札幌のスキー場はどこが良い?初心者にもおすすめなゲレンデを紹介

ウィンタースポーツへの関心が高まるこの季節。あの白銀の世界で、一刻も早く滑走したいと思いを馳せる人も多いはず。全国に数多あるスキー場ですが、その中でも本格的なスキー場が多く集まる北海道の札幌。余すことなくウィンタースポーツを楽しめる人気の地に、市内観光と併せてスポットを当てます。

初心者にもおすすめなスキー場

出典:wmaster890/ ゲッティイメージズ

札幌にはたくさんのスキー場があります。ウィンタースポーツを始めたばかりの人や、札幌に降り立つのが始めての人にとってはどこを訪れるべきか悩ましいことも。そこでまずは初心者にもおすすめできるスキー場をピックアップします。

藻岩山スキー場

地元の人々に親しまれ、小学生が体育の授業で訪れることでも知られる藻岩山スキー場。札幌の都心部から車で20分程度というアクセスのよさから、観光者が日帰りでも楽しめる、市民的なスキー場です。

北海道唯一のスキーヤーオンリーのゲレンデのためスノーボードを楽しむことはできませんが、10本ものコースがあり滑りごたえは抜群。そり滑りや雪遊びが楽しめる”仲良し広場”もあって、ファミリーにも重宝されています。地元に密着し、長く愛され続ける藻岩山スキー場の魅力を是非味わってみてください。

公式サイトはコチラ

サッポロテイネスキー場

標高1,023mの手稲山に広がる、札幌オリンピックの競技コースとしても使用された歴史あるスキー場です。76haの広大な敷地にはスノーボード専用の本格的なパークや、子どもや初心者が楽しめる体験エリアなどもあってコースは充実。

頂上にあるオリンピアハウスからは石狩湾を眺望することができるため、観光目当ての方にも最適です。”子どもたちにやさしい、初心者にやさしいスキー場”と銘打っていることもあり、様々な楽しみ方ができるオールラウンドなスキーリゾートです。

公式サイトはコチラ

迷ったらココ!札幌の定番スキー場

出典:anatoliy_gleb/ ゲッティイメージズ

続いてウィンタースポーツのメッカといわれる北海道・札幌においてスキーヤーやスノーボーダーたちに長く支持されている定番のスキー場を紹介します。贅数多くあるゲレンデの選択に迷ったら、定番のスキー場を訪れてみるのもよいでしょう。

札幌国際スキー場

積雪量が豊富なため自然雪によるスノースポーツをロングシーズン楽しめるスキー場。北海道でも屈指のパウダースノーといわれ、スキーやスノーボードに適した雪質で上級者からも人気を集めています。また、北海道で最も早くオープンするスキー場の1つでもあり、銀世界をいち早く堪能することができます。

公式サイトはコチラ

ダイナスティスキー場

札幌の新名所ともいわれる三井アウトレットパークからほど近い場所にある、家族連れで賑わうアットホームなスキー場。大きな山ではなくコースも多くはありませんが、そのシンプルさが手軽であり、リーズナブルなことからも多くのスキーヤーに愛されています。アウトレットパークでショッピングも楽しめる、お得なリゾート地です。

公式サイトはコチラ

Fu’s snow area

スキーやスノーボードだけではなく、雪にまつわる様々なアクティビティを楽しめる、エンターテイメント性に富んだスキー場。ハンドルが付いた自転車のようなそり”スノースクート”をレンタルできたり、オリンピック競技として有名な”リュージュ”も体験できます。初心者から上級者まで満足できる、ウィンタースポーツのテーマパークといえるでしょう。

公式サイトはコチラ

無料バス送迎やナイターも

出典:nisi/ ゲッティイメージズ

コースの充実やリーズナブルさ、中心部からのアクセスなどゲレンデの特徴も様々です。アクセスに便利な無料の送迎バスが利用できることや、長く滑れて独特の雰囲気が味わえるナイター設備なども選択のポイントになるでしょう。

サッポロテイネスキー場

初心者におすすめなスキー場としても紹介したサッポロテイネスキー場。予約制ではありますが、無料送迎バスが運行されています。また、リフト料金などがセットになったバスパックやタクシーパックなどもあり、アクセスには困りません。広大な山林に位置する自然豊かなスキーリゾートへ、気軽に訪れることができます。

時期にもよりますが、数多くあるコースの中にはナイター営業をしているゲレンデも。お得なプランや設備の充実など、ウィンタースポーツを楽しむ人たちにとって満足度の高いスキー場の1つといえます。

公式サイトはコチラ

さっぽろばんけいスキー場

札幌市内、ビルが立ち並ぶ中央区に位置するさっぽろばんけいスキー場。札幌駅から車で20分程度の距離で、無料ではないものの毎日運行しているバスによってアクセスは良好。ばんけいバスというスキー場を運営する企業の路線バスなので、ダイヤも整備されておりストレスフリー。

ナイター設備も完備され、22時と遅くまで営業しているため存分に夜景を楽しみながら滑ることができます。加えて隣にはばんけい苑という炭火焼のお店があり、グルメを楽しむことができるのもポイントです。

公式サイトはコチラ

まとめ

出典:Pixabay

ウィンタースポーツのメッカ、北海道の中でも多くのスキー場が集まる札幌。どれも魅力的なスキー場で、ファミリーからスキー上級者まで様々なスキーヤー、スノーボーダーが満足できる冬のリゾート地といえるでしょう。今シーズン、ウィンタースポーツを楽しむ予定がある方は、札幌のスキー場に目を向けてみてはいかがでしょうか。