一度は行ってみたい、魅力たっぷりのおすすめのスキー場7選を紹介!

国内にはたくさんののスキー場がありますが、まだまだ皆さんが知らないスキー場も多いと思います。今回は3月と年末年始にスポットを当てて、家族や仲間内で楽しめるスキー場の数々を紹介します。

スキー場の決め方は?ポイントを7つ紹介

出典:Pixabay

スキーに行く前に、まずはスキー場選びをしっかりと行わなければなりません。これからスキー場を選ぶ際に確かめてほしいポイントを7つ紹介します。

1.面積

スキー場の面積とはいわゆるゲレンデの広さです。グランデの広さによって、どれぐらい滑れるかが変わってきます。例えば、広いグランデならば長い距離をのびのびと滑れますが、狭いとのびのびと滑れません。

2.リフトやゴンドラの数

リフトやゴンドラの数が多ければ多いほど、たとえスキー場が混んでいたとしても自分の番がすぐに回ってきます。リフトやゴンドラの数はスキー場のホームページで確かめられるので、ぜひ調べてみてください。

3.ゲレンデレベルの割合

ゲレンデレベルの割合とは、初級や中級、上級などコースの割合のことです。多くのスキー場ではレベルごとにゲレンデが別れています。初めてスキーをする人、初心者などの場合、スキー場に初級者用ゲレンデの割合が少ないとつまらない思いをすることにもなるので、先にチェックしておきましょう。

4.コースの最長距離

最長距離とは連続滑走できる距離のことです。中級者や上級者の場合、できるだけ長い距離を滑り続けたい人も多いと思います。そのため、行き先のスキー場の最長距離をまずは確かめてみましょう。

5.コースの数

コースの数はスキー場の面積がどれぐらい広いかによっても決まります。必ずとは限りませんがスキー場の面積が広いほど、コースの数も多いのが一般的です。逆にスキー場の面積が狭いほどコースの数は少ないです。コース数が多い方が良い、という方はぜひチェックしてみましょう。

6.最大&最低標高

最大標高と最低標高も確かめてみましょう。標高の高さによって雪の質が変わるので、とても大事なポイントです。一般的には標高が高いほど雪の質が良いといわれています。シーズンによっても滑れる標高が変わるので、きちんと確かめてみてください。

7.標高の差

標高の差もできれば確かめる方が良いです。標高の差によってもゲレンデの種類が変わるので、上級者や中級者で、色々なゲレンデで滑りたい人はぜひチェックしてみましょう。

3月に行くと楽しいスキー場4選を紹介

出典:Pixabay

まずは、3月に行くと楽しいスキー場を4つ紹介します。3月は寒さも少し緩む時期なので、冬が苦手な人でも滑りやすい気候です。また、3月は卒業シーズンでもあるので、卒業旅行として思い出を作るのも良いでしょう。数あるスキー場の中でも特に厳選して紹介するので、ぜひ参考にしてください。

夕日がとても綺麗で感動する竜王スキーパーク

「竜王スキーパーク」は、3月でも驚くほど雪が積もっていて目一杯滑れます。上信越道・信州中野ICから16kmと車でのアクセスも良いので、家族や友達などと行くのにもおすすめです。ロープウェイからは綺麗な雲海が見えることもあります。

公式サイト:竜王スキーパーク

極上パウダースノー!グランデコスノーリゾート

日帰りバスや送迎バスがあってアクセスも抜群な「グランデコスノーリゾート」。標高が高いスキー場ですが、山頂までしっかりゴンドラが通っているので気楽にスキーを楽しめます。雪の質が良くて滑りやすく施設も使いやすいので、みんなで楽しむのにぴったりです。

公式サイト:グランデコスノーリゾート

家族みんなで楽しめる苗場・かぐらスキー場

「苗場・かぐらスキー場」は新潟で人気のスキー場です。標高がとても高く、一番高いところは1,845mもあります。このスキー場は11月から5月まで営業しているため、冬の寒さが落ち着いた頃に楽しみたい方にぴったりです。

公式サイト:苗場・かぐらスキー場

都内から3時間の菅原高原スノーリゾート

長野県上田市にある「菅平高原スノーリゾート」は、サラサラとしたパウダースノーが特徴的。首都圏からのアクセスも良く3時間くらいで行けるので、家族で行くのもおすすめです。ゲレンデ全体はとても広くて、のびのびと滑れます。

公式サイト:菅原高原スノーリゾート

年末年始を過ごすならこのスキー場が良い!

出典:Pixabay

次は年末年始に行くと楽しいスキー場を3つ紹介します。年末年始は家族全員で旅行するのにも良いチャンスですよね。今回はスキーだけでなく、温泉などほかのアクティビティも楽しめるスキー場も紹介するので、ぜひ参考にしてください。

初心者もゆっくり滑れる赤倉温泉スキー場

上信越道・妙高高原ICから約8分ほどで到着する「赤倉温泉スキー場」は、アクセスがとても良くておすすめです。 コース数は17個あり、初心者向けや上級者向けなど充実しています。キッズゲレンデもあるので子供連れの家族でも楽しめます。

公式サイト:赤倉温泉スキー場

3種類のゲレンデが楽しい戸狩温泉スキー場

「戸狩温泉スキー場」は年末年始でも予約が取りやすいことで人気です。2つのゲレンデが最上部のゲレンデと結びつくといった特徴あるゲレンデを有しており、近くには温泉もあるので、スキーの後には冷えた体をゆったりと温泉に浸かって癒すことができます。コンビニが近いなどの便利さを兼ね備えているところもおすすめです。

公式サイト:戸狩温泉スキー場

自然が美しいHAKUBA VALLEY鹿島槍

広々したゲレンデが特徴の「HAKUBA VALLEY 鹿島槍スキー場」。子供が楽しめるキッズスペースが充実しており、家族でのスキーにぴったりです。周りには綺麗な山々が広がり、壮大な自然も楽しめます。

公式サイトは:HAKUBA VALLEY鹿島槍

まとめ

出典:Pixabay

スキーは家族とでも、また友達とでも楽しめるスポーツです。年末年始などの休みを利用してスキー旅行を計画する人、少し暖かくなってからスキーに行きたいと思う人も多いことでしょう。ぜひ今回紹介したスキー場を参考にしてみてください。