世界一過激なエクストリームスポーツの祭典”XGAMES”をわかりやすく解説!

様々な種類のエクストリームスポーツを集めて、夏と冬といった年に2回開催されるスポーツ競技大会「XGAME」。今回は、手に汗握る速さや高さ、危険度や華麗な動きなど、過激的な離れ業を競うエクストリームスポーツの祭典、XGAMEについて紹介します。

そもそもXGAMESってなに?

出典:Pixabay

XGAMES(エックスゲームス)とは、様々な種類のエクストリームスポーツを集めて、夏と冬といった年に2回開催されるスポーツ競技大会です。エクストリームスポーツとは、速さや高さ、危険度や華麗な動きなど、過激的な離れ業を競うアクション系のスポーツなので、観客も手に汗握るアクションシーンを満喫できます。XGAMESは、アメリカを中心に、世界でテレビ放送されるぐらいに人気の高い競技です。日本でもオリンピックと同じように、スポーツ界で注目のイベントとして知られています。

夏と冬の2回開催されるXGAMES

毎年、夏と冬の2回開催されるXGAMESで見れるエクストリームズのスポーツには、下記のようなものがあります。

【クライミング系】

  • フリーソロ
  • ロッククライミング
  • アイスクライミング
  • フォールクライミング
  • ボルダリング
  • ビルダリング

【空・落下系】

  • スカイダイビング
  • キャノピーパイロッティング
  • スカイサーフィン
  • ベースジャンピング
  • バンジージャンプ
  • クリフダイビング
  • パラグライダー
  • パラモーター

【海・川】

  • サーフィン
  • ウィンドサーフィン
  • フリーダイビング
  • ケーブダイビング
  • ウェイクボード
  • ニーボード
  • ウォータースキー
  • カイトボード
  • フライボード
  • ホワイトウォーター・ラフティング(激流下り)
  • ホワイトウォーター・カヤック(激流下り)

上記のような過激なスポーツがエクストリームスポーツと呼ばれますが、XGAMESでは他にもサバイバルゲームやエクストリーム囲碁といった、個性豊かな種類の競技が行われます。

競技の種類は、エクストリームスポーツの分類やスタイルによって多種に分かれていて、その中で選手たちは、金、銀、銅メダルを目指して争います。XGAMESの冬の大会では、国際スキー連盟主宰のスノーボード・ワールドカップやフリースタイルスキー・ワールドカップには出場しない強豪選手もいるぐらいに、ハイレベルなイベントです。

XGAMESは優勝賞金もすごい!

XGAMESでは優勝すると最低でも100万円、高い競技になると500万円もの高額な賞金をゲットできます。XGAMESで優勝経験を積むと、様々なメーカーのスポンサーが付きます。

CMや雑誌などに起用されるようになると、10代、20代でも億万長者を目指すことも夢ではありません。それぐらいレベルの高い競技イベントなので、世界中の人が注目するのもうなずけます。

スケートボード注目の日本人選手とは?

日本で活躍しているエックスゲームズの選手には、スケートボードの西村碧莉選手がいます。2年連続で優勝している、17歳の若手の期待のエースです。
西村碧莉選手は、2020年開催の東京オリンピックにおいてスケートボードで金メダル候補としてもエントリーしている、今世界が注目している選手の1人でもあります。

西村碧莉選手には、すでにムラサキスポーツやコカ・コーラ、NikeSB、DEATHWISHといった大手メーカーのスポンサーがついているため、17歳にして年収は軽く1,000万円は超えています。
西村碧莉選手も、これだけ多くのメジャーなスポンサーがバックについていれば、海外遠征費や日々のトレーニング費用に困ることもないでしょう。

XGAMES「bmx park」でも日本人活躍!

2019年8月3日に、アメリカミネソタ州、ミネアポリスでX GAMES Minneapolis 2019が開催されました。難易度の高いエックスゲームズのbmx parkでの初出場で、BMXスリースタイルパークとして、日本人初登場の中村輪夢選手が銀メダルを見事獲得という、素晴らしい功績を残しています。中村輪夢選手もまだ17歳という若手なので、今後の活躍に期待できそうです。

”XGAMES 2019”にて日本人メダル量産!

2019年のエックスゲームズでは、日本人にとって、数々のメダルを獲得した思い出の年でもあります。特に10代の期待の新人がたくさん活躍したので、1つずつ紹介していきます。

「SLS」3連勝のツワモノ・堀米雄斗選手

高校卒業後に、SLSプロ認定のライセンスを取得して、アメリカで活動している堀米雄斗選手は2020年のオリンピック出場候補として注目が集まっています。
2019年には、Street League Skateboarding(SLS)というスケートボードの世界最高峰の大会で、堀米雄斗選手が、アメリカの王者ナイジャ・ヒューストン選手を追い越し、3連勝しました。

”XGAMES”史上初!最年少メダリスト・開心那選手

彗星のごとく現れた、小学生の開心那選手。女子スケートボードのパーク部門では、開心那選手が見事銀メダルを獲得し、10歳11ヶ月というエックスゲームズ史上全種目における最年少メダリストに輝きました。開心那選手は現在小学生で、これから中学生、高校生と、今後大きな活躍が期待できるエースです。

「BMX」日本初出場にして初メダルを獲得した中村輪夢選手

自転車のBMXのパーク部門では、日本初出場の17歳の中村輪夢選手が堂々の2位にランクインして、銀メダルを獲得しています。中村輪夢選手は、「嵐にしやがれ」や「アスリートの魂」など、数々のテレビ番組にも出演している、人気の高い期待の新人選手で、これからの活躍が期待できます。

まとめ

出典:nensuria / ゲッティイメージズ

次回のエックスゲームズの冬の開催地は、アメリカ・コロラド州のアスペンです。アスペンの会場で、フリースタイルのスキーのジャンプやスノーボードなどの独創性の高い空中業が観れる為、是非この機会を見逃さずにテレビ中継をご覧下さい。