山形県のスキー場おすすめ6選!スキー場の選び方も合わせて紹介

皆さんはスキーと言ったらどこに出かけますか?長野や北海道を思い浮かべる方が多いですよね。実は山形も絶好のスキースポットなんです!今回はそんな山形県のスキーの魅力とスキー場の選び方、注意点まで丁寧にご紹介します。ぜひ参考にして山形県で楽しいスキーの思い出をご家族で作ってください。

口コミサイトで評判のいいスキー場TOP3

出典:FlairImages/ ゲッティイメージズ

山形県には、スキー場と温泉の組み合わせがとてもいいところや、ゲレンデが広くて滑りやすく評判のよいところがあります。その中でも特に良いおすすめのスキー場を3つご紹介します。

フルレンタルができる赤倉温泉スキー場

こちらの1番の魅力はなんと言っても手ぶらでスキーを楽しめるところ!このスキー場には「手ぶらでパック」というセットプランがあります。内容は「レンタルフルセット&1日券&最寄りの妙高高原駅までの送迎付き」でとてもお得です。スキー用具を持っていない初心者の方でも気軽に利用することができるスキー場です。

赤倉温泉スキー場のコースは全部で17コース。初心者から上級者の方まで誰でも楽しむことができますよ。

公式はこちら:赤倉温泉スキー場

暑い天気でもオープン!月山スキー場

月山スキー場は他のスキー場とは違い4月にオープンして7月まで滑走ができるスキー場です。豪雪地帯にあるため積雪量がある程度落ち着いた4月からでないと営業することができません。残雪状況によっては予定よりも早く終わってしまうこともあるので注意が必要です。
コースは3種類と少し少なめですが、冬に滑りそびれた方に十分満足してもらえるようなコースになっています。

公式はこちら:月山スキー場

ファミリーに大人気!蔵王ライザワールド

蔵王連峰刈田岳の西斜面にあるスキー場です。上部には樹氷原が広がっており、ロケーションもバッチリです。また、こちらのスキー場は4月までやっているので春先までスキーを楽しむことができます。中級者メインのコースが多く、ゲレンデも広いため、滑りやすいと評判です。ファミリーにも人気のスキー場です。

公式はこちら:蔵王ライザワールド

家族みんなで楽しめる子供向けのスキー場3選!

出典:Sinenkiy/ ゲッティイメージズ

初心者でも安心のコースが充実!羽黒山スキー場

羽黒山スキー場は初心者コースと中級者コースが合わせて全体の80%あるゲレンデです。コースは広く、初心者の方でも難なく滑ることができます。ソリ遊びもできるので小さいお子さんも飽きることなく過ごすことができますね。

公式はこちら:羽黒山スキー場

子供は無料のグリーンバレー神室スキー場

こちらのスキー場の1番の魅力は小学生以下は無料で入場できるところ!コースは4本と少なめですが、お子さんと楽しむにはピッタリのスキー場です。また、こちらはスキー場に温泉が隣接しているのも特徴の1つ。スキーで冷え切ったからだを癒やしてくれます。

公式はこちら:グリーンバレー神室スキー場

ロングコースが特徴の黒伏高原スノーパーク

こちらも小さい子ども連れの家族に優しいスキー場です。小学生以下はリフト券が無料だったり、定期的に子供向けのイベントもしています。また、キッズレッスンもしているため、お子さんにスキーやスノボードを習得させたい親御さんにはピッタリです。アクセスも山形北I.Cから40分と非常に良いため、日帰りスキーでも満足することができます。

公式はこちら:黒伏高原スノーパーク

初心者歓迎!楽しく滑れるスキー場の選び方

出典:photobac/ ゲッティイメージズ

スキー場を選ぶときは以下の点注目して選びましょう。

1.コースの斜度・幅・距離

コースの傾斜は12〜17度程度のところを選びましょう。同じ角度がいくつもあるゲレンデを選ぶと飽きずに滑ることができます。 また、コースの幅は広ければ広いほど良いです。判断基準としては人が写っている公式HPの写真をみましょう。人の大きさと比べて、大きさを判断してみてください。 コースの距離のベストは600〜700mくらいです。それより短いとすぐ終わってしまいどうしても物足りなくなってしまいます。公式HPに距離も載っているのできちんと確認するようにしましょう。 山形県は豪雪量も多く、天気もいい日が多いので色々な種類のコースで、初心者でも楽しく滑ることが出来ます。

2.レンタルが充実している

スキーの初心者はきちんとレンタル用品が充実しているものを選びましょう。まだ慣れていないうちにイチからすべて道具を揃えるのは大変です。自分に合った板なども分からないのでプロが居るレンタル施設で借りるのがベストです。

3.リフト券が安い

リフト券が安いところを選びましょう。大体の相場は5,000円くらいです。それ以下の場所を選ぶか、各ゲレンデでリフト券の早割キャンペーンなどしているところもあるのでそのようなキャンペーンを利用して購入するのも1つの手です。

4.スキー場までのアクセスや、道が良くて行きやすい

アクセスも大切です。どんなに良いスキー場でも行くまでに時間がかかってしまったら、滑る時間が短くなってしまいます。雪道に慣れていない方が運転する場合もあるのできちんとスキー場までの道が確保されている場所を選びましょう。

まとめ

出典:PaulVinten/ ゲッティイメージズ

今回は山形のスキー場についてご紹介しました。
山形県にもご家族で楽しめるスキー場はたくさんあります。冬の思い出にぜひ行ってみてください。また、スキー場を選ぶ際は選び方や注意点を参考にして選びましょう。