プルークボーゲンはスキーの基礎。滑れるようになるためのコツを紹介

スキーを楽しむ上で最低限身につけないといけないのが「プルークボーゲン」です。プルークボーゲンができなければ、斜面で止まれなくなってしまうので、スキーを楽しみたいのであれば、基礎としてしっかり身につけなければいけません。

今回は、そんなスキーの基礎である「プルークボーゲン」について紹介していきます。

プルークボーゲン上達のポイントを紹介

出典:pixabay

スキーの基本となるプルークボーゲンはどのように滑ったらよいのでしょうか。プルークボーゲンは多くの人が「ハの字」やボーゲンと呼ばれる滑り方となっていますが正しいプルークボーゲンで滑っている方は少ないです。

何故なら、スキー板をハの字にしてしまえばプルークボーゲンっぽいことは可能だからです。しかしそれでは基礎は身に付きませんので、きちんとした方法を学んでいきましょう。

基本的なフォームを身に付けよう

まずは基本姿勢を意識するところから始まります。プルークボーゲンの基本姿勢は膝と足首をまげてハの字を作ることです。ただ単純にスキー板でハの字をつくるのではなく姿勢をしっかり作ることが重要です。またこの姿勢の時に少し前かがみになっていると良いです。

視線の高さを意識しよう

プルークボーゲンの視線の高さも一定に保つ必要があります。視線の高さは足元をみるのではなく、常に前を見ておきましょう。

プルークボーゲンをしている時に足元ばかりみてしまうと重心が安定せず、きれいな形を保つことができません。重心は後ろに置きつつ、足の力は前に、目線は進む方向に向けることが必要です。

外脚を意識して重さ伝える

これまでプルークボーゲンのイメージや、やり方を解説してきましたが、意識の仕方としては「外脚に寄りかかるようなイメージ」で滑りましょう。外脚に寄りかかるイメージでプルークボーゲンを行いながらターンを行えばすんなりターンができることでしょう。

プルークボーゲンを練習した方がいい理由

出典:pixabay

プルークボーゲンの基本を解説してきましたが、実際に行う方法をきくと少し面倒くさいと感じたのではないでしょうか。確かにスキーを楽しむには必要とはいえ、練習をしなければいけないとなると億劫になってしまいます。

しかしプルークボーゲンを習得するメリットを理解すればその考え方も変わることでしょう。

スキーの基本が身に付く

プルークボーゲンは全てのスキーの基礎となっていますので、プルークボーゲンを習得することで他のターンも習得しやすくなります。またスキーの滑り方の基礎はもちろん、斜面への恐怖心といった部分を取り除くことができますので、必要となってくるのです。

しかし後述しますが、中上級者になった場合はプルークボーゲンの再練習は必要ありません。

外向傾の練習に最適

後々にターンをスムーズに行うには外向傾を習得しなければいけません。外向傾はターン姿勢のことですが、プルークボーゲンではなく、パラレルターン等を行う場合に外向傾ができていないとうまくターンができません。

したがってプルークボーゲンをマスターする必要があるのです。

レベルごとにプルークボーゲンを解説

出典:pixabay

プルークボーゲンの必要性を理解したところで、スキー初級者~上級者までどの程度プルークボーゲンを練習しなければいけないのかを解説していきます。プルークボーゲンは確かにスキーの基礎となるのですが、その弊害についても紹介していきます。

初心者はどこまで練習が必要?

まず初心者はしっかり斜面で止まれるようになる必要があります。斜面でしっかり止まることができなければ、スキーをやる上で他の人にぶつかったり、立ち入り禁止地域につっこんでしまったりと非常に危険です。

ですのでまずは正しいプルークボーゲンをマスターする必要があります。

中級者や上級者は練習するべき?

先ほど初心者はプルークボーゲンをマスターしなければいけないとしましたが、中級者や上級者に関しては少し状況が異なってきます。なぜなら中級者や上級者はパラレルターンを主に使って滑るので、逆にプルークボーゲンを練習するとパラレルターンをする上でハの字になってしまう可能性があります。

中級者や上級者はパラレルターンを優先して練習するようにしましょう。

まとめ

出典:pixabay

今回はプルークボーゲンの基礎や滑り方、注意点を解説してきました。プルークボーゲンは初心者が必ず通らなければいけない技術となっていますが、あまり固執しすぎるとパラレルターンへの移行がしにくくなることが分かったのではないでしょうか。

しかしプルークボーゲンは全てのスキーの基礎です。まずは基礎を理解することで応用へ進んでいきましょう。