日光湯元温泉スキー場はどんなところ?キッズも楽しめる?

日光湯元温泉スキー場は、栃木県日光市湯元温泉にある、ファミリーから修学旅行まで安心・安全・快適に楽しめるスキー場です。
今回は日光湯元温泉スキー場を訪れたい方のために、ゲレンデ情報の紹介やファミリーで楽しむための情報、快適に遊ぶための駐車場情報まで紹介します。

日光湯元温泉スキー場のコース情報

出典:pixabay

日光湯元温泉スキー場は、初心者から上級者まで楽しめる、ファミリーに最適なスキー場です。
またスキーヤーのみでなく、スノーボーダーも楽しめるコースになっているため、多くの来場者で賑わっています。
ここからは日光湯元温泉スキー場のコース情報について解説します。

コースはAからDの4種類

コースはAからDの4種類に分かれています。
A~Cコースは初心者向けのコースとなっており、どのコースもなだらかな斜面。スキーやスノーボード初心者でも、安心して滑ることができます。
特にCコースは幅広のコースとなっているため、スノーボードに最適のコースです。
それに対して、A・Bコースは林間コースとなっており、雪山の木々に囲まれて気持ちよくスキーを楽しむことができます。
Dコースは走行距離400mと最大斜度22度の中級車向けのコースとなっており、初心者コースで腕を磨いてから挑戦してみましょう。

日光湯元温泉スキー場はキッズも楽しめる?

出典:pixabay

特にファミリーでスキー場に行く方は、キッズでも楽しめるのかどうか気になるのではないでしょうか?
日光湯元温泉スキー場は、キッズも楽しめる充実した施設やコースがも魅力です。
ここからは、子供も一緒に楽しめる日光湯元スキー場の魅力を紹介します。

チャイルド広場でキッズも満足

チャイルド広場は、これまで紹介したコースとは別に用意されているキッズ向けのゲレンデです。
ほぼ平坦になので、スキー場デビューのキッズも安心して楽しめます。
広さも十分なので、雪道を歩く練習でも、そり遊びでも、思う存分雪の楽しさを味わえます。
日光湯元ロッヂが近くにあるので、休憩のみでなく、急な天候の変化やトイレなど、急ぎの用事に素早く対応できるのも安心ですよ。

メニュー豊富なレストランが魅力

日光湯元ロッヂは、メニュー豊富なレストランがあるのも魅力です。
カレーやラーメン、うどんといった定番メニューから、おでんや唐揚げといった1品料理まで揃っているので、キッズも満足。
また、かつ丼や中華丼など、大人も満足できるメニューを取り揃えているので、キッズだけでなく大人もしっかりと腹ごしらえすることができますよ。

キッズ向けの充実した道具レンタル

日光湯元ロッヂ内にあるレンタルショップでは、大人向けのスキー道具のみでなく、キッズ向けの道具も揃っています。
レンタル料金は1日レンタルと半日レンタルがあり、1日レンタルの方がお得。
また、スキーやボードのセットレンタルや、上下ウエアセットのレンタルのみでなく、板・ブーツ・ストックの単品レンタルもあるので、忘れ物があっても不足した道具のみレンタルできるのです。

チャイルドルームで小さいキッズも楽しめる

日光湯元ロッヂの中には、キッズが無料で休憩できるチャイルドルームもあります。
ここでは靴を脱いで自由に動き回ることができるので、スキーウエアやシューズが窮屈になってきた場合でも、のびのびと体を休めることができるのです。
また、チャイルドルームには、キッズ向けの滑り台やぬいぐるみもあるので、休憩中でも遊んで楽しめるようになっています。
その他に、ベビーベッドも設置されているので、おむつ替えのスペースや赤ちゃんの着替え、昼寝に利用することで、赤ちゃん連れのファミリーも安心です。

ベテラン隊員の巡回でもしもの時も安心

キッズのスキーは、来場者が多かったり、天候が悪く視界が悪かったりすると、迷子になったりケガをしてしまう危険性もあります。
日光湯元温泉スキー場では、キッズの安全なスキーを楽しんでもらうために、ベテランの隊員たちがコース内を巡回しています。
困ったことがあれば、巡回中の隊員に助けを求めることで、安心してスキーを楽しむことができるのです。

日光湯元温泉スキー場を家族で楽しむポイント

出典:pixabay

日光湯元温泉スキー場を家族で楽しむためには、ゲレンデのコース情報や施設情報、天気といった様々な情報を理解しておくことが重要です。
事前に必要な情報を集めておくことで、レジャーをスムーズに進めることができるようになり、家族全員が楽しめるイベントになりますよ。

駐車場情報は事前にチェックしよう

日光湯元温泉スキー場を家族で楽しむために、駐車場情報を事前にチェックしておきましょう。
日光湯元温泉スキー場の駐車場は、平日は無料ですが、休日は1,000円かかることに注意が必要です。
また、120台の駐車スペースがありますが、休日は多くの来場者で混雑が予想されるので、早めに来場するか、公共交通機関を利用することをオススメします。
電車やバスを利用する場合は、東武日光駅から東武路線バスで86分で湯元温泉に到着します。
事前にアクセス方法を計画してから、日光湯元温泉スキー場へ向かうようにしましょう。

まとめ

出典:pixabay

今回の記事では、日光湯元温泉スキー場のコース情報や施設情報について解説しました。
キッズも含めて、家族みんながで楽しめるように、しっかりと計画を立ててスキーを楽しんでくださいね。