ウィンタースポーツをしに行こう。2019年おすすめスタッドレスタイヤ

家族や友達とウィンタースポーツへ行く!これ以上ない冬の楽しみですよね。しかし、雪道には危険がいっぱい潜んでいます。万が一事故を起こしたりすれば、楽しみにしていた遊びも空気も一気に台無しです。そんなことにならないよう、2019年現在もシェア率の高いSUVとミニバンのスタッドレスタイヤをご紹介します!

レジャー施設への道のりを安全に走るには?

出典:MarianVejcik / ゲッティイメージズ

車高の高い車は滑りやすい?

車高が高く、そして車重も重いSUVやミニバン。おかげで燃費が悪い車種もあり操作も難しいですが、むしろ雪道ではその車高と車重が役に立ちます。重ければ道路への密着度は高まり、車高が高いと雪ででこぼこになった悪路でも乗り心地が良くなります。もちろん、それでもスタッドレスタイヤは雪道では必要。SUVやミニバンで大人数を連れてレジャー施設へ向かう時に向いているタイヤや、交換時期を見ていきましょう。

雪道を走るときに有利なタイヤは?

スタッドレスタイヤには「凍結道路」に強いタイプと「雪上」に強いタイプがあります。雪道と聞くと「雪上」に強いタイプが有利かと思いますが、ウィンタースポーツを楽しむためにスキー場へ向かう際はむしろ凍結道路に強いタイプのほうが有利。その理由は「道の上を車が通ったか否か」です。ほぼ車の通っていないフカフカ状態の雪道は「雪上」、車が頻繁に通って固くなった雪道や溶けてシャーベット状になった雪道は「凍結道路」に近いといえます。スキー場などのレジャー施設へ向かう経路は、すでに多くの車が通っていると想定できるでしょう。

積雪地域では早めの交換を!

夏用タイヤからスタッドレスタイヤへ交換する場合は早めに行動した方が吉、むしろ「雪が降ったらもう遅い」と覚えておきましょう。特に初雪の早い北海道では9月からタイヤショップのスタッドレス商戦が始まります。なぜそんなに早くスタッドレスの交換を始めるのでしょうか?それは、交換時期を逃すと対応がどんどん遅れるからです。積雪地域では雪が降り始める頃にはタイヤショップのカーピット前に長蛇の列ができるほどタイヤ交換を求めるお客が殺到します。交換ができず、夏用タイヤでいつまでも雪の上を走っていると非常に危険ですよ。

SUVの性能を助ける高性能スタッドレスは?

出典:lagereek / ゲッティイメージズ

雪道でもすいすい走れる!「ヨコハマタイヤ iceGUARD SUV G075」

ヨコハマタイヤのスタッドレスタイヤブランド「アイスガード」が初めて開発したSUV用スタッドレスです。アイスガードの最新技術であるスーパー吸水ゴムを使用。道路表面に張られた水の膜を吸収して安定した走りを実現し、氷上でのブレーキングもスムーズに行える優れものです。また、スーパー吸水ゴムにはゴムが硬くなりにくい素材が含まれており、長期間の使用に適しています。

北海道で高い販売実績を誇る「ブリヂストン BLIZZAK DM-V2」

スタッドレスタイヤの定番ブランドといえばブリヂストンです。北海道や東北など雪の多い地域では、装着率が常に上位にあるなど人気があります。雪国のユーザー相手に確かな実績をもっているのですから、信頼度が高いといえますね。この「BLIZZAK DM-V2」はタイヤゴム内に水分を吸収する気泡が含まれています。また摩擦抵抗が少ないので低燃費で、走行時の静寂性が高く「乗り心地がとても良い」と評判です。雪道を走る能力だけでなく、タイヤとしての総合力が高いので普段使いも重視している人にはおすすめです。

ミニバンで使うならコスパも性能も大事

出典:ZoranMilisavljevic83 / ゲッティイメージズ

コスパ最高!「ブリヂストン BLIZZAK VRX2」

SUVにもおすすめですが、ミニバンでもブリヂストンの「BLIZZAK」シリーズは外せません。この「BLIZZAK VRX2」も、「DM-V2」と同様に静寂性・燃費・安全面などバランスよく性能が高いです。グリップ力も強いので、運転が苦手な女性でも滑りやすい雪道を安心して走ることができるでしょう。また高性能なスタッドレスタイヤの中でもリーズナブルなので家計に優しいのもうれしいですね。

摩耗しても性能が落ちない「ミシュラン X-ICE3+」

フランスの人気タイヤメーカー「ミシュラン」。「X-ICE3+」の注目ポイントは、他のスタッドレスタイヤよりも「性能が長続きする」点です。通常のスタッドレスは使えば使うほどタイヤの溝が削られ、性能が落ちていくだけですが、「X-ICE3+」は溝が2つ作られた独特な構造をしています。1つ目の溝が摩耗したら2つ目の溝が表面にでるよう設計されており、長い期間で高性能を保ったまま走ることができるというわけです。

まとめ

出典:Image Source / ゲッティイメージズ

2019年現在もシェア率の高いSUVとミニバンのスタッドレスタイヤを紹介しました。レジャー施設へ行くためのスタッドレスは、凍結道路に強いタイプが有利といえます。地域にもよりますが、早めに交換しないとタイヤショップが混雑するので注意してください。せっかくレジャーへ出かけても、スタッドレス無しでは危なくて雪道なんて走れません。滑りにくい条件がそろったSUVやミニバンでも、スタッドレスの着用は必須です。今回の記事を参考に、家族や友人を連れて安全に楽しくレジャーへ赴きましょう!