若杉高原おおやスキー場はキッズも楽しめる?施設情報や夏の楽しみ方

今年の冬に遊びに行くゲレンデを決める時に、子供を連れて遊びに行く人はファミリーで楽しめるゲレンデになっているかどうかを知っておく必要があります。
今回紹介する兵庫県養父市但馬にある「若杉高原おおやスキー場」は、コースのみでなく施設までファミリー向け。家族でウィンタースポーツの思い出を作るには、最適な場所です。

若杉高原おおやスキー場のコースの特徴を紹介!

出典:pixabay

スキー場を選ぶ上でコースの状態や特徴を知っておくことは大切です。
子供や初心者でも楽しめるゲレンデになっているかどうかは、満足いくまで遊べるかどうかにかかっているので、しっかりと情報収集しておきましょう。

初心者も安心のコース&充実のスクール

若杉高原おおやスキー場のコースは初級から上級までレベル別となっており、スキーやスノーボードのレベルに合わせてゲレンデを滑走することができます。
また、子供に大人気の「おやこみち」は、ロングコースを親子で探検しながらゲレンデを散策できるので、子供の冒険心をたっぷりと満たしてくれます。

キッズサイズのリフトがあるから安全

特にゲレンデデビューしたばかりの子供はリフトに乗ることを怖がり、雪遊びを満喫できなかったという結果になる場合もあります。
若杉高原おおやスキー場には子供向けの超スローなキッズサイズのリフトがあるので、リフトに乗るのが初めてという子供でも安心して乗ることができますよ。

駐車場からゲレンデが近くて楽チン

若杉高原おおやスキー場は、駐車場が4カ所に用意されています。最もゲレンデに近い場所に駐車すれば、目の前にゲレンデがくるようになっています。
また、リフト乗り場までも駐車場から非常に近いため、体力が心配不安な子供でも安心して遊ぶことができますよ。

リフト1日券が1,000円に?お得なサービスデー

いざスキー場に遊びに行っても、子供が全然リフトに乗らなかったということも考えられます。
せっかく購入したリフト券が無駄になるのは、もったいないですよね。
そんな人のために朗報!若杉高原おおやスキー場では、中学生以下のリフト1日券が1,000円で購入できます。
また、レディースデーやおおやスキーの日に来場すれば、大人でもリフト1日券が1,000円で購入可能です。

若杉高原おおやスキー場は充実した施設も魅力

出典:pixabay 

若杉高原おおやスキー場は、ゲレンデ内のコースやリフト料金のみでなく、付属施設も充実しているのが魅力です。
体力面での心配が多いキッズや女性でも、安心してくつろげるようになっています。
ここからは若杉高原おおやスキー場の魅力的な施設の内容を紹介します。

温泉付きなのでゆったりくつろげる

若杉高原おおやスキー場には、若杉高原温泉が隣接しています。そのため、スキーやスノーボードで疲れた体を帰る前にしっかりと癒すことができます。
遊び疲れて帰り道で寝てしまう子供も多いので、安心ですよね。

キッズアクションパークで子供も満喫

若杉高原おおやスキー場の施設内には、レストランはもちろん、無料で利用できるキッズスペース「キッズアクションパーク」が設置されています。
キッズアクションパークでは、ちょっと窮屈なスキーウエアやブーツを脱いで、リラックスして遊べます。
おもちゃやテレビ、テーブルやマットも設置してあり、休憩中も遊べて子供も満足できますよ。

若杉高原おおやスキー場は夏でも楽しめる

出典:pixabay

若杉高原おおやスキー場は、ウィンターシーズンだけでなく、グリーンシーズンも楽しむことができるんです。
「スキー場なのにウィンターシーズン以外でも満喫することができるの?」
と疑問に思う人もいるかもしれませんが、グリーンシーズンの魅力を知れば、きっと冬以外に季節でもスキー場に足を運んでみたくなりますよ。

夏スキーも人気!ウォータージャンプも?

若杉高原おおやスキー場では、冬のスキーだけでなく夏スキーも人気があります。
スキーの魅力に取り憑かれた子供たちは、夏もスキーができると聞いて大喜びでしょう。
もちろんウィンターシーズンと同様に道具レンタルやリフト1日券、シーズン券も利用可能。遊びに行く回数に応じてそれらの利用も検討してみてはいかがでしょうか。
夏スキーの感覚に慣れてきたら、開放的なゲレンデを壮大に跳べる「ウォータージャンプ」にも挑戦してみてください。さらに夏のスキー場を満喫することができますよ。

まとめ

出典:pixabay 

今回の記事では、若杉高原おおやスキー場のゲレンデの魅力や充実した施設情報を紹介しました。大人だけでなく、子供でも十分楽しめるゲレンデです。ウィンタースポーツを楽しんだ後には温泉で疲れを癒せて、他のゲレンデではできないような雪山の楽しみ方ができますよ。
また、ウィンタースポーツのみでなく夏のスキー場も体験してみることで、若杉高原をフル自然満喫できるようになります。
ここで解説した内容をご参考に、家族みんなで若杉高原おおやスキー場を満喫して、良い思い出を残してくださいね。