たことがある方もいるのではないでしょうか。

パラレルターンではターンをする際にエッジを立てることから、細かくなおかつ素早くターンすることができます。またエッジを立てますので、プルークボーゲンのように大きく減速することなく、斜面を滑走することが可能です。

細かく切り返して斜面を滑れる

パラレルターンでは細かく切り返すことで斜面を下っていきます。つまりプルークボーゲンのように一回で止まるという意識ではなく、こまめに減速しながら滑っていくといったイメージになります。

プルークボーゲンではスピードが落ちない分、スピードに負けないように体重移動しながら斜面を滑走する体幹の力も必要になってきます。

パラレルターンのコツを紹介

出典:pixabay

パラレルターンについて大体理解したところでいよいよパラレルターンの滑り方をマスターしていきましょう。パラレルターンはただ単に足を揃えて滑るのではなく、重心移動や目線もしっかりコントロールすることが重要です。

重心移動に着目

一番最初に大事になってくるのが「重心移動」です。パラレルターンの場合はプルークボーゲンのようにエッジをたててとまるのではなく、滑っている足の片方の重心をずらすことでターンを行います。


左にターンしたい場合は左足の重心を外側へ、右にターンしたい場合は右足の重心を外側へ意識することが重要となってきます。初心者だと足をなんとか動かしてパラレルターンを行おうとするのですが、大事になってくるのは重心移動となってくるので、重心移動を第一に考えましょう。

目線も注意

パラレルターンは目線も重要になってきます。車を運転したことがある人は分かるかもしれませんが、人は目線の方向へ動いていく習性をもっています。ですので自分がターンしたい方向へしっかり目線を移動しながらパラレルターンをおこないましょう。

まとめ

出典:pixabay

今回はパラレルターンってそもそも何?といった初歩から、パラレルターンのやり方、コツを紹介してきました。初心者にはなかなか難しいターンですが、しっかりマスターすれば上級者に仲間入りができますので、練習してみてはいかがでしょうか。