バックカントリーのやり方は?危険にも注意しながら自然を楽しもう

スキーやスノーボードである程度技術が向上すると、バックカントリーに興味をもつ人が多いのではないでしょうか?スキー場などでは味わえない大自然の解放感と、その日誰も滑ったことのない自分だけの雪道を進んでいくワクワク感に興奮はMAX!


バックカントリーを存分に楽しむためには、技術も必要ですが何より正しい知識が欠かせませんので、ここでバックカントリーの抑えておきたいポイントについて紹介します。

バックカントリーって何?やり方や特徴を解説

出典:pixabay

スキー、スノーボード経験者なら一度は耳にしたことがあるはずのバックカントリーですが、バックカントリーとはスキー場など整備された区域以外の雪山を指します。バックカントリーが人々を魅了する特徴の1つとも言えるのは、同じ場所でもその時々で攻略する難易度が変化すること。


ここからは、バックカントリーについて詳しく解説します。

バックカントリーはゲレンデから離れた場所を楽しむもの

バックカントリーはスキー場以外の整備されていない雪山のことで、大自然を肌で感じながら楽しむことができるスポーツです。スキー場とは一味違い、自然本来の雪の感触や景観を堪能できることが魅力でしょう。


人混みの中、気を遣って滑らなくて良い分、ストレスを感じることなく、自分達だけの有意義な時間を過すことが出来ます。

滑るというより歩く

スキー、スノーボードというとリフトで雪山の頂上に登り、軽快に滑っていくイメージをお持ちではないでしょうか?整備されていないバックカントリーでは、もちろんリフトなどありません。


滑る為には、雪山を自身の足で登らなければならないのが、バックカントリーの醍醐味とも言えます。バックカントリーは軽快に滑る解放感と大自然を楽しみながら雪山を登る気持ち良さがあります。

危険な場合もあるので細心の注意を払うこと

バックカントリーの魅力について紹介してきましたが、大自然の雪山に足を踏み入れるという行為は、かなり危険であることを理解しなければなりません。圧がかかった雪であるスキー場とは違い、大自然の雪山は突如ひび割れし、雪崩が発生します。


バックカントリー人口は年々増加していますが、事故の発生件数も増加しているのが事実です。その理由は、正しい知識を身につけず、自然を軽んじていることにあります。大自然の雪山が危険であるという認識を持ち、万全の準備をすることが必要不可欠です。

バックカントリーに必須なアイテムとは?

出典:pixabay

バックカントリーには、万全の準備が必要であることを解説しましたが、実際にどんなアイテムが必要であるかピンとこない方の為に、必須アイテムを紹介します。「備えあれば患いなし」という言葉がありますが、これはバックカントリーを存分に楽しむ為の心構えとしてぴったりな言葉ですので、お忘れなく!

アバランチキット、ビーコン

「アバランチ」とは雪崩のことを指し、アバランチキットとは雪崩に対して備えるべきアイテムのことで、具体的にはビーコン、ショベル、プローブの3つを指します。アバランチキットは、バックカントリーを行う為には必須であるアイテムで、中でもビーコンは最重要アイテム!


ビーコンとは電波発信機であり、遭難してしまった人を捜索する為に使用するもので、自身だけではなく仲間を守る為にも持つべきアイテムですよ。

バックカントリーザック

バックカントリーは、食料など持ち歩くものが多いので収納力に優れたバックが必要になります。しかし、スキーをするにはバックが大きく重たくてはバランスを保つのが難しく、存分に楽しむことはできませんよね。バックカントリーザックに求められるのは、効率よく収納出来て軽いものです。是非あなたに最適なバックを選んでください。

バックカントリーの準備はどうする?

出典:pixabay

バックカントリーは雪山を登山しなければならないのですが、ブーツで新雪の上を歩くのは難しいものです。スキー、スノーボード別に必要になるシューズアイテムが異なるので、紹介します。


足回りを固めなければ、そもそもバックカントリーを楽しむどころではなくなるので、必ず用意すべきアイテムの1つですよ。

スキーの場合はシールを用意

スキー板は、雪の上を軽快に滑ることを目的としているので、雪との摩擦抵抗が少なくなるように設計されています。しかし、バックカントリーでは歩いて雪山を登らなければなりません。


そのままのスキー板では、登山するのは難しいので、板専用の滑り止めであるシールを用意する必要があります。シールはスキー板で歩く際には、必須ですので準備しておきましょう。

スノボの場合はスノーシューを用意

スノーシューとは、西洋版の“かんじき”のようなもので、雪との接触面積を大きくして歩く際に、雪に埋まらず歩きやすくするアイテムです。

こちらは、雪の上を歩くために特化したシューズで、見た目の割には軽く、雪をしっかりと捉えてスリップの危険を軽減させてくれる優れものです。バックカントリーでスノーボードをする為には、持っておくべきですよ。

まとめ

出典:Pixabay

今回はバックカントリーについて特徴や必要なアイテムについて解説しました。バックカントリーは正しい知識を身につけ、自然に対する警戒を怠らなければ、安全かつ快適にスキーを堪能することが出来ます。

奥が深くのめりこむ人が続出しているバックカントリー。万全の準備と対策をして大自然の雪山に繰り出しましょう。