春におすすめのスキー場!春スキーの注意点も合わせて紹介

皆さんは春と言ったら何を思い浮かべますか?お花見やイースターいろいろなイベントがあります。しかし、実は春にもスキーができてしまうんです!春のスキーを知らないという方のために今回は、春スキーの魅力や注意点、オススメのスキー場をご紹介します。ぜひ参考にして春もスキーを楽しみましょう!

春しか味わえない!春スキーの特徴と魅力

出典:Tatsuo115/ ゲッティイメージズ

スキーと言えば、季節は冬ですが春にもまだ雪が残っている地域があります。そんな穴場スポットでの春スキーの魅力を2つ紹介します。春のポカポカした日和の中で、スキー場のカフェテラスでゆっくりするのもいいですよ!

スキー客少なめのゲレンデで、気兼ねなく滑れる

まず、春のゲレンデはあまり人がいません。スキーのシーズンは冬なのでそもそもやっていることを知らなかったり、知っていても「冬行ったからいいや」と言って行かない方もいます。なので人があまりいません。初心者の方は、人が多いと滑りにくいので春にこっそりゲレンデに通ってスキーの練習をするのも1つの手です。

冬に比べてこんなに安い!お得な春スキーリフト料金

春スキーはシーズンも過ぎているのでリフトの料金も安くなっています。相場ではオンシーズンの場合は1日券だと、およそ4,000円です。春になるとリフト料金がおよそ3,000円になるので、1,000円くらいお得に滑ることができます。シーズンをずらすだけでここまで安くなるのは嬉しいですよね。リフト待ちも無いのでストレスなく滑ることができますよ。

冬スキーにはない、春スキーだからこその注意点

出典:nensuria / ゲッティイメージズ

春のスキーは魅力がいっぱいですが、その反面注意しなければいけないこともあります。気をつけなければ怪我につながることもあるのでしっかり注意点を把握して春スキーに行くようにしましょう。

服装はレインウェアとアンダーウェアで!

春スキーをするときに気をつけたいのがまずは服装です。冬だったら、スキーウェアを上下で着れば大丈夫ですが、春は違います。春は、朝・昼・夜と気温の変化が激しくなっています。そのため温度調節がしやすい服装がベストです。春の湿った雪にはレインウェアがぴったりです。防水性が抜群なので中まで水分が入ることなく快適に過ごす事ができます。また、アンダーウェアも重要です。温度変化にも十分対応できるように速乾性の高いものを選ぶようにしましょう。

春スキーの滑り方!ストップ雪にはワックスで対策を

春の雪は少し滑りにくいのが特徴です。雪の面積が少ないので滑るのにはちょっとしたコツが要ります。滑るときはきちんと面で滑るようにしましょう。面で滑ることできちんと雪を捉えることができるので、安定して滑る事ができます。また、春の雪はストップ雪になることがあります。ストップ雪とは、春に気温が上がり雪が溶けやすくなることで雪に不純物が混じって摩擦抵抗を起こして、うまく滑れなくなる雪のことです。ストップ雪対策にはワックスを塗っておくのも1つの手です。ワックスを塗ることでスキー板の滑走性が上がって、初心者の方でも滑りやすくなります。

関東で春に滑れるおすすめのスキー場

出典:Jag_cz / ゲッティイメージズ

中級者〜上級者向けの川場スキー場

こちらのゲレンデは都心から2時間で行けるアクセスが非常にいいスキー場になっています。また、コースは全長3.3kmと非常に長く、長時間スキーを楽しむ事ができます。中級者・上級者コースが充実しているので、ガンガン滑りたい方にはとてもおすすめです。4月の中旬まで営業しているので冬に滑りそびれた方は行ってみてはいかがでしょうか?

公式はこちら:川場スキー場

子どもも楽しめるハンターマウンテン塩原

こちらのスキー場はご家族にとても優しいゲレンデになっています。ソリ専用のゲレンデがあるキッズパークや、ゲレンデデビュー前のお子さんが滑るハンタマ広場が備わっています。ゲレンデデビューがしやすいように配慮してくれているのは嬉しいポイントですよね。また、べビーシッターもいます。お子さんを預けて思いっきりスキーを楽しむこともできます。平日は事前に予約することができるので、早く行く必要もなく余裕を持って現地に行くことができます。

公式はこちら:ハンターマウンテン塩原

バスツアーもあるHakuba47スキー場

こちらのスキー場は長野県にあります。車で行ってもいいですが、長野駅からはリフト券付きの日帰りツアーがおすすめです。このツアーの特典としては、

  • リフト1日券
  • 1,000円分の昼食券
  • レンタル割引券

が付いています。5,300〜5,600円でツアーに参加できるのでとてもお得なパックになっています。コースの構成は初級 30%・中級 40%・上級 30%とバランス良くなっているので初心者の方から上級者まで経験関係なく楽しく滑ることができるのも特徴の一つです。

公式はこちら:Hakuba47スキー場

まとめ

出典:FS-Stock/ ゲッティイメージズ

今回は春のスキーについてご紹介しました。春のスキーはまだまだ認知度が低い状態です。スキー客が少なく、人混みで滑りにくいことも無いので自由に滑ることができます。しかし、春のスキー場での注意するべき点もあるので、きちんと把握しながら滑るようにしてください。また、春スキー営業のスキー場をお探しの方はまずは当メディアオススメのスキー場に足を運んでみてください。春のスキー場で友人や家族と楽しい思い出を作ったり、次の冬に向けてたくさん練習して滑れるようになりましょう。