スノーヴァ新横浜!横浜唯一の室内ゲレンデの魅力を徹底解説!

横浜唯一の室内ゲレンデが「スノーヴァ新横浜」です。1年中、スノーボードやスキーを楽しむことができ、キッカーやジブなどのアイテムが豊富なスノーゲレンデになります。今回は、室内ゲレンデスノーヴァ新横浜に関して施設情報や人気の理由をご紹介して行きましょう。

室内ゲレンデスノーヴァ新横浜の施設情報

横浜にあるただひとつの室内ゲレンデ「スノーヴァ新横浜」を楽しむための、施設情報についてご紹介します。

クーポンを使用してお得に滑れる

基本の滑走料金ではなく、WEB割引券を使用すればお得に滑ることができます。スノーヴァ新横浜が公式HPでクーポン券を発行しているので、訪れる前に確認しておきましょう。
【滑走料金】
・基本滑走料金(120分)
平日:大人3000円/子供2500円
土日祝:大人3500円/子供3000円
・ロング滑走(240分/割引券不可)
平日:大人3700円/子供3000円
土日祝:大人4200円/子供3700円
【基本情報】
住所:神奈川県横浜市鶴見区梶山1丁目2-43
TEL:045-570-4141
営業時間
平日11:00~22:00
土日祝9:30~21:00

ライブカメラでゲレンデ状況を確認

ゲレンデの状況を公式HPからライブカメラで確認可能です。土日や祝日などは混雑する場合も多いので、ライブカメラを通して出発前にゲレンデの状況を確認できます。そのため、混雑を避けることができるメリットがあります。

スキーやスノーボードのレンタルもできる

スノーヴァ新横浜では、スキーやスノーボードのレンタルができ、手ぶらで気軽に訪れることが可能です。ボードや板だけでなく、ウェアやストック、プロテクターなども借りることができるので、安心してゲレンデを楽しむことができるでしょう。

【レンタル料金】
・オールセット:大人3000円/子供2000円
・ボードセット:2000円
・スキーセット:2000円

スノーヴァ新横浜が人気を集める理由とは

初心者から上級者まで、レベルを問わず多くの方が利用するスノーヴァ新横浜。ここでは、スノーヴァ新横浜が人気を集める理由についてご紹介していきます。

シーズン中は初心者も安心の平ゲレンデ

ウィンターシーズン中は、原則毎日ジブ設置なしの平ゲレンデなので初心者も安心して滑走できます。雨が降ることも風が吹くこともないゲレンデなので、自分のペースで練習が可能です。平ゲレンデの斜度は10度と緩い斜面なので安心して滑ることができるでしょう。

グラトリしやすいキッカーやメイク台

平ゲレンデの横には、中・上級者にオススメなキッカーやメイク台が複数設置されています。大型のものから小型のワンメイク台があるので、技を磨くには最適な環境。初心者でも滑りやすいミニキッカーも設置しているので、屋外ゲレンデへ行く前の練習場として使用してはいかがでしょう。

スノーヴァ新横浜へのアクセス方法

スノーヴァ新横浜はアクセス方法が良好なのも、人気を集めるポイントです。室内ゲレンデへ行くまでのアクセス方法と川崎にある室内ゲレンデについてご紹介します。

バス停「陸橋下」から徒歩0分の好立地

バス停「陸橋下」から徒歩0分でスノーヴァ新横浜へ行くことが可能です。施設の目の前にバス停があるので、気軽にアクセスできるのも魅力のひとつになります。
【アクセス方法】
・バス
バス停(陸橋下)下車から徒歩0分
・JR
JR新横浜駅下車ーバスターミナル8番乗り場104系統「鶴見駅西口」行き乗車ーバス停陸橋下下車

JR鶴見駅下車ー鶴見駅西口みずほ銀行前乗り場経由「新横浜」行きーバス停陸橋下下車
・車
港北ICー JR新横浜駅T字路左折ー三ッ池公園北門そば(20分)ースノーヴァ新横浜
汐入ICー末吉橋交差点左折(20分)ースノーヴァ新横浜

同じ室内ゲレンデ【スノーヴァ溝の口】

神奈川県川崎市に同じ系列の室内ゲレンデ「スノーヴァ溝の口」が展開されています。川崎の方が近い方であればこちらもオススメです。全長60m、斜度11〜14度の平ゲレンデやキッカーなど、初心者でも上級者でも楽しめる施設になっています。スノーヴァ新横浜にはない、ミニハーフパイプも設置されているのも魅力的なポイントです。

【施設情報】
住所:神奈川県川崎市高津区下作延5-28-1
TEL:044-844-1181
営業時間:平日12:00~23:00
土日祝9:00~21:00

【滑走料金】
スノーヴァ溝の口は会員制となっています。そのため初回来場時に1年間の登録料として¥1,100円が必要です。
・2時間
平日:大人2700円/子供2150円
土日祝:大人3250円/子供2700円
・4時間
平日:大人3800円/子供3000円
土日祝:大人4300円/子供3800円

まとめ

今回は、スノーヴァ新横浜について魅力や施設情報に関してご紹介してきました。室内ゲレンデとして人気を集めているスポットです。初心者から上級者問わず、滑走したりトリックを決めることができます。今回ご紹介した記事を参考に、スノーヴァ新横浜へ足を運んでみてはいかがでしょうか。

スノーヴァ新横浜の公式サイトはこちら「スノーヴァ新横浜