スノーボードの老舗!独特なグラフィックが特徴のCapitaを紹介

Capitaブランドの魅力や歴史、日本でも独自の世界観があり、その人気の秘密をご紹介します。また、Capitaのおすすめのボードもみていきましょう。

Capita(キャピタ)はどんなブランド?

出典:Pixabay

「今、最も勢いのあるスノーボードブランドは?」そう聞かれて真っ先に思い浮かぶのがCAPITAと言っても過言ではないです。ミレニアムイヤーに生まれたCAPITAは、20年という歳月の中でボードの完成度を飛躍的に上げ、ビッグブランドへと成長しました。

テクノロジーを駆使したボード作りとエコロジカルな精神、そしてオカルト的世界観。一見、交わる事がなさそうな要素が絶妙に混じり合い、現代のスノーボーダーの自己表現に一役を買っています。一見若者に人気の商品に感じがちですが、若者だけではなく、幅広い層にヒットするのがCAPITAの魅力です。

アメリカ発のスノーボードブランド

CAPITA SNOWBOARDSの設立は2000年です。ブルー・モンゴメリー(BLUE MONTGOMERY)とジェイソン・ブラウン(JASON BROWN)によって始まりました。彼らは、トップスノーボーダーであると共に、強い影響力を持ったインフルエンサーでした。

ブルー・モンゴメリーはジェイソン・ブラウンと共に自宅ガレージでスノーボードブランドを始めます。ジェイソン・ブラウンは、BURTONライダーの中で、特に異彩を放つ個性派でした。スノーボード業界では誰よりも先に個人のウェブサイトを開設するなど、セルフプロデュース能力にも長けた類まれな存在でした。ジェイソン・ブラウンはスノーボードをカテゴライズせず、1本で全てこなせる板を理想としていました。

そこで生まれたのがビッグヒットを記録した”BURTON SEVEN”シリーズでした。CAPITA THE BLACK SNOWBOARD OF DEATHもこの思想の延長上にあり、その頃最先端だったスライダーシステムを取り入れて勢いよく発進、BURTONの独走状態だったスノーボード界に風穴を開けました。

國母プロがCapitaへ移籍したことで話題に

トップライダーによる新たなスノーボードブランドの誕生は、日本でも話題に。國母プロはこの時MOJANEに通う高校生。CAPITAのフラッグシップモデルTHE BLACK SNOWBOARD OF DEATHに乗る先輩たちが猛烈に格好良く、当時はものすごく印象に残っていると語っています。

プロをも圧倒する攻撃的なライディングのローカルスノーボーダーがMOJANEを盛り上げていました。好奇心旺盛で、常に新しい物を楽しんでいたMOJANEユーザーが、スライダーシステムに抵抗を持たず、柔軟に受け入れました。
そして現在、CAPITAのデビューを知っている國母プロら30代オーバーだけでなく、幼少期からスノーボードに触れている10代、20代の若者まで、幅広い世代のスノーボーダーがCAPITAに熱い視線を注いでいます。

独特の世界観があり若者に人気

スカル、宇宙人、サードアイやピラミッドなどCAPITAには独自の世界観があります。CAPITAのボードに描かれるのは、カウンターカルチャーのアイコンばかり。いつの時代も、神秘的な主義主張や反骨精神が若者の心に響くのはある種当然の事。ですが、CAPITAに魅せられているのはZ世代の若者だけではなく、幅広い年齢層に親しまれています。

Capitaのおすすめボードを紹介!

出典:Filipovic018 / ゲッティイメージズ

CAPITAの最新ボードを紹介していきます。CAPITAのボードが素晴らしいのは当たり前ですが、デザインも注目すべきポイントです。技術面はもちろんのこと、ユニークなグラフィック、独自の世界観が表現されているのが最大の特徴です。

國母プロのシグネチャーモデル”KAZU KOKUBO PRO”

日本が誇るトップライダー國母和宏さんのシグネチャーモデルです。パウダーもいける最強のパークボードスタンス間からテールにかけてはキャンバー、ノーズは程よいリバースキャンバーを持ったハイブリッドなキャンバー形状、テール幅をノーズよりも若干狭めたテーパードシェイプは、パウダー時の浮力にも操作性にも優れています。

更には「ノーズの先からテールのギリギリまで、ガッチリ使えるように出来ており、バックカントリーを攻める國母和宏が自らデザインしたフリーライディングボードで、パウダーでは抜群の浮遊感が得られます。
KAZUO KOKUBO PROはこちら

オールラウンドボード”THE OUTSIDERS”

/br>CAPITAを代表するオールラウンドボード。抜群の安定感。
ニューエイジキャンバーを採用する事で、ジャンプだけでなく、フリーランやパウダーにもオールラウンドに対応できるハイスペック。メイプルウッドをブレンドし反発を持たせる事で安定したジャンプと滑りが可能です。パウダーボード のように新雪も楽しめるボードです。かなりバランスのとれた万能ボードです。
THE OUTSIDERSはこちら

Capitaレディースボード”BIRDS OF A FEATHER”

CAPITAのレディースボードといえば、鳥のグラフィックでお馴染みのBIRDS OF A FEATHERでしょう。足元がキャンバーな為、力強い反発を体感できます。トリックの着地でのメイク率を上げてくれ、それでいてノーズ、テールはリバースキャンバーになっている為、パウダーでも浮力があります。ボードの取り回しも軽い。人工物からナチュラルヒットまでこの1本で対応できるのが特徴です。メンズのDOAに近いスペックです。
BIRDS OF A FEATHERはこちら

初心者におすすめ”PARADISE”

初中級者にオススメなのが”PARADISE”です。“BIRDS OF A FEATHER”よりもパウダーやパークに特化した感じのハイブリッドキャンバーで安定感よりも浮遊感や引っかかりづらさ重視といった感じです。
PARADISEはこちら

まとめ

出典:SergeyNivens / ゲッティイメージズ

Capitaは世界で愛し続けているブランドであり、世界で最も進んだスノーボードファクトリー「The Mothership」なども建設。オーストリアのファイストリッツ・アン・デア・ガイルの7エーカー(28,000平方メートル)の土地に位置する、53,000平方フィート(4,900平方メートル)の施設は、完全一貫製造が可能な施設となります。

Capitaは私たちのゴールは、社会的責任のあるスノーボード製造を行い、世界で最高のスノーボードを作ることです。」と述べています。