スカイバレイでガッツリ滑ろう!リフト状況やお得に滑る方法をご紹介

中級者がガッツリ滑ってレベルアップできるゲレンデ、スカイバレイスキー場のご紹介です。
そろそろシーズンイン、「今年の冬はガッツリ滑って上達したいぞ」と思っている方も多いのではないでしょうか。
そこでおすすめなのがスカイバレイスキー場。中級者向け中心のコース構成で、練習にはもってこい。しかも、隣接のハイパーボウル東鉢のコースも滑ることができるんです。
この記事では、ガッツリ滑れるゲレンデ、スカイバレイスキー場をご紹介します。

スカイバレイはガッツリ滑れるゲレンデ

スカイバレイスキー場は中級者がガッツリ滑れるゲレンデです。
ゲレンデにある8コースのうち、じつに5コースが中級者向け。しかもリフト料金が比較的安いのが嬉しいところです。

まずはスカイバレイスキー場の基本情報をご紹介します。

オープン間近。料金、コース情報をチェック

もうすぐシーズンイン。たくさんのゲレンデがオープンする時期になってきました。
スカイバレイスキー場は2019年12月22日オープン。雪質がよく、リフト料金が安いことで好評です。

コースは全8コース。初心者向け1コース、中級者向け5コース、上級者向け2コースと、中級者向けの構成です。

・オープン日
2019年12月22日

・リフト料金

大人 シニア 小学生
一日券営業開始~営業終了 平日 3,500円

土日祝 4,000円

平日 3,000円

土日祝 3,500円

2,000円
午前券営業開始~12:00 平日 2,500円

土日祝 3,000円

平日 2,000円

土日祝 2,500円

1,500円
午後券12:00~営業終了 平日 2,500円

土日祝 3,000円

平日 2,000円

土日祝 2,500円

1,500円
一回券 500円 500円 500円

 

・コース

対象レベル コース名 滑走距離 平均斜度 最大斜度
初心者 ワカバコース 550m 10度 12度
中級者 下山コース 2,000m 10度 12度
中級者 ラビットコース 460m 13度 18度
中級者 ディアコース 710m 14度 23度
中級者 ベアコース 770m 13度 22度
中級者 フォックスコース 580m 12度 20度
上級者 イーグルコース 620m 20度 32度
上級者 サンダーコース 560m 18度 31度

アクセスは車が便利。ハイヤーや直行バスも

スカイバレイスキー場は兵庫県香美町にあるゲレンデで、車でのアクセスが基本になります。
マイカーでアクセスする場合、北近畿豊岡道 八鹿氷ノ山ICで高速を降り、国道9号線で20km走るルートになります。

長時間の運転は避けたいという方には、直行バスかハイヤー貸し切りプランがおすすめ。
詳細をご紹介します。

・直行バス
京阪神方面と岡山方面の各地から運行しています。
京阪神方面・岡山方面のいずれも約2時間でアクセスできるので、疲れることなくアクセスできます。

事前予約制ですので、ご利用の方はスカイバレイホームページからお申し込みください。

・ハイヤー貸し切りプラン
タクシーを10時間貸し切りることができるプランです。
車代に加えて、レンタルアイテム・リフト券・1,000円お食事券までセットになったお得なセット。
しかもウェルカムドリンク・お帰りドリンクまで付いているんです。

事前予約制ですので、ご利用の方はスカイバレイホームページからお申し込みください。

スカイバレイでガッツリお得に滑る方法

スカイバレイスキー場は、他のゲレンデと比べてリフト代が安い特徴があります。
リフト券が5,000円代のゲレンデも珍しくないのですが、スカイバレイスキー場はなんと平日3,500円、土日祝4,000円の値段設定。

しかも、割引サービスを使うことで、さらにお得に滑ることができるんです。シーズン中はめいっぱい滑りたいという方には嬉しい情報ですよね。
それでは、詳しく説明していきます。

隣接のハイパーボウル東鉢も使用可能

スカイバレイスキー場には、隣接したゲレンデ、ハイパーボウル東鉢があります。
じつは、スカイバレイスキー場とハイパーボウル東鉢は提携しており、リフト券が共通なんです。

つまり、平日3,500円、土日祝4,000円で2つのゲレンデが楽しめるということになります。
スカイバレイスキー場には8コースがありますが、ハイパーボウル東鉢と合わせると14ものコース数になります。

この金額で14コースを楽しむことが出来るのは大きな魅力ですね。

シーズン券や食事券とのセットがお得

スカイバレイスキー場のクーポンで特にお得なのは、シーズン券や月間券、またはリフトと食事券のセットです。
申し込みは、公式サイトから申し込み用紙をダウンロードするか、ローソン・ファミリーマート・ポプラなどのコンビニで申し込み用紙を購入することができます。

シーズン券は、シーズン中ガッツリ滑りたい人にぴったり。以下の料金でシーズン中滑り放題です。
11月30日までに代金を払い込むと、早割が受けられるので、今年の冬は滑るぞ!という方は今のうちに申し込んでおきましょう。

・リフトのみ 35,000円
・リフト+駐車場 45,000円(早割:40,000円)

また、リフトと食事券のセットは、レストランで使える1,000円のお食事券がついて、平日4,000円、土日祝4,500円というお得なセットです。
ただし、食事券はおつりが出ませんので、そこは注意しましょう。

JAF会員だと割引が受けられる

JAFの会員ですと、リフトと食事券のセットが500円安くなる割引が受けられます。
定価と比べると、じつにリフト券が1,000円も安くなりますので、JAF会員の方は会員証を忘れずに提示するようにしましょう。

なお、割引対象は、会員を含む4名まで受けられるので、グループで行く場合はもっとお得になりますね。

スカイバレイ・ハイパーボウルのリフト状況

1日ガッツリ滑りたいときに確認しておきたいのが、リフトの状況です。コースは多くてもリフトの本数が少ないと、滑るまでに時間がかかってしまいます。

ここでは、スカイバレイスキー場とハイパーボウル東鉢のリフト状況を合わせてご紹介します。

スカイバレイ。ペアに加えてトリプルを完備

スカイバレイスキー場には、全部で4基のリフトがあり、ペアリフトが3基とトリプルリフトが1基の構成となっています。

リフトの設置状況は下図のとおりです。

ここで、中級者におすすめなのが、ベアコース行きの「ベアトリプルリフト」です。
3人乗りのトリプルリフトのため、運搬力が他のリフトの1.5倍。効率よく滑りたい方は要チェックです。

ハイパーボウル。駐車場から5分でアクセス

ハイパーボウル東鉢は、ペアリフトが4基設置されています。
コースの配置が直線的なため、リフトの配置もシンプルになっています。

ここで要チェックなのが、最上部まで登る「かつら2号ペアリフト」です。なんと最上部からスタートする「東尾根コース」は、途中でスカイバレイのコースに接続しており、2つのゲレンデを合わせたロングコースを楽しむことができるんです。
ゲレンデが隣接しているからこそ楽しめるコースですね。

まとめ

出典:Pixabay

スカイバレイスキー場は、中級者向けのコースが豊富でリフト代がお得な、この冬レベルアップしたい方にピッタリのゲレンデです。

さらにハイパーボウル東鉢のコースも楽しめるため、いろいろな種類のゲレンデを滑ってみたい方はぜひ、スカイバレイスキー場を訪れてみてくださいね。